LoveTechMediaとは

その他

メディア構成

LoveTechMediaとは、「”愛”に寄り添うテクノロジー」というテーマで情報を整理・発信するWEBメディアです。

以下の6分野を「”愛”に寄り添っている分野」と定義しています。
・恋愛/結婚
・妊娠/出産
・育児
・家族生活
・福祉
・社会課題

上記分野の中で、編集部がLoveTechだと感じるサービス・人・サービス利用者の3方向から、取材・発信して参ります。

以下がメディア概要資料となります。

メディアの運営は最初の切り口であって、ここからコミュニティの運営や、日本各地及び国外での活動展開も想定しています。

※似たような分野で「FemTech(フェムテック)」「BabyTech(ベビーテック)」などがございますが、LoveTechは、より大きく「”愛”に寄り添う」と言う横串でテクノロジープロダクトや取り組みを定義しております。

 

LoveTechMedia立ち上げの背景

LoveTechMediaを立ち上げた元々のきっかけは、「テクノロジーを知らないことによる”愛”損失って、相当大きい」「それが即ち、豊かさの格差に繋がっている」と強く感じたことに起因します。

例えば出会いと結婚分野について。昨今流行っているマッチングアプリが誕生して約6年が経過し、業界としてキャズムを超えたとは感じるものの、まだまだその存在自体を知らない独身者も多い状況です。選択肢を知らないことが、結婚希望者の結婚を遠ざけている要因の一つと感じます。

また、例えば妊活分野についても。チャットで妊活相談できるサービスや、男性不妊早期発見のための精子検査キットなど、最新のプロダクトを使ってより多くの有効な情報を収集する夫婦もいらっしゃれば、そういったものの存在を知らず、効果の薄い不妊治療をしてしまっている夫婦もいらっしゃいます。

広義で捉えると、デジタルデバイドによる「”愛”損失」が発生していると感じました。

そういった「”愛”損失」を最小限に留めるのに有効な方法として、「愛×テクノロジー」と言う横串で情報を整理し、サービス提供者だけでなく利用者の声も積極的に発信するメディアを立ち上げることと考え、LoveTechMediaに至りました。

Web上での発信に留まらず、オフラインイベントやコミュニティの運営を、東京以外も含めて積極的に展開して参りたいと考えております。

メディア運営方針

基本的に記事広告は扱っておりません。

また、広告の掲載も、収益モデルとしては実施いたしません。

本メディアは、LoveTech企業さまと共に様々な事業連携をすることで運営する、

「企画連動型メディア」として実験的に運営して参ります。

編集部所在地

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町37-10 デ・リード日本橋箱崎602 LoveTechMedia事業部

お問い合わせはこちらよりお願いします。

 

編集メンバー

編集長:長岡武司

映像制作会社でのプロデュースアシスタント、国産ERPパッケージ会社でのエリアコンサルタント/アカウントマネジャーを経て、婚活コンサルタント・澤口珠子と結婚し、そのまま夫婦で会社を営む。
自身がPairsで結婚した経験をもとに、マッチングアプリ調査を基としたネット婚活スクールを開講し、ネット婚活市場の分析と男性目線でのアドバイスを通じて女性のネット恋活/婚活を支援する。
現在は一児の父として育児に奮闘する一方、LoveTechMedia編集長として人のライフコースに即したテクノロジー情報を整理・発信する。
<他役職>
NPO法人日本教育福祉振興支援協会 理事長

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは