Pairsエンゲージのリリースに見る、オンライン上の出会いニーズの変化

恋愛/結婚

 今や出会いの手段として広く人々から受け入れられているマッチングアプリ。

 正確にはオンライン恋活・婚活マッチングサービス業界の一領域に括られ、主にスマホベースのアプリを通じて、異性などの相手とマッチングすることができるサービスのことを示す。

 日本でこのマッチングアプリが展開され始めたのは2012年と言われており、Facebookと連動する独身者のみ利用可能なサービスとして、それまでオンライン上での出会いの代名詞となっていた「出会い系」とは違った、安心・安全なものという認知が、少しずつ、そして確実に広がっていった。

 この、マッチングアプリのクリーンなイメージを牽引していった功労者の一つが、恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs(ペアーズ)」と言えるだろう。

 2012年11月にリリースされたPairsは、2年後には会員数100万人を突破。その後も順調に会員数を増やしていき、今年3月にはとうとう大台の1,000万人を突破するに至った。

 そんなマンモスマッチングサービスを運営する株式会社エウレカより、新たなる取り組みが今年7月に発表された。

 その名も「Pairsエンゲージ」。

 今すぐにでも結婚を望んでいる人に向けた、結婚コンシェルジュアプリであり、7月31日にサービス開始したばかりの新サービスだ。

 本記事では、2019年7月11日に同社スペースで実施されたサービス発表会の内容に触れながら、ここ数年で起こっている婚活サービスへのニーズの変化について考えていく。

1,000万人以上が利用するPairsとは

 ここまで会員数が広がったPairsであるが、まだご存知でない方に向けて、簡単にそのサービス概要をお伝えする。

 Pairsの使い方は非常にシンプルである。Facebookもしくは電話番号を使ってアカウント登録し、居住地や年齢といった条件検索した一覧の中から気になる相手を選び、プロフィールを開いてチェック。いいなと思ったら「いいね!」を押し、相手が「ありがとうマーク」を返すとマッチングが成立する。

 マッチングしたもの同士がやり取りできるメッセージを重ね、ぜひ会いたいと思ったらリアルの場で会うことになるという流れだ。

 Pairsを使う上で認識すべき代表的な機能が「コミュニティ」である。現在12万件以上のコミュニティが登録されており(2019年8月2日 15:20現在で121,622件を確認)、1人あたりの平均登録数も20件を超えているという。趣味・ライフスタイル・価値観という3軸の分類で、それぞれの興味分野をプロフィール上で視覚的に表現・確認できることが目的の機能となっており、各コミュニティを登録している会員、という軸でお相手を探すことも可能となっている。共通の趣味や嗜好を持った者同士は、それだけ仲良くなれる確率も上がるものであり、このコミュニティをきっかけに出会いが加速した会員も多いことだろう。

 またその他にも、同社では相手との思わぬ出会いを創出するための優れたマッチングアルゴリズムを開発していたり、安心・安全のための24時間365日内製カスタマーケア体制を敷いているなど、会員がより自分に合ったお相手を安心して探せるプラットフォームの構築に積極投資している。

 運営会社のエウレカでは「かけがえのない人との出会いを生み出し、日本、アジアにデーティングサービス文化を定着させる。」というビジョンが掲げられており、それに向かって確実に歩みを進めていると言えるだろう。

次ページ:Pairsエンゲージ開発の背景

長岡武司

121,263 views

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは