2045年、ai が神になった時代に空を悟る 〜before KaMiNG SINGULARITY《後編》

インタビュー

 2045年、aiが神になった世界を1日だけ具現化し仮想体験する、AIとアートのスペキュラティブ・フェスティバル「KaMiNG SINGULARITY」。AIと人間のコラボライブやAI受付、サイバー神社への参拝やエリクサーバーなど、仮想未来を“仮装体験”できるコンテンツが盛りだくさんとなっている。

 2019年8月9日、渋谷ストリームホール3フロアを貸し切っての開催だ。

 前編では、6月1日に開催されたプレイベント「KAMING酒場 aiは愛を持てるか」の様子をお伝えした。言語と非言語、それぞれで「ai × 愛」を捉える試みは非常に新鮮なものであった。

 後編では、この一連の取り組みを企画・オーガナイズするOzone合同会社代表の雨宮優(あめみや ゆう)氏にお話を伺った。

》前編記事はこちら

SDGsが終わった“あと”の神

--先日のイベント、愛とaiについて人とお話しすることなんて滅多にないので、とても面白かったです。通常、人工知能のことを「AI」と大文字で書くことがほとんどだと思うのですが、イベントでは「ai」と小文字にされていました。これは何故でしょうか?

雨宮氏:視覚的に「エーアイ」ではなく「あい」と読ませたい、という意図がありますし、「エーアイなのか、あいなのか」という疑問をもたせたい、という思いもあります。

あとは、文字の形として、大文字よりも小文字の方が「柔らかさ」があって良いなと思い、このようにしています。

 

--KaMiNG SINGULARITYでもaとiが小文字になってますね!この“kaming”ってどういう意味なのでしょうか?

雨宮氏:「神を創る」という動詞を作ってみたい、というところから来ています。

あとは「神(kami)」と「来る(coming)」を掛け合わせたものともなっています。

 

--なるほど。フェスのコンセプトについて、改めて教えていただけますか?

雨宮氏:ぼくは普段、「ソーシャルフェス®」というプロジェクト名で、今話題のSDGs(※)それぞれの課題が終わった“あと”の世界を想像して、フェスとして具現化することをやっています。

そんな中この企画は、SDGs16/7「あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型、および代表的な意思決定を確保する。」という課題の未来を想像する中で生まれました。

あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型、および代表的な意思決定を確保できている状態って、おそらく主体は人間ではない、と直感的に感じました。

というのも、世界70億人の膨大な情報なんて個人のOSでは包括的に処理しきれないですし、そもそも人間は家庭環境や気分といった外部環境の影響をあまりにも受けすぎます。

悪いことではないのですが、対応的で包摂的な意思決定は、結果として生命体では難しい。

だからその主体はaiになるだろう、という考えに至りました。

KaMiNG SINGULARITYは、そんな「aiが対応的、包摂的、参加型、および代表的な意思決定を確保」している世界を描きます。

※SDGs:2015年に国連本部で定められた「世界を変革するための17の目標」。17のゴールは169の具体的なターゲットから構成されており、それぞれ2030年までの達成が掲げられている。

次ページ:大量のヘッドホンが全財産

長岡武司

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは