妊活夫婦にLINEで寄り添うファミワン《前編》

インタビュー

 あなたは”妊活”という言葉をご存知だろうか。妊娠をするための活動のことを示し、妊娠についての知識を身につけたり、自身の身体の現状を把握し、必要に応じて改善することなどの行為が該当する。そして、この妊活に取り組む夫婦が、ここ数年で特に増えているのだ。

 日本は現在、世界一の不妊大国とも言われている。不妊症とは、通常の性行為(つまりはセックス)を継続的に行なっているにもかかわらず、1年間妊娠をしない場合のことを示す。1年と聞いて、短いと思われる方がいるかもしれない。そう、自分は違うと思われている方も、実は不妊症患者である可能性があるのだ。

 LoveTechMediaでは妊活を重要なテーマとして、これから複数記事に渡って取り上げていく予定であり、その第一弾では、妊活分野でオンラインコンシェルジュサービスを提供する株式会社ファミワンの関係者にお話を伺った。妊活をサポートする側とされる側とで、前編・後編に渡ってお届けする。

 まず前編では、株式会社ファミワン代表取締役の石川勇介氏にお話を伺った。

 

適切な情報が必要な人に届いていない状況に課題を感じた

--まずは石川さんの現在のお仕事についてお伺いさせてください。

石川勇介(以下、石川氏):ファミワンの代表として、現在は妊活に取り組む夫婦に向けたLINEチャットを使ったパーソナルサポートサービス『famione(ファミワン)』を事業展開しています。基本的には、これから妊活する人も、すでに深く妊活・不妊治療をしている人も、そして男女問わずどのフェーズであったとしても、サービス利用の対象者となるよう設計しています。

 

--僕が最初に感じたことなのですが、「男性が妊活の会社をやるんだ」っていう、新鮮な感覚がありました。こういった領域って女性が始めるという勝手なイメージがありまして。どうして妊活の事業を始められたのですか?

石川氏:それはよく言われますね。そもそもは、私自身の妊活経験から来ているんです。私も妻も「子どもなんて、そのうち自然とできるものでしょう」と思っていて、のんびりと構えていました。当時は妊活という単語すら知らなかったと思います。でもなかなか妊娠の兆候が見られない。少しずつ焦ってくる中で、お互いが疲れていき、喧嘩も自然と増えていきました。

 

--その経緯の中で、妊活のことを知っていったということですね。

石川氏:はい。自分たちも真剣に妊活に取り組もうという流れになったのですが、まず当事者として相談できる人がなかなかいないことに悩みました。仲の良い友人だから相談できる、という類のものでもなく、むしろそういったテーマであるがゆえに誰にも相談できなかったです。かといって、いきなり医療機関に行くのもハードルが高く、自分たちで調べるしかありませんでした。ネット上には様々な情報があったのですが、玉石混合でどれが正しい情報なのか、どれが自分に適した情報なのかを判断することがなかなかできず、非常に苦労をしました。

 

--石川さんご自身の課題感から、妊活を事業テーマとして選択されたんですね。

石川氏:そうですね。ちょうど起業前に医療情報を扱う会社に勤めていたこともあって不妊の原因やそれを取り巻く医療の進歩について色々と深く調べることができました。それが奏功し、幸運なことに、妊活をスタートしてから程なくして第一子を授かることができました。

ただ、周りの友人や親戚、さらには将来自分の子ども達が同じ課題に直面すると考えると、このままの状況ではいけないなという使命感のようなものを感じまして。それで、夫婦が適切な情報を元に妊活に取り組めるようにサポートする事業を作ろうと決心しました。

 

専門家とともに、妊活を夫婦で”自分ごと”として考えてもらいたい

--起業当初は今とは違ったサービス形態でしたよね。

石川氏:はい、最初は成果報酬型のサービスを提供していました。月額2万円で妊娠に向けての情報提供や相談コミュニティ、グッズの提供などを行い、一定期間内に妊娠しなければ全額返金、というモデルです。あえて提供期間を区切ることで、検査や治療に進むきっかけにして欲しいと考えていました。

(成果報酬型サービス提供時の相談コミュニティ画面)

石川氏:ただそのサービスが「妊娠版ライザップ」とメディアで表記されるなど、あたかも「このサービスを使えば一定期間内に妊娠できる」という印象を与えてしまうことに違和感を感じました。夫婦で適切な情報を元に、しっかりと期間も区切って妊活に向き合ってもらいたい、という当初のビジョンとサービスへの期待内容にズレを感じ、一度サービスを閉じ、リニューアルすることにしました。

 

--リニューアル後はどんなサービス内容にされたんですか?

石川氏:全額返金モデルを辞めた後、数多くの試行錯誤を重ねてきました。使っていただいた夫婦の生の声を聞き、それを新しいサービスに反映させ、さらに使っていただいた結果をヒアリングする。その繰り返しで、現在のLINEをベースとした妊活コンシェルジュサービス『famione』にたどり着いています。

夫婦に寄り添いながら、夫婦で納得のいく妊活をしていただくための情報と選択肢を、しっかりとした専門家から案内していくというサービスです。

--なるほど。このサービスはどういった方が対象になるのでしょうか?

石川氏:妊活を行う全ての夫婦が対象で、すでに多くの方に実際に使っていただいています。取り組み始めたばかりで何をしたらいいかわかっていない方、そろそろ病院に行こうと考えているけれどもどう選べばいいか不安な方、そして体外受精などの治療をすでに行っている方などです。女性だけでなく、男性にも使っていただいてます。

具体的な使い方としては、『famione』に最初に登録すると、まず現状の妊活状況を細かくヒアリングするためのオンラインチェックシートが届くので、振り返りも兼ねて記入してもらいます。だいたい40問くらいのボリュームで、年齢、治療歴から夫婦仲について、様々な角度から質問するようにしています。

そこでご記入いただいた内容を元に、専門家からアドバイスやフィードバックが届くようになります。

 

--専門家とは、どのような方がいらっしゃるんですか?

石川氏:現在登録いただいているのは、全国に171名(2017年8月時点)しか認定されていない不妊症看護認定看護師の方や、同じく全国で100名(2017年7月時点)しか認定されていないNPO法人Fineの認定ピアカウンセラーの方などです。

先ほど、登録後のチェックシートを通じてフィードバックが返ってくるとお伝えしましたが、それ一回きりではもちろんなく、毎月や3ヶ月といった、その人の状態に応じて定期アンケートをとり、その内容に応じたフィードバックも実施しています。基本的にはこれらのサービスを、全て無料でご提供しています。

 

--全て無料で専門家の方に相談できるんですね!

石川氏:もちろん、プラスαとして個別に電話相談できるような形の有料プランも用意しています。ただ、基本的には無料プランで十分な情報提供ができるように、今は設計しています。

 

きちんとしたエビデンスに基づいた情報の提供

--妊活って、それこそ色々なソリューションがあると思うんです。タイミング法や体外受精から、漢方やアロマオイルのマッサージ、サプリメントなど。この辺りはどの範囲までアドバイス領域にされているんですか?

石川氏:基本的には「きちんとエビデンスに基づいた方法」のみを情報提供するようにしています。例えば極端な例ですが、『これを飲むと妊娠できる』という情報がネット上であったとしても、その根拠となるエビデンスがないのであればトピックとして紹介をすることはないです。

 

--なるほど、因果関係が確認できないということですね。漢方なんかはどうでしょうか?

石川氏:実は漢方の分野については、結構な人数の専門家の方々とディスカッションしてきました。漢方は、どちらかというと、ゆっくりと長期的なスパンで身体に効いてくるという側面があります。現状は選択肢として組み込んでいないのですが、エビデンスや今後の研究次第では、将来的にご夫婦のリクエストに応じてアドバイスに組み込む事を検討していく可能性もあります。

あと、不妊に効くサプリメントという意味では決してないのですが、葉酸の摂取はアドバイスに組み込んでいます。葉酸を摂取することが、胎児の先天性障害を減らす効果があることはわかっているので、啓蒙の意味も込めて、積極的に発信していく予定です。

 

--今後はチェックシートに対する回答だけでなく、そう言った情報も積極的にリコメンドもされる、ということですか?

石川氏:その可能性はあります。今はメインのアドバイスとして、どの妊活ステップを進むべきか、どんな視点から病院を選ぶべきか、という観点でのアドバイスを軸に回答するようにしています。病院の情報は特に判断が難しく、現在は妊活ブログや口コミで選んでいる方が大半で、通院しながら病院をいくつも変えている方も多いのが現状です。

今後は、どんなサプリがいいのか、生活習慣としてどうするのが望ましいか、なども含めて、エビデンスに沿ってその人の状況に応じて妊活に向き合うきっかけを作っていきたいと考えています。妊娠後の情報提供も大事ですね。

 

妊活や不妊治療がもっとポジティブな印象になってほしい

--妊活をサポートする方々にお話を伺うと、男性をいかに巻き込むか、ということに課題を感じている方が多い印象です。ファミワンとしてはどういった対応をされていますか?

石川氏:我々としては、「男性としていっぱいできることはあるよ」ということを、とにかくたくさん発信するようにしています。男性は協力的ではないと言われていますが、実は単に情報を知らないだけで、正しい知識を得ると、むしろ女性よりも積極的に関わろうとする意識がある、という印象があります。ですので、男性がしっかりと情報をキャッチできるように、ファミワンとして発信をし続けることが大切だと感じています。

 

--今年の春に放送されたテレビドラマ『隣の家族は青く見える』では妊活の専門家として監修も手がけられましたね。やはり反響は大きかったですか?

石川氏:やはりテレビの影響の大きさを実感しました。このドラマは深田恭子さん演じる五十嵐奈々と松山ケンイチさん演じる五十嵐大器夫妻による妊活の取り組みを軸に、お互いが成長していくという物語なのですが、そのリアルな様子が妊活当事者である視聴者の皆様に響かれたようで、妊活の機運醸成に繋がったことは間違いないです。7月発売のDVDは、異例の予約状況のようですよ。

http://www.fujitv.co.jp/tonari_no_kazoku/index.html

--妊活があそこまでオープンな話題としてドラマになったことはなかったと思います。

石川氏:そうですね。ただ、海外では妊活や不妊治療をオープンにするところが多いです。もちろん、倫理観や宗教観の違いから同様にとは言えないものの、日本でももっと妊活や不妊治療がポジティブな印象になってほしいと考えています。もっと企業や行政とも幅広く連携して、社会の意識を変えていきたいですね。

 

--行政と連携した取り組みとはどういうかたちでしょうか?

石川氏:主に早期の啓蒙ですね。個人に対する不妊治療への医療費助成は前からありますが、もっと若い世代に知ってもらいたいという気持ちを行政も強く持っています。私たちも行政主催のセミナーに登壇して、積極的に情報を発信するようにしています。6月には東京都が主催する「不妊治療と仕事の両立セミナー」のパネリディスカッションでも登壇します。

不妊治療と仕事の両立セミナー

http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/josei/katsuyaku/childplan/

石川氏:妊活自体の情報もですが、助成対象となる特定不妊治療や、助成を受けるための条件など、まだまだそういった情報を知らない方も多いですね。

また最近は、企業の福利厚生の観点から、従業員の不妊治療の費用補助やそれにまつわる休暇制度を整えているケースも見られるようになりました。まだまだ金額としては十分とは言えないのが現状ですが、そこに対する奨励金が出る場合もあります。ようやく働くという視点でもサポートも始まったな、という印象です。

 

妊活や不妊に関する話題のタブー感が少しずつ薄れてきている

--今後のファミワンとしての取り組みについて教えてください。

石川氏:先ほど、企業による妊活支援のお話をしましたが、私たちとしても、企業の福利厚生として妊活中の夫婦をサポートするようなプログラムを提供したいと考えています。今はまだ名前はお伝えできませんが、今年の秋に向け、すでに5つの企業で何かしらの形でのプログラム提供をする方向で進んでいます。

 

--今の段階で導入を検討される企業さんは素敵ですね。

石川氏:はい。単純に導入企業を増やすのであれば、企業の福利厚生をパッケージとして提供するサービスと提携するのも手なのですが、今の時点では数よりも、一社一社、ちゃんと思いをもった企業にきちんとした形で導入したいと考えています。

世の中に妊活と向き合う必要性をどんどん広めていき、ユーザー数としては3年で30万人、導入企業数としては50社を目標に進めていく予定です。将来的には、「妊活を始めたらまず登録するサービス」、というレベルにまで持っていきたいですね。そのためには、常に様々な観点からの施策の検討や情報収集を心がけています。

 

--なるほど。ちなみに、どういった方法で情報を集めていらっしゃるのですか?

石川氏:それはもう、とにかく様々な方法で地道に収集していってますね。一言ではあらわせないです。基本的に、ファミワンとしては、自分たちが全てを知っているワケではなく、教えてもらうこともたくさんあるというスタンスでいたいと思っています。実際、ユーザーの方から驚くような情報や観点をいただくことも多いですね。不妊治療を受けている病院の具体的な治療の話だったり、海外の不妊治療情報だったり、色々な生の情報を教えていただいています。

 

--最近では、当事者として自ら声をあげる方も増えてきましたよね。

石川氏:確実に増えてきていますね。以前からクリニックなど医療サイドが啓蒙していったのも奏功していますし、行政の方でも妊活を少子化対策テーマとして認識してきているのが大きいと思います。また、少しずつですが、妊活や不妊に関する話題のタブー感が薄れてきているとも感じます。少なくとも起業した3年前と比べると、だいぶ周囲の見方も変わってきたなと。

 

--これからますます注目される領域ですね。最後に、LoveTechMediaの読者の皆様に一言お願いします。

石川氏:妊活は正解がない領域です。「これをやれば確実に妊娠できる」という方法はありません。

だからこそ、不妊治療含めた妊活を「自分ごと」として夫婦で考えてもらうことが重要になってきます。

まだパートナーがいない人もいる人も、妊活がどんなステータスでも、そして結果として妊娠してもしなくても、全ての人が自分自身・友人・周囲の方の妊活に関して改めて考えるきっかけになって、お互いに向き合って支えていける世の中になっていければいいな、と考えています。

それが私たちのビジョンである「子どもを授かりたい夫婦の未来を、ともにささえる社会をつくる」につながると信じています。そのための仕組みづくりを、一つ一つ丁寧に進めて参ります。

 

--本日は貴重なお話をありがとうございました!

》後編記事はこちら

編集後記

妊活というと独身の人にとっては縁のない話題に感じるかもしれないが、実は独身の時こそ、きちんとした情報を収集しておくべきと、お話を伺いながら感じました。

実は筆者も、初期のファミワンサービスで展開していた「無料相談掲示板」での情報を通じて、妊娠した経緯があります。正しい情報を収集し、自分ごととして取り組むことの大切さを、私自身、身をもって感じています。

ファミワンさんでは、「日本の妊活のあり方を変える会」というクローズドなコミュニティも運営されており、実に1,000名程度のサポーターの方が所属して、不定期にオフ会やユーザーヒアリング会を実施されています。 多

くの方々の協力を得て作り上げているLINEのコンシェルジュサービス、妊活に取り組む方は是非使ってみてください。

後編では、株式会社ファミワンにてコンシェルジュ対応をされている不妊症看護認定看護師の方と、実際に『famione』サービスを使われている妊活中の女性に、それぞれお話を伺います。

『famione』詳細についてはこちらをご覧ください

 

本記事のインタビュイー

石川勇介(いしかわゆうすけ)

株式会社ファミワン 代表取締役社長

自身の妊活経験で直面した「夫婦でも話し合うことが難しい」「信憑性の低い情報が氾濫している」などの課題を解決するため、2015年に株式会社ファミワンを創業。企業への福利厚生の提供やテレビドラマの監修、そして東京大学との共同研究など、幅広く展開中。2017年9月にNPO法人日本教育福祉振興支援協会の理事就任。
-監修実績-
「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系列放送局)医療監修
-取材掲載実績-
「日本経済新聞」「フジサンケイビジネスアイ」「美ST」「PRESIDENT WOMAN Online」他多数
-採択実績-
東京都によるベンチャー支援プログラム「ASAC」や、森永製菓、バイエル薬品メットライフ生命など
プログラム/イベント選出多数

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは