赤ちゃんの超音波画像をデジタルで受け取り可能になるサービスがMeDaCaにてスタート!

妊娠/出産

LoveTech Media編集部コメント

患者さん個人と医療機関を結ぶ健康・検査データプラットフォーム「MeDaCa®」シリーズ。

 

医療・健康データを自ら管理・活用できる患者向けのスマートフォンアプリ「MeDaCa®」と、医療機関が、MeDaCaアプリを使用している患者とリアルタイムで繋がるためのコミュニケーションサービス「MeDaCa PRO®」の2つがある。

 

健康情報・医療情報をクラウドで適切に保管することにより、個人が自分の健康・医療情報に「いつでも・どこでも」アクセスできる仕組みだ。

 

今回、患者向けMeDaCa®にて、赤ちゃんの超音波検査画像をデジタルで妊娠中の方に提供するサービスが開始された。

これまで病院の産科では、妊娠中の方に赤ちゃんの超音波検査画像を提供する場合、紙に出力して妊娠中の方に渡すケースが一般的だったが、紙の場合は紛失リスクと併せて、劣化のリスクもあるので、電子データでいただけるのはありがたい。

 

また、MeDaCa®は「外来呼出しサービス」も提供しており、スマートフォンの電波が届く範囲であればスマートフォンの画面上で呼び出しを行なうことができる。この仕組みにより待合室で待つ必要がなくなり、時間の有効利用が可能になるほか、待合室でインフルエンザなどの感染症にかかるリスクを軽減することができるという。

 

今回、この二つのサービスをトライアルとして慶應義塾大学病院の産科外来で開始した。

 

現在はトライアルということで、同病院でも一部妊娠中の方への限定的サービスとなるが、ニーズの高まりに併せ、今後の対応医療機関拡大が楽しみである。

 

以下、リリース内容となります。

メディカルデータカード株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:西村 邦裕、以下 当社)はこのたび、MeDaCa®アプリを使った、赤ちゃんの超音波検査画像をデジタルで妊娠中の方に提供するサービスを開始しました。

病院の産科では、妊娠中の方に赤ちゃんの超音波検査画像を提供する場合、紙に出力して妊娠中の方に渡すケースが一般的です。このたび、当社が開発した電子カルテと連携したMeDaCa®の仕組みが導入されることにより、スマートフォンのアプリで超音波画像を電子データとして受け取ることができるようになりました。また、MeDaCa®は「外来呼出しサービス」も提供しており、スマートフォンの電波が届く範囲であればスマートフォンの画面上で呼び出しを行なうことができます。この仕組みにより待合室で待つ必要がなくなり、時間の有効利用が可能になるほか、待合室でインフルエンザなどの感染症にかかるリスクを軽減することができます。

今回、この二つのサービスをトライアル(※)として慶應義塾大学病院の産科外来で開始いたしました。

※トライアル中は、産科外来での一部妊娠中の方への限定的サービスとなります。

↑赤ちゃんの超音波画像の表示イメージ

↑呼出しサービスの表示イメージ

MeDaCa®とは

患者様(妊娠中のかた)用のスマートフォンアプリ

MeDaCaアプリQRコード

(1) 診察券、検査データ、服薬指導書、X線写真、健康診断書など、紙のデータをスマートフォンのカメラで撮影し保存、またPDFデータなどをアップロードすることにより、スマートフォンやパソコンで、いつでもどこでも閲覧できます。

(2) 個人が、MeDaCaに保存した検査データを受診している医療機関の医師に渡したり、医療機関での検査データをデジタルデータで受け取ったりするなど双方向のやり取りが可能となります。

患者様(妊娠中のかた)向けスマートフォンアプリ「MeDaCa」

アプリ名:MeDaCa対応OS:Android、iOS
ブラウザ版URL:https://medaca.co/

MeDaCa PRO®とは

医療機関用のウェブサービス

MeDaCa PRO® トップ

(1) 病院やクリニックなどの医療機関から、患者様(妊娠中のかた)に検査データを送ることができます。また患者様(妊娠中のかた)の「MeDaCa」アカウントに収納している過去の医療情報を、患者様(妊娠中のかた)の許可のもと、閲覧することや受け取ることが可能となります。

(2) 医療機関から患者様(妊娠中のかた)に、直接メッセージや通知を送ることができます(MeDaCaメッセンジャー機能)。

医療機関向け「MeDaCa PRO®」

URL:https://pro.medaca.co/

※図1~図3の表示イメージやテキスト内容は、実際のものとは異なる場合があります。

患者様が自分の医療情報を自己管理するシステムは、パーソナル・ヘルス・レコード (PHR(注1))と呼ばれています。これまでPHRと医療機関との連携を可能にするアプリはありませんでした。当社のMeDaCaおよびMeDaCa PROは、PHRをベースに、患者様と医療機関との橋渡しをします。

当社について
メディカルデータカード株式会社は、文部科学省・JSTの研究プログラム、革新的イノベーション創出プログラム(COI-STREAM(注2)の「健康長寿の世界標準を創出するシステム医学・医療拠点」(中核機関:慶應義塾大学)としての活動から生まれたCOI発・慶應義塾大学医学部発ベンチャー企業です。

■メディカルデータカード株式会社 会社概要
所在地 : 東京都新宿区荒木町1-22 四谷マンション203
代表  : 代表取締役社長 西村 邦裕
設立  : 2014年10月30日
事業内容: 健康・医療情報を一元的に管理するためのインターネット・モバイル・クラウドサービスの企画・開発・提供
URL   : https://www.medaca.co.jp/

【用語解説】
(注1)PHR:Personal Health Recordの略称で、個人が生涯にわたり自分自身の医療・健康情報を収集・保存し活用できる仕組みのことを指します。弊社ではデジタルでPHRを保管・閲覧できるdPHR(digital PHR)の世界を目指しています。
(注2)革新的イノベーション創出プログラム(COI-STREAM):文部科学省とJSTが平成25年度から実施している研究プログラム。

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは