AC電池から新素材LIMEXまで、地球資源に優しいGreenTechスタートアップが集った日

イベントレポート

 様々なテクノロジーが目まぐるしく進化する昨今、十分に進んでいない産業にテクノロジーを活用することの総称として、実に様々なXテック領域が誕生してきた。

 FinTech、EdTech、AgriTech、HealthTech、FoodTech、GovTechといったあたりが代表的なものだろうか。細かいところだと、女性向けテクノロジーのFemTech(Female×Tech)や、当メディアでも過去に取材した子育Tech(子育て×Tech)というものもある。ちなみに我がLoveTech(ラブテック)も、愛×テクノロジーを表すXテック造語である。

 そしてまたここに、新たなXテックが誕生したようだ。

 その名も「GreenTech(グリーンテック)」。

 名前だけ聞くと、AgriTech領域の派生的な位置付けのものか、もしくは園芸領域や林業におけるテクノロジー活用かと思ったが、どうやら違うようだ。

 4月26日に「GreenTech Pitch Night」という、GreenTech領域のスタートアップが集まるイベントが初開催されたので、本記事ではその様子をお伝えする。

GreenTechスタートアップを支援する「GreenTech Lab」

GreenTech Labs コミュニティマネージャー高橋昌紀氏

 そもそもGreenTech(以下、グリーンテック)とは何なのか。その定義は、エネルギー、環境、サステナビリティなどの領域に関して、テクノロジーを活用して課題解決をする取り組みを広く示すという。

 今回のイベントを主催したのはGreenTech Labs(グリーンテック・ラボ)。グリーンテックのスタートアップが集い、企業の壁を越えて繋がるコミュニティを運営している。

 同団体のミッションとしては、大きく以下の3つを掲げている。

  • グリーンテック、エネルギーのスタートアップを繋げることを支援する。スタートアップのエコシステムを一緒に創り出していく。
  • スタートアップをエネルギー業界に精通する人たちと結びつけ、プロダクトマーケットフィットについてのメンタリングやディスカッションの機会を作る。
  • エネルギーとサステナビリティの領域で、スタートアップの事業機会と成功するビジネスモデルに関する情報を共有する。

 つまりグリーンテックとは、テクノロジーを活用して、エネルギー、環境、資源などの持続性の課題に取り組むことを広く指すものという理解をした。昨今話題となっているSDGsやソーシャルビジネスとも繋がってくる部分もあるかもしれない。

 この点について、GreenTech Labs コミュニティマネージャーの高橋昌紀(たかはしまさき)氏は以下のようにコメントされた。

「GreenTechという名前に決まった当初、農業テクノロジー、いわゆるAgriTech領域として認知した友人がいました。現に海外では、グリーンテックをそのような用途で使うケースもあります。

細かい定義はここではあまり重要ではなく、大きな括りとして地球資源やサステナビリティへの取り組みをテクノロジーで解決しようとする活動を総称しています。

また、テクノロジーについても、IT(Information Technology)だけではなく、Bio Technology含めたリアルテック領域など、昔からあるテクノロジーと現在のハイテクを含めたもので捉えています。

そのようなスタートアップを支援するのが、GreenTech Labsです!

GreenTechスタートアップによるピッチ

 早速のメインコンテンツとして、当日は7社のGreenTechスタートアップ企業による事業ピッチが行われた。

  • 株式会社エナーバンク
  • ヒラソル・エナジー株式会社
  • AC Biode株式会社
  • 株式会社シェアリングエネルギー
  • EAVOR Technologies Inc
  • 株式会社アフターフィット
  • 株式会社TBM

 LoveTech Mediaではこの中から、特に気になる2社をピックアップしてお伝えする。

安全・長寿命・省エネを実現する世界初の交流電池(AC Biode株式会社)

AC Biode株式会社 Co-Founder & CEO 久保直嗣(くぼ ただし)氏

 おそらく世界で初めて、電池を”交流”化する事業を展開しているのがAC Biode株式会社である。

 どういうことか。

 そもそも世の中の電気は大きくは2つ、直流(Direct Current:DC)と交流(Alternating Current:AC)に分けることができる。違いを簡潔に記載すると、時間が変化しても電圧が一定である電気が直流で、逆に電圧が時間と共に変化する電気が交流である。直流を使った電気製品の代表格が電池であり、一方で交流を使ったものとしては家庭用電気などがある。つまりコンセントだ。

 このように、世の中の電池は全て直流であるのだが、既存の電池には様々な問題があるという。電池の容量が不足しており、新しいタイプの電池開発に何年も多額の投資が必要で、かつ安全性にも課題がある。

 さらに、例えば電池を充電するときのコンセントは交流であるし、その電池を使ってモーターを動かす際は、モーターもほとんどは交流である。一方で真ん中の電池は直流なので、この直流と交流とで変換する際に、最大で35%程度の電気ロスが発生しているのだという。

 そこから、そもそもACの電池ってなんでないのか?という疑問から生まれたプロジェクトが、同社の起源だという。ちなみに、「Biode」という言葉は同社の造語であり、Anode(アノード:外部回路から電流が流れ込む電極のこと)にもCathode(カソード:外部回路へ電流が流れ出す電極のこと)にもなるという意味で「Bi」をつけた名称にしているという。

 同社は上図のように、AnodeとCathodeの間にBiodeを挟み、スイッチングによるオン・オフで1サイクルの電池を開発した。こちらは特許申請済みだという。

 こちらがプロトタイプ。シード資金の調達に成功したので、これを大型化し、電気自動車やドローンに活用できるものを開発していくという。

 利点としては大きく5点ある。

・30%ほどコンパクトになる

・既存の材料や製造ラインを活用できるので開発コストが削減できる

・より安全

・バラバラな電極品質を平均化するので、より長寿命で安全である

・最大25%、従来の電力ロスを削減できる

 用途としては、先ほど記載した電気自動車やドローンのみならず、Eスクーターや再生可能エネルギーの蓄電用、さらには将来的には空飛ぶ自動車などにも活用したいという。

 地球上の電池が全て同社の開発した交流になると、それだけで世界の電気のロスが最大25%削減されるとは、なんて壮大なLoveTech事業だろうか。

 なお、今回のピッチに登壇した目的としては、電気回路や電池の技術者を探しているとのことである。心当たりのある方は、ぜひ連絡してみてほしい。

石灰石から作る革命的新素材LIMEX(株式会社TBM)

株式会社TBM パラダイムチェンジャー 岩元颯(いわもとりゅう)オリビエ氏

 革命的新素材「LIMEX(ライメックス)」の開発、製造、販売を行なっているのが株式会社TBMである。

 このLIMEXとは何なのか。

 一言で表現すると、炭酸カルシウムなど無機物を50%以上含む、無機フィラー分散系の複合材料である。

 専門知識のある方でないと理解が難しいと思われるので、つまりはどういうものかと言うと、「紙・プラスチックの代替となる日本発の新素材」である。

 まずはこちらの動画をご覧いただきたい。

 

 そう、LIMEXとは、「石灰石」を主原料とした新素材である。

 日本でも100%自給自足できる資源であり、世界各地の埋蔵量も豊富でかつ高効率でリサイクルも可能なため、ほぼ無尽蔵と言っても過言ではない資源なのだ。

 TBMでは、この新素材を活用して、実に様々な製品をLIMEX製に代替させている。

LIMEXの紙代替製品(2019年5月7日時点LIMEXホームページより)

LIMEXのプラスチック代替製品(2019年5月7日時点LIMEXホームページより)

 LIMEXは、紙と比べて、大量に必要となる水や木をほとんど使わないで生産出来る(代わりに使うのは、石灰石と少量の樹脂だ)。

 このことから、以下3つの地球課題に挑んでいると言える。

・水・森林資源の保全(2050年には世界人口の40%が深刻な水不足)

・海洋プラスチックごみ(2050年には海洋中のマイクロプラスチックごみが魚の総重量を超える)

・気候変動問題(2050年には気温が1℃上昇することで、99%のサンゴ礁が減少する)

出典:LIMEXホームページ

 LIMEXは、単なる素材の原料化、その再利用であるリサイクル(再循環)ではなく、元の製品よりも次元・価値の高いモノを生み出すことを最終的な目的とした持続可能なモノづくりである「アップサイクル」を可能にするものである。具体的には、紙の代替製品となるLIMEXシート製品からプラスチックの代替製品の原料となるLIMEXペレットを製造し、プラスチック代替の成形品をつくるという工程だ。

 このアップサイクルにおける「つかう」「あつめる」「つくる」という各プロセスにおけるパートナーを、企業のみならず市区町村や大学など様々な団体から広く募集し、エコシステムの輪を広げているという。

 地球資源の課題に真っ向から立ち向かうリアルテックな取り組みとして、非常にLoveTechな事業である。

初のGreenTechピッチイベントを終えて

 ピッチ終了後は、懇親会の時間である。ピッチ登壇者とピッチ視聴者との交流を通じて、新たな仲間やビジネス展開のきっかけとなる。

 初回ということでアンテナの高い方々が集まっており、それぞれのピッチ内容についての熱い議論が各所で行われていた。

 最後に、イベントを終えられての感想について、冒頭でコメントをいただいたGreenTech Labsの高橋氏に再度お話しいただいた。

「実は昨年12月末に、GreenTech Labsとして初めてミートアップ・イベントを開催しました。様々なグリーンテック企業の方にご参加いただけたのですが、そのあと、集まって飲んで終わりだと少しもったいないかもしれないと感じました。

イベントを通じてもっと企業の支援が出来るような仕組みにしてみたいと考え、今回のピッチイベントを企画しました。

僕がこの活動をやっている根本的な動機のきっかけは、3.11(東日本大震災)になります。

あれが起きるまで、僕を含めて多くの人は、電力というものについてほとんど自分事として考えていなかったのではないかと思っています。それは、地球資源についても通じている部分だと思います。

このような大きな課題に対して、様々な関わり方がある中で、スタートアップを通じて解決を試みるというアプローチを広げたいと思い、GreenTech Labsを運営しています。

このGreenTech Labsを一つの入り口として、今回登壇された企業を知ってもらって、ファンになって、場合によっては一緒に事業を進める人が生まれたらいいなと思います。

 

編集後記

エネルギー含めた地球資源は、生活の根底となる「あたりまえ」になっているからこそ、その希少性を忘れがちです。

 

例えば水。

 

TBM社のピッチにもありました通り、2050年には世界人口の40%が深刻な水不足に陥ることが予測されるなど、資源が有限であることによる市民生活の限界は、刻々と近づいてきています。

 

まさに、水がブルー・ゴールドとして、石油以上に希少なものになるかもしれません。

 

では、私たち一人ひとりはどうしたら良いのか。

 

そのような問題提起をする場として、そしてそのような大きな課題に立ち向かうプロジェクトを知る場として、今回のようなイベントは非常に有意義だと感じます。

 

興味のある方は、ぜひGreenTech Labsコミュニティに参加されてみてはいかがでしょう。

 

『GreenTech Labs』詳細についてはこちらをご覧ください

 

 

Love Tech Mediaに感想・コメントを送る

 

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは