精子チェックから妊活相談までスマホでサポートする「スグケア」がサービス提供開始

妊娠/出産

LoveTech Media編集部コメント

スマホでの精子チェック、オンライン妊活カウンセリング、妊活情報メディアの3アプローチを一気通貫で提供するサービスがリリースされた。

 

総合遠隔プラットフォーム「LiveCall(ライブコール)」などを展開するスピンシェル株式会社が提供する「スグケア」だ。

 

働き世代の妊活をオンラインでサポートし、早期の病院受診や治療継続につなげていくことを目的にリリースされたものである。

男性による妊活への意識向上を目指すものとして開発された「スグケアホームチェッカー」は、自身のスマートフォンから精子の動きや状態をチェックできる観察キット。撮影した動画をアップロードすると、不妊治療の専門家である培養士によるアドバイス・レポートが送られる。こちらは2019年4月頃発売予定という。

 

また「オンライン妊活カウンセリング」サービスでは、先に記載したLiveCallプラットフォームを使って、不妊症看護認定看護師や臨床心理士などの専門カウンセラーに不妊に関する個別相談ができる。自宅・外出先を問わず利用が可能だ。

 

以下が価格体系となる。

お試し相談として15分 1,500円 (税込)
カウンセリング 30分 2,800円 (税込)
カウンセリング 45分 4,000円 (税込)

 

さらに、受診する医療機関に悩むケースに対応するものとして、株式会社F Treatmentが運営する病院紹介サイト「不妊治療net(https://funin-info.net) 」と連動し、不妊治療に対応する全国の病院やクリニックも紹介してくれるという。

 

こちらのスグケア、獨協医科大学埼玉医療センター・リプロダクションセンターの副センター長で不妊治療の専門医である小堀善友医師が監修をしており、働き世代の妊活を心理面からサポートし、治療への不安を取り除くことで、本格的な不妊治療へと促していくことを目指す。

 

日本では5.5組に1組みが”不妊”に悩んでいるというデータもあり、その事実の認知が広がると同時に様々な妊活サービスが立ち上がってきた。

 

故に、今度はそれらサービス・情報の選択に悩むようになってきている印象だ。

 

「まずは何から行動しようか。。」

そう悩まれている妊活カップルは、ぜひ一度、スグケアをご利用になってみてはいかがでしょう。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

スピンシェル株式会社(東京都港区、代表取締役:金田 宏)は、妊活や不妊治療の悩みやストレスを抱える夫婦をサポートする「スグケア」のサービス提供を開始しました。

スグケア公式ウェブサイト:https://sugucare.jp

働き世代の妊活をオンラインでサポート

近年、女性の社会進出やライフスタイルの変化による晩婚化で、子供を望んでいてもなかなか妊娠しない「不妊症」で悩む夫婦が増えています。妊活や不妊治療に取り組む時期は、仕事で活躍する時期と重なるため、多くの人が仕事と治療の両立に悩んでいます。また、不妊の悩みは人に相談しにくいため、夫婦間で漠然とした悩みを抱えたまま通院のタイミングが遅れるケースも多くあります。こうした現状から「スグケア」では、仕事で忙しい方も利用しやすいよう、オンライン上で不妊に悩む人をサポートし、医療機関に受診するきっかけや、不妊治療を継続しやすい環境を提供します。

<サービス概要>

スマホで精子の状態をチェックできる簡易キット「メンズ ホームチェッカー」

世界保健機構(WHO)によると、不妊の原因の約半分は男性側にあることが分かっています。しかし、忙しさやプライドから不妊検査に消極的な男性も多いのが現状です。
「スグケアホームチェッカー」は、自身のスマートフォンから精子の動きや状態をチェックできる観察キットです。さらに、撮影した動画をアップロードすると、不妊治療の専門家である培養士によるアドバイス・レポートが送られます。
病院での検査には抵抗がある人でも気軽に利用しやすく、男性にも妊活への意識を高めてもらうきっかけを作ります。

スグケア ホームチェッカー (2019年4月頃発売予定)
https://sugucare.jp/ninkatsu/homechecker

人には言いにくい不妊の悩みを相談「オンライン妊活カウンセリング」

​妊活や不妊治療中は、妊娠しない焦りや治療への不安、夫婦間のすれ違いなど、何かとストレスを抱えこみがちです。ストレスはホルモンバランスを崩す原因になり、不妊にも影響を与えます。
本サービスでは、不妊症看護認定看護師や臨床心理士などの専門カウンセラーに、不妊に関する個別の悩みを相談できます。カウンセリングは、同社が提供する遠隔コミュニケーションプラットフォーム「LiveCall(ライブコール)」を通してビデオ通話で行われ、自宅からも外出先からも利用が可能です。
働き世代の妊活を心理面からサポートし、治療への不安を取り除くことで、本格的な不妊治療へ促していきます。

オンライン妊活カウンセリング
https://sugucare.jp/ninkatsu/counseling/ 

不妊治療に対応する全国の病院やクリニックの情報を紹介

ユーザーがカウンセリング後に通院を検討する際、どこの医療機関を受診すれば良いか分からないケースもあります。スグケアでは株式会社F Treatmentが運営する病院紹介サイト「不妊治療net(https://funin-info.net) 」と連動し、不妊治療に対応する全国の病院やクリニックを紹介します。

専門医師監修による、不妊治療情報

本サービスは、獨協医科大学埼玉医療センター・リプロダクションセンターの副センター長で不妊治療の専門医である小堀善友医師が監修をしています。小堀医師監修のもと、不妊症・不妊治療に関する最新の医療情報や、ユーザーが抱く不妊に関する疑問や悩みを解決できるコンテンツを配信していきます。

「スグケア」は、働き世代の妊活をオンラインでサポートし、早期の病院受診や治療継続につなげていきます。

LiveCall(ライブコール)について

LiveCallは、ブラウザやアプリを通して、事業者とお客様がビデオ通話による対面コミュニケーションができる、遠隔コミュニケーションプラットフォームです。
その豊富な機能やカスタマイズ性により、企業がサービスを提供する際の細かなニーズに柔軟に対応できるため、国内の大手通信会社をはじめ、医療機関の遠隔診療サービスなど、様々な分野で利用されています。

LiveCall(ライブコール): https://livecall.jp
LiveCallヘルスケア:https://livecall-healthcare.jp

スピンシェルについて

2006年の創業からITを駆使した次世代のコミュニケーションサービスを提供することをミッションに、グローバルを舞台にサービスを提供している企業です。 2015年には、世の中の様々なサービスの遠隔化を掲げ、オンライン上でも人と企業が対面性や高いリアルタイムコミュニケーション性を実現する総合遠隔プラットフォーム、LiveCall(ライブコール)を発表し、国内外の大手企業や著名サービスにおいて利用されています。
また、同社の幅広いグローバルなネットワークは海外においても評価され、海外の多くの著名ベンチャー企業の日本参入のコンサルティングやインキュベーションも手がけています。

https://www.spinshell.com

LoveTechMedia編集部

354,263 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは