和製BabyTechが目指す、愛情たっぷりの「子育Tech」社会

インタビュー

 共働き世帯の増加、ワンオペ育児による大家族から核家族への進展、それによる身近な相互扶助の希薄化。

 現代の子育て世代は、とにかく時間がない。時間がないことで日々の生活にて心身ともに疲れが溜まっていき、最悪のケースでは精神疾患の発病、夫婦関係の崩壊、子供に対する虐待やネグレクト等に発展するリスクがある。

 海外では子育てにテクノロジーを活用することで、子育ての効率化をはかる文化が醸成されている。BabyTech(ベビーテック)と呼ばれ、IoT哺乳瓶やウエアラブル体温計など、先進的なテックプロダクトが育児生活に浸透し始めている。

 この度、日本でも本格的な「育児×テクノロジー」業界のうねりが生まれた。株式会社カラダノート、株式会社ファーストアセント、株式会社AsMama、株式会社オトバンク、ピクスタ株式会社の5社により発足された「子育Tech委員会」である。

 本記事では、10月2日に実施された「子育Tech共同提唱に関する記者会見」の様子をお伝えすると共に、和製BabyTechの今後の可能性についてお伝えしたい。

 

子育Tech委員会発足の背景

 子育Tech(こそだてっく)とは「子育て×テクノロジー」を略した言葉。今回の共同提唱発起人である株式会社カラダノートが、今年3月から提唱していた概念である。

 育児の記録や共有の効率化、育児の情報収集の効率化、及び育児にまつわる夫婦間のコミュニケーションの糸口になるようなITやテクノロジーを用い、心身ともにゆとりある子育てをするという考え方だ。

 テクノロジー先進国のアメリカではBabyTechと呼ばれ、妊娠から乳幼児育児に関する技術が特に発達している。同国では4人に1人の女性が産後2週間で職場復帰を果たし、母親でない第3者が世話をする、またベビーシッターやナニーに自宅で世話をしてもらうという文化が醸成されている。だからこそ、BabyTech領域が発達していったと言えるだろう。

 一方日本を見てみると、育児にテクノロジーを用いることへの躊躇が社会全体に垣間見える。手間をかける、手作りをする、お母さんが夜なべをすることが美談であり愛情だと考えられる文化が色濃く残っている。「テクノロジーを使って育児を効率化する」ことを声を大にして言いにくい雰囲気を感じる。

 そんな国内の意識状況を変え、子育て現役世代のみならず孫子育て世代への理解と浸透を図るべく中長期的に市場・産業を醸成していくことが、今回の子育Techの共同提唱の目的となる。

 家庭、地域、社会全体など、それぞれの子育て領域で強みを持つ企業同士が協力し、子育て×IT・テクノロジーの普及を推進していくことが、子育Tech委員会のミッションだ。

 次章より、子育Tech委員会の企業紹介に移る。

 

発起人:株式会社カラダノート

 まずは子育Tech共同提唱発起人である株式会社カラダノート。プレゼンターは、同社代表取締役の佐藤竜也(さとうたつや)氏だ。

 「家族の健康を支え笑顔を増やす」ことをビジョンとして掲げる同社では、妊娠から育児だけで実に12アプリ(OS毎)を提供しており、月間約50万人のユーザーがアプリを利用している。
 ママと赤ちゃんの情報を毎日届ける「ママびより」、陣痛間隔測定アプリとしては国内トップシェアの「陣痛きたかも」、離乳食スタートの赤ちゃんが食べていいもの/悪いものを見やすくリスト化している「ステップ離乳食」など、育児ママ・パパに寄り添ったアプリを提供している。

 

株式会社AsMama

 2社目は株式会社AsMama(以下、アズママ)。プレゼンターは、同社管理グループの井上まき(いのうえまき)氏だ。

 同社では、子どもの送迎や託児などの子育てニーズを”共助”(助け合い)する世界初の仕組み「子育てシェア」のプラットフォームを運営している。子育てシェアに登録後、顔見知り同士でコミュニティを作り、交流イベントで子育て情報交換したり、コミュニティ内で託児・送迎を頼りあう仕組みだ。

 昔ながらのご近所頼り合いの現代版として、登録者数は57,904人、解決案件数は21,590件、解決率は実に85%以上という実績を誇る(2018年8月末時点の情報)。

 

株式会社ファーストアセント

 3社目は株式会社ファーストアセント。プレゼンターは、同社代表取締役CEOの服部伴之(はっとりともゆき)氏だ。

 「テクノロジーで子育てを変える」ことを掲げる同社では、お子さまを持つ両親をサポートする「パパっと育児@赤ちゃん手帳」や、保育園などで保育者をサポートする「ホイサポ」など、自社で育児関連アプリを開発・運営している。また同社がアプリを介して保有する数億件の育児データをもとに、国立成育医療研究センター研究所とも共同研究を行なっている。

 今年7月には赤ちゃんの泣き声をAIで分析する「泣き声診断機能」をパパっと育児アプリに実装し、正解の見えない育児に苦労する親御さんに寄り添った機能として注目された。

 

fotowa(ピクスタ株式会社)

 4社目はピクスタ株式会社の提供するfotowaサービス。プレゼンターは、同社fotowa事業部部長の李せい(り せい)氏だ。

 fotowaとは「写真を通じて家族の幸せを増やす」ことを掲げて展開される、家族・子ども写真の出張撮影サービスだ。厳選されたプロカメラマンによる出張撮影なので、よそ行きではない自然でオシャレな仕上りになる。

 近所の好みのカメラマンを選ぶことができ、いつでも好きな場所で撮影依頼でき、かつ写真は全てデータでもらえる。お宮参り、七五三、お食い初めから成人式まで、家族のライフイベントの記念写真として一生の思い出と宝物となる。

 

株式会社オトバンク

 最後5社目は株式会社オトバンク。プレゼンターは、同社代表取締役社長の久保田裕也(くぼたゆうや)氏だ。

 同社は日本語オーディオブックのリーディングカンパニーとして、サービス開始の2007年より一貫して「聞き入る文化」の創造を掲げている。本を耳で聴けるオーディオブックは、これまではビジネスパーソンがメインユーザーであったが、最近では子育て層への浸透が広がっている。

 子どもの寝かしつけ中や料理中など、子育て環境における耳のスキマ時間を活用して”ながら読書”をすることで、子育て世代が育児中でも趣味や勉強を進めることができるよう、サービス用途が拡大している。

 

子育Tech委員会のこれから

 以上5社でスタートした子育Tech委員会の今後の活動としては、大きく2つのフェーズに分かれる。

 まず子育て現役世代への認知と意識改革を施すべく、委員会共同によるイベントや参画企業個別開催によるイベント、さらには子育て×テクノロジーに関する調査レポートを発信されていく予定だ。また、子育Tech委員会参画企業も随時募集しているとのことで、合計10社以上集まった段階で、一般社団法人化を目指している。

 そして次のフェーズとして、現役のみならず孫育て世代の理解・共感も促進していく。子育てに関する知識や価値観に世代間でギャップがあることから、親世代への理解も目指し、地方自治体や、NPO法人等にも協力を仰ぎながら、孫育て世代を対象としたイベント等を実施していく予定だ。

 

ママさん達の反応

 記者会見終了後、会場の1F広場で開催されていたアズママ主催の「Smart Family Fair」にて子育Techブースが出展されているとのことなので、併せて見学に行った。

 たくさんの子育てママさん達がご来場されている中で、子育Techブースに立ち寄られた方々に簡単にお話を伺った。

 

○2歳男の子を抱っこされたママさん

−−子育Techについてどう感じましたか?

ママさん:今はスマホの時代なので、スマホを使って育児が楽になるのは、とても有り難いです。

 

−−現在、何かアプリやコミュニティを使っていますか?

ママさん:夫婦で育児記録を共有できるアプリを使っています!

 

−−育児で困っていることや、テクノロジーで解決したいことはありますか?

ママさん:子どもが泣きやまない時の対処を助けてくれるような仕組みや機能があったら嬉しいです。

 

○4歳女の子を連れられたママさん

−−子育Techについてどう感じましたか?

ママさん:現在アズママを使っていて、毎日助かっています!使って便利なものは、どんどん使いたいと思います。

 

−−現在、何かアプリやコミュニティを使っていますか?

ママさん:アズママと、カラダノートのアプリを使っています。

 

−−育児で困っていることや、テクノロジーで解決したいことはありますか?

ママさん:旦那さんとの育児分担をスムーズにできるようなものがあるといいなと思います!

 

 またブース外だけでなく、ブース内にもファーストアセントが提供する「パパっと育児@赤ちゃん手帳」の利用ユーザーの方がお手伝いにいらっしゃっており、スタッフと一緒に子育Techの取り組みについてお話しされていた。

 

編集後記

子育Techという響きがとても素敵でした。そして、この取り組みこそ、まさにLove Techのど真ん中と言えるでしょう。

 

どんなに素晴らしいテクノロジーが誕生しても、それを知る人が少なければ意味がありません。知る者はどんどん生活が便利になっていき、知らない者はいつまでたっても不便を嘆く。

 

そんな構造を改善すべく、子育Tech委員会の皆様には、ぜひ積極的な啓蒙活動を進めていっていただきたいと、Love Tech Media編集部一同、強く願っております!

 

子育Tech詳細についてはこちらをご覧ください

 

※Love Tech Mediaでは2018年7月、株式会社ファーストアセントが提供するアプリ「パパっと育児@赤ちゃん手帳」について取材しております。こちらの記事も併せてご参照ください。

『赤ちゃんの泣き声ビッグデータによるパパっと育児革命』

《前編はこちら》 《後編はこちら

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは