2045年にaiが神になった世界を仮想体験する「KaMiNG SINGULARITY」、当日の全出演者を発表

家族/仕事

LoveTech Media編集部コメント

2019年8月9日に渋谷で初開催される、”aiが神になった世界”を仮想体験するフェス「KaMiNG SINGULARITY」。

 

フェスを切り口に「問い」をデザインするクリエイティブ企業「Ozone」による非常にユニークな取り組みであり、そのイベントの全容が明らかになってきた。

フェスのフライヤー

 

”2019年に想像する2045年の仮想体験”というコンセプトで企画される本イベントは、渋谷駅直結のホール会場「渋谷ストリーム ホール」にて開催予定であり、各フロアそれぞれにテーマが設定され、その世界観を体験していくことができる。

 

4階は「Future Life Style(未来の生活)」。2045年のハローワーク、アクアリウム、受付、暮らし方などの出展が並び、テクノロジードリヴンなだけでない様々な想像が表現される階になる。

 

5階は「New Values(新たな価値観)」。ここにはAI、ブロックチェーン、ロゴストロンなどの技術を用いたデータ主義時代の新たな神社「サイバー神社」が建立される予定だ。一般的な神社の作法である2礼2拍手1礼ではなく、「2礼2拍手1入力」の作法で参拝するのだという。また、このフロアでは併せて、現役の僧侶や大学教授によるAI・神をテーマにした様々なトークセッションが展開される予定だ。

 

6階は「Art Entertainment(遊びと芸術)」。生きる上で必要なことはAIが代行してくれる時代、人間は遊び狂い、芸術を創作し、ここではない世界を求め始める世界観を描くフロアだ。

 

特に5階と6階ではAIと人間が共奏する新たな音楽の形や、100年前から変わらないような原始的な音の人間回帰していく解放の音楽、技術と身体性が融合されたパフォーマンスなど、様々な側面のライブと深層学習、進化計算、強化学習などによる映像生成技術を用いて、人間のコントロールを超えた映像演出を行なっていく予定とのこと。

 

今回、これら全ての出演者が発表された。

 

出演アーティストとしては以下の通りである。

DÉ DÉ MOUSE & Primula(dystopia set)・SASUKE×人工知能ラッパー ピンちゃん ・AI TOMMY・Matsumoto Zoku ・Anti-trench ・ドラムサークル(一期JAM)・Sync Kudo・YO.・ アフロマンス・DJ SHINDY ・Ririko

 

また、トークエリア登壇者としては以下の通りである。

・松本徹三 (『aiが神になる日-シンギュラリティーが人類を救う』著者)・谷崎テトラ (構成作家/ 京都造形大学客員教授)・東大史 (クラウドガバメントラボ代表)・河崎純真 (Commons組合管理 組合、宗教法人大宗寺住職)・七沢智樹(TransTech研究開発専業neten社R&D Director) ・雨宮 優(KaMiNG SINGULARITYオーガナイザー) 河村和紀(siasir) 山下悠一(Human Potential Lab) etc..

 

非常に豪華なメンバーである。

 

フェス全体の開催概要は以下の通り。

日時:8月9日(金) 14時~21時
場所:渋谷ストリーム ホール
アクセス:東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷駅[16b]出口直結
公式HP:https://www.kaming-singularity.com
主催:KaMiNG SINGULARITY実行委員会/Ozone合同会社
シルバー協賛:株式会社ティファナ・ドットコム
特別協力: 東京急行電鉄株式会社/McCann Millennials/株式会社MIKKE/neten株式会社
チケット購入ページ: https://kaming-singularity.peatix.com/

 

LoveTech Mediaでは主催であるOzone合同会社 代表の雨宮優氏に個別にお話を伺ってきたので、近く記事を公開予定だ。

 

どのような背景や思想のもと、本企画が組まれていったのか。

楽しみにしていただきたい。

 

まずは本記事でピンと来られた方は、チケット事前購入の上、今年8月9日、渋谷ストリームホールにお越しになってみて頂きたい。

 

場内の空気とコンテンツに、きっと思考が一時的にハックされるだろう。

 

以下、リリース内容となります。

続きを読む
1 / 2

LoveTechMedia編集部

241,668 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは