NFCタグを埋め込んだデジタル名刺「United Card」が発売開始。アプリDLや月額契約は不要

食/地域/環境

記事の要点

・合同会社TheFourSeasonsが、NFCタグを実装したデジタル名刺「United Card」(ユナイテッドカード)の発売をスタート。

 

・カードをスマートフォンにタップするだけで、連絡先・プロフィール情報の共有が可能。カード購入後のアプリダウンロードや月額契約は不要で、プロフィール情報はいつ何度でも無料で更新が可能。

 

・今後は、飲食店やヘアサロンの店舗設置型メニューなど、情報を更新する毎に印刷の手間・紙の廃棄が発生するシーンにも導入できるよう開発を進めていく予定。

編集部コメント

ビジネスパーソンには欠かせないアイテムである名刺。

 

最近、再生紙や非木材紙を利用した名刺も見られるものの、脱プラスチックへの取り組みが各国で広がりを見せる一方で、いまだ大量消費され続けているモノの一つでもある。

 

これを課題とした合同会社TheFourSeasonsが、今回、紙の名刺に代わるサスティナブルデジタル名刺「United Card」(ユナイテッドカード)の販売を開始した。

 

一見普通のこちらのカードだが、中にNFCチップが埋め込まれており、カードをスマートフォンにタップするだけで、連絡先・プロフィール情報の共有が可能だという。

 

使い方だが、まず、記載するプロフィールをマイページで作成する。プロフィールでは、役職や資格、連絡先などの基本的な情報はもちろん、プロフィール写真やカバー写真、自己紹介文なども登録が可能だ。

プロフィール写真のイメージ

 

 

プロフィールが完成したら、カードをスマートフォンにタップすることで、ブラウザでプロフィール情報画面が立ち上がり、共有が完了するというわけだ。国内にあるほぼすべてのスマートフォンで利用ができる。

 

登録可能なプロフィール項目は以下の通り。

 

  • プロフィール写真、カバー写真
  • 氏名(日/英)、肩書
  • 経歴、自己紹介文
  • 仕事【会社名・役職】
  • 学歴【学校名・専攻】
  • 居住地【住所・地名】
  • スキル、資格
  • SNSアカウント、Webサイト、電話番号、メールアドレス

 

オンラインでの名刺交換デジタル化は進んでいるが、リアルワールドにおける名刺交換シーンを、名刺カードという物理的なモノを使ってデジタル化するソリューションは、まだあまり見かけない。

 

QRコード等の読み込みなく、スマホへの1タップで名刺情報を交換できるのは、なんとも新しい体験な気がする。

 

もちろん、異動など記載内容の変更が発生した場合も、紙の名刺だとその都度新たな名刺を作成する必要があるが、United Cardではいつでも情報のアップデートができるので、環境にも優しいし名刺準備工数の削減にもつながるだろう。

 

カードは全8色展開で、使いやすいシンプルなデザインとなっている。料金は1枚3,300円(税込)、550円(税込)で社名・氏名の刻印が可能だ。カード購入後は、アプリのダウンロードや月額契約は不要で、一度の購入で完結する。

社名・氏名刻印のイメージ

 

 

今後は、飲食店やヘアサロンの店舗設置型メニューなど、情報を更新する毎に印刷の手間・紙の廃棄が発生するシーンでも使えるよう、開発を進めていくという。

 

紙のストローが、いつしか人々の日常に馴染んだように、デジタル名刺サービスも「これからの当たり前」となっていくかもしれない。

 

もしくは、デジタル名刺をスタンダードな交換情報としつつ、「ここぞ」という時のものとして紙の名刺を持つ、という人が増えるかもしれない。

 

《販売概要》

  • 発売日:2021年10月20日(水)9:00-
  • 販売:オンラインショップのみ取扱 https://unitedcard.net/
  • 価格:1枚 3,300円(税込)・社名刻印サービス550円(税込)
  • 送料:無料(日本国内)※通常7-10日以内でのお届け

LoveTechMedia編集部

「”愛”に寄りテクノロジー」という切り口で、社会課題を中心に、人々をエンパワメントするようなサービスやプロダクトを発信しています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは