教育現場のチャレンジ文化めざす武蔵野大学中学校、経産省『未来の教室』“モデル校”実証より

イベントレポート

 経済産業省が設置した教育改革に関する有識者会議「『未来の教室』とEdTech研究会」(以下、『未来の教室』)。

※EdTech:Education(教育)× Technology(テクノロジー)の造語。AIや動画、オンライン会話といったデジタル技術を活用した教育技法のことを示す

 AIや動画、オンライン会話といったデジタル技術を活用した教育技法を駆使し、いかに人の創造性や課題解決力を育み、個別最適化された新しい教育を作り上げるか、という点について議論を重ねる場として、今、教育領域で最も注目されているアクションの一つと言えるだろう。

 当メディアでも、今年6月に同団体より発表された第2次提言内容について取材・発信し、多くの教育関係者よりご連絡をいただいた。

 『未来の教室』では昨年度より、様々な個性を持つ子ども達が未来を創る当事者(チェンジメイカー)へと育つ学習環境を構築するべく、新たな教育プログラムの開発等に向けた実証事業に取り組んできた(平成29年度補正予算「学びと社会の連携促進事業」(「未来の教室(学びの場)」創出事業))。上述の第2次提言は、その成果物であると言える。

 本年度も同様のビジョン実現に向けて実証事業が進んでおり、中でも昨年度事業をベースに組成されている案件については、早くもキックオフがスタートしている。

 今回、その中でも“モデル校”実証の一校として発表された武蔵野大学中学校キックオフが、8月7日に同校で実施された。

武蔵野大学中学校・高等学校 校長 日野田直彦氏

 2019年度『未来の教室』実証事業の全体像や各“モデル校”実証の座組みと目指すこと、その中で武蔵野大学中学校が進める取り組み内容とその思いについて、それぞれレポートしていく。

『未来の教室』概要と2019年度実証事業の全体像

 そもそも『未来の教室』とは何なのか。

 先述の通り、その大きなビジョンは「子ども達一人ひとりがチェンジ・メイカーになるための教育環境づくり」である。

 先日発表された第2次提言では、「学びのSTEAM化」「学びの自立化・個別最適化」「新しい学習基盤の整備」という3つの柱による推進が発表され、その実現に向けて乗り越えるべき9つの課題とそれに対応するアクションについても言及された。

課題とアクション
学びのSTEAM 【課題】
STEAM学習プログラム・授業編成モデル・評価手法の不足

【アクション】
インターネット上に「STEAMライブラリー」、地域に「STEAM学習センター」を構築
【課題】
学校現場は知識のインプットで手一杯であり、探求・プロジェクト型学習(PBL)を行う余裕がないこと

【アクション】
知識はEdTechで学んで効率的に獲得し、探求・プロジェクト型学習(PBL)に没頭する時間を捻出
【課題】
他者との協働の基礎となる情動対処やコミュニケーションが難しい子どもも少なくないこと

【アクション】
幼児期から学齢期にかけて、基礎的なライフスキルや思考法を育む
学びの自立化・個別最適化 【課題】
一律・一斉・一方向型授業の神話

【アクション】
知識の習得は、一律・一斉・一方向授業から「EdTechによる自学自習と学び合い」へと重心を移行
【課題】
一人ひとりの学習者の個性(認知特性や理解度の興味関心)への細やかな対応の不足

【アクション】
幼児期から「個別学習計画」を策定し、蓄積した「学習ログ」をもとに修正し続けるサイクルを構築
【課題】
授業時数・学年・居場所の制約(履修主義・学年制・標準授業時数、狭い「対面」の考え方)

【アクション】
多様な学び方の保障(到達度主義の導入、個別学習計画の認定、ネット・リアル融合の学び方の導入)
新しい学習基盤づくり 【課題】
EdTechを活用するには、学校ICTインフラがあまりに貧弱なこと

【アクション】
ICT環境整備(11台パソコン・高速大容量通信・クラウド接続の実現、調達改革・BYOD・寄付)
【課題】
教師も子ども達も手一杯で、創造性を発揮する余裕がないこと

【アクション】
学校BPR(業務構造の抜本的改革)の試行・普及、部活動に縛られない放課後の充実
【課題】
教師が学び続け、外部人材と協働する環境の不足

【アクション】
教師自身がチェンジ・メイカーとして、学校外の人材と学び協働し続ける環境づくり

 これら一つひとつの詳細については先にご案内した記事をご覧いただくとして、これらのビジョンを実現していくために実施される具体的な実証事業について、今年度は現在決まっている部分で、大きく3つに分けて展開される。

 一つ目は“モデル校”実証

 『未来の教室』ビジョンの中心的動力として位置付けられる「学びのSTEAM化」、つまりは「“創る”と“知る”のエコサイクルとそのための学習基盤整備」の実証を目的に、今年度は上述の国内4校がモデル校として指定されたのだ。今回のキックオフは、その中1校である武蔵野大学中学校での実施に関するものである。

 二つ目は“STEAM Library”構築に向けた実証

 STEAM Libraryとは「Youtube × Wikipedia」のようなイメージのコンテンツプラットフォームであり、同じコンテンツを用いて学ぶ子ども達が、学校間の壁を超えて協働的に学習したり、コンテンツの改良にも参画できるようなオンラインの場である。アメリカには、公共放送PBSが運営するlearning Mediaのように、様々な業種の企業が提供した、STEAM学習コンテンツと、それを学校の授業で使用する際の指導案、さらに該当する単元の一覧や発展学習のヒントも一覧性を持って掲載されている、オンライン学習型メディアも存在する。ここに記載されている各企業は、その先駆けとなるコンテンツをライブラリーとして開発し実証することを目指している。

 そして三つ目は、上述の2つではカバーしきれていないmissing partsの実証

 具体的には、以下の4テーマに合致する提案が公募され、現在採択事業に向けて選定を行なっている状況だ。

  1. 学校教育での「個別最適化・到達度主義の学び」を可能にする教育サービスの実証
  2. 将来的に公認可能な「学校外教育サービス(オルタナティブ教育)」の実証
  3. 新しい「部活動・放課後サービス」の実証
  4. 新しい「教職員向け研修サービス」の実証

次ページ:モデル校への経産省の期待

長岡武司

136,244 views

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは