11.7億円増資のウェルモ、資本主義の次に向けケアテックベンチャーが描く愛ある世界

イベントレポート

11.7億のシリーズB調達と新規アライアンスを発表

 AI等を活用した福祉プラットフォームサービスを展開する株式会社ウェルモが8月22日、複数の事業会社及び既存株主から11.7億円の追加増資実施(シリーズB)と、複数企業とのアライアンス締結を発表した。

 ウェルモといえば、介護の地域資源情報を集約するプラットフォーム「MILMO」を始め、ケアマネジャーが作成するケアプランの作成支援AI「ケアプランアシスタント」、児童発達支援・放課後等デイサービス「UNICO」の事業展開をするソーシャルベンチャー。

 「愛を中⼼とした資本主義のつぎの社会を描く」ことを会社ビジョンとする、まさにLoveTechドンピシャの企業として、当メディアでもこれまで、何度も取材させていただいた。

 今回発表された出資企業は以下の通り。

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、株式会社アカツキ、株式会社グローバルキッズCOMPANY、コニカミノルタ株式会社、株式会社eumo、LINE Ventures株式会社

 上記のうち、あいおいニッセイ同和損害保険とコニカミノルタとは新たにアライアンスも締結し、ウェルモのMILMO及びケアプランアシスタントと、各社サービスの連携をスタートするという。

写真左から、アカツキ執行役員の石倉壱彦氏、あいおいニッセイ同和損害保険代表取締役副社長執行役員の黒田正実氏、グローバルキッズCOMPANY代表取締役社長の石橋宜忠氏、ウェルモ代表取締役CEOの鹿野佑介氏、eumo代表取締役の新井和宏氏、コニカミノルタ常務執行役の市村雄二氏、LINE Venturesの木村正博氏

 具体的に各社とどのような連携を想定しているのか。そして、その先に同社が描く「愛を中⼼とした資本主義のつぎの社会」とはどのようなものなのか。

 同日に開催されたウェルモ事業戦略発表会の様子をお伝えする。

約半分のケアマネが不安を抱えながら業務にあたっている

 まずは今回の増資を発表したウェルモ 代表取締役CEOの鹿野佑介氏より、同社の事業概要と、将来に向けた事業ビジョンがお話しされた。

「世の中の50.4%のケアマネさんは、自分の能力や資質に不安があると回答しています。

 介護の現場では、ケアマネジャーによるケアプラン、すなわち介護(保険)サービスをどのように利用するかを決めた介護計画書に沿ってサポートが行われるのだが、このケアマネジャーの実に2人に1人が、自身のサポート内容に不安を抱えているという。(平成28年 厚生労働省「居宅介護支援事業所及び介護支援専門員の業務等の実施に関する調査研究事業」より)

 つまり、数兆円の給付意思決定が、不安を抱えた相談援助業務により成り立っているという、衝撃的な状況なのである。

 それもそのはず。世の中には25種類もの介護サービスが存在しており、全国の介護事業所総数は21万以上と計上される。これはコンビニの約4倍あるということであり、その8割は資本金1,000万円以下の中小企業および小規模事業主なのである。

 ではこれらの事業所情報はどのように管理されているかというと、その多くは「紙やFAX」だという。データクレンジングによるビッグデータ解析が世界の主流となっている中、介護業界では未だに「目視チェック」「電話によるコミュニケーション」「属人化した選択肢」がメインの状況なのだ。

 つまり、情報の非対称性が実に激しい領域と言える。

 そんな介護業界を変えるべく立ち上がったのがウェルモである。

 同社代表の鹿野氏は、同社設立の前後で、北は仙台から南は福岡まで、8ヶ月間かけて約400法人を巡ることで、とにかく現場を学んでいったという。ここから、多くの現場情報が紙ベースで散乱していることを目の当たりにし、その情報をしっかりと整理して可視化すること、そして多忙なケアマネジャーの支援をするべく、テクノロジーを活用するに至ったという。

次ページ:ミルモネットとケアプランアシスタント(CPA)

長岡武司

135,449 views

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは