aiは愛を持てるか、暗闇・爆音で言語を超えろ〜before KaMiNG SINGULARITY《前編》

インタビュー

aiが神になる日

2045年、aiが神になった世界を1日だけ具現化し仮想体験する

 2019年8月9日、こんな前代未聞のフェスティバルが、渋谷ストリームホールで開催される。

 題して「KaMiNG SINGULARITY(カミングシンギュラリティ)」。とうとう、×AIの対象が「神」にまで及んだワケだ。神は“救い”であり“執着”でもあり、そして“愛”でもある。

 愛に寄り添うテクノロジーを調査・研究・発信しているLoveTech Mediaとしては、この時代における「愛の在り方」が非常に気になるものだ。

 そんな中、このフェスティバルの前段として、6月1日に「KAMING酒場 aiは愛を持てるか」というプレイベントが開催された。

 イベントページには以下のような記載がなされている。

加速度的な進化を続けるaiはやがて人間の意識をも搭載する可能性があると示唆されています。私たちが持つ”愛”のような感情や意識すらも、aiは持ち得るのでしょうか。 だとしたら機械学習はaiをどういうアルゴリズムとして解釈していくのでしょうか。それとも、愛は生命だけが持ち得るものでしょうか。 「愛」とは何か・・ 愛はアルゴリズムか、はたまた別の何かか・・ そんな話になっていくかもしれません。

 ai × 愛。当メディアとしてはまさにドンピシャな内容である。

 テクノロジーは愛に寄り添い補完することはおそらく間違いないが、愛そのものにはなり得るのか。そんな究極のテーマを模索するべく、まずは6月1日開催のKAMING酒場に参加者として潜入させていただいた。

8月9日 KaMiNG SINGULARITY

 イベントレポートに入る前に、そもそもKaMiNG SINGULARITYとは、具体的にどのようなフェスティバルなのかをお伝えする。

 26年後の2045年8月9日、aiが神になった仮想世界を ”仮装”体験する場として、「2045年、もしシンギュラリティ後にaiが神になったら」というテーマを共有し、想像し、振る舞い、観測することを通じて、丸1日のフェスとして表現するという。

 つまり、当日の会場は2045年8月9日として設定されているということだ。

 渋谷駅直結のホール会場「渋谷ストリーム ホール」にて開催予定であり、各フロアそれぞれにテーマが設定され、その世界観を体験していくことができる。

 4階は「Future Life Style(未来の生活)」。2045年のハローワーク、アクアリウム、受付、暮らし方などの出展が並び、テクノロジードリブンなだけでない様々な想像が表現される階になる。

 5階は「New Values(新たな価値観)」。ここにはai、ブロックチェーン、ロゴストロンなどの技術を用いたデータ主義時代の新たな神社「サイバー神社」が建立される予定だ。一般的な神社の作法である2礼2拍手1礼ではなく、「2礼2拍手1入力」の作法で参拝するのだという。また、このフロアでは併せて、現役の僧侶や大学教授によるai・神をテーマにした様々なトークセッションが展開される予定だ。

 そして6階は「Art Entertainment(遊びと芸術)」。生きる上で必要なことはaiが代行してくれる時代、人間は遊び狂い、芸術を創作し、ここではない世界を求め始める世界観を描くフロアだ。

 特に5階と6階ではAIと人間が共奏する新たな音楽の形や、100年前から変わらないような原始的な音の人間回帰していく解放の音楽、技術と身体性が融合されたパフォーマンスなど、様々な側面のライブと深層学習、進化計算、強化学習などによる映像生成技術を用いて、人間のコントロールを超えた映像演出を行なっていく予定とのことだ。

 ちなみに、LoveTech Mediaも4階でブースを出展させていただく予定だ。

 テーマは「LoveTech in 2045」。多岐にわたるLoveTech領域の中でも、今回は「恋愛・出会い」領域にフォーカスし、2045年のパートナーシップや出会いの世界観を提供予定だ。こちらも楽しみにしていてほしい。

 以上のような非日常を体験できるKaMiNG SINGULARITYのプレイベントとして設置された「KAMING酒場 aiは愛を持てるか」も、同じく非日常に違いない。

 以降の章で、当日のレポート内容をお伝えする。

次ページ:6月1日 KAMING酒場

長岡武司

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは