世界初ブロックチェーンを活用したレズビアンカップル宣誓式開催レポート

インタビュー

 2018年9月7日〜17日にかけて実施された「ソーシャルイノベーションウィーク渋谷(以下、SIW)」。渋谷・原宿・表参道エリアの商業施設やイベントスペースを拠点に様々な形式のイベントに参加できる、都市回遊型イベントだ。

 今回Love Tech Mediaは、9月8日に渋谷のEDGEofで開催されたSIWのサテライトプログラム「BLOCKCHAIN2.0 MEETUP ブロックチェーンがつくる、新しい未来」に参加した。

 

 ブロックチェーンといえば、昨年より特に注目されるようになったビットコインを始めとする暗号通貨分野をイメージされる方が多いかと思う。しかし、暗号通貨だけでなく、そのほか様々な分野での社会実装事例が出てきており、ブロックチェーンの実生活における応用可能性が垣間見えた1日となった。

 

 本記事はその中でも、ブロックチェーンを活用したレズビアンカップル宣誓式「にじいろブロックチェーン」の部についてレポートしていく。世界共通で同時的、かつジェンダーレスにパートナー関係を証明し、ポータブルに持ち歩いて証明できる手段としてのブロックチェーン活用についてお伝えする。またそれに付随し、渋谷区の取り組むパートナーシップ制度についても、これを機会に概要をお伝えしたいと思う。

 

渋谷区のLGBT取り組みについて

 

 日本の”結婚”という制度は、主にマジョリティーのケースとして、同じ国出身の戸籍上男性・女性の間で、名字を変えて片方の家に嫁ぐ形で、婚姻関係を結ぶ手法として確立されてきた。

 しかし、この結婚制度には課題も多い。例えば外国籍の方と結婚する場合、日本で婚姻届を出しても、パートナーの国でも婚姻届を出さない限り、パートナーの国では「独身扱い」となってしまう。また、日本で同性婚をしようとしても法的に認められていなかったり、事実婚をしているケースでは集中治療室に入れないなど、現状の結婚制度はマイノリティーの方々に優しくないのが現状だ。

 こういった課題を解決するために、渋谷区では「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会をす維新する条例」を制定し、「男女の人権の尊重」と「性的少数者の人権の尊重」を掲げ、「パートナーシップ証明書」というものを交付している。

 前半では、渋谷区総務部男女平等・ダイバーシティ推進担当課長の永田龍太郎氏に、渋谷区におけるLGBT取組及び今回の取組の意義についてお話いただいた。

 永田氏は元々、民間企業にて20年ほどマーケティングの仕事に従事されていた。直近の前職はギャップジャパン株式会社(以下、Gap Japan)。同社には性別・性的志向に関わらず国籍、人種、肌の色、宗教、年齢、妊娠の有無、障がい、学歴などあらゆる差別を許さないという土壌があり、日本支社の中にもオープンにしているゲイの方が複数名いらっしゃったとのこと。

 その様な環境の中で、永田氏自身もLGBT当事者であることをオープンにしたところ、Gap Japanとしても日本のお客様・従業員に向けてLGBTの取り組みをしていこうということになり、同社でのプロジェクトを推進する役目を担われることになった。

 この取組みの流れの中でご縁があり、3年間の任期付職員として、現職の渋谷区に勤務されることになった。

 

ちがいを ちからに 変える街。渋谷区

 

 現在の渋谷区の基本構想は「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」。これからの20年間の渋谷区のビジョンとして、ダイバーシティー(多様性)とインクルージョン(包摂、包含)を最重要事項として考えていこう、という思いを表すべく、「ちがい」という言葉をあえて入れているとのこと。

 この「ちがいをちからに変える」取り組みの一つが、LGBTに関する取り組みだ。渋谷区のパートナーシップ制度は、制定されて丸3年が経過する。

 制定当時は「パートナーシップ条例」と世間では呼ばれることもあったようだが、これは正確ではない。正しくは「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」という男女共同参画の条例があり、そこで「男女の人権の尊重」と「性的少数者の人権の尊重」の両方を掲げているので、パートナーシップ制度も含まれている、ということだ。

 ちなみに現在、日本でパートナーシップ制度を持つ自治体は全部で9つ。

 

 そして、渋谷区とその他の自治体とでは大きく以下の3点が異なる。

・渋谷区は条例として制定されており、その他は要綱

・渋谷区は申請に公正証書が必要で、その他は不要

・渋谷区は「パートナーシップ証明書」を発行するが、その他は「受領証明書」を発行する

 パートナーシップ証明は、ポータブルで流通するものでなければならない。そのような思想から、渋谷区では条例に基づき、公正証書の仕組みを使った申請を通じて、証明書を交付する流れとなったとのこと。

 

 ちなみに渋谷区でのパートナーシップ証明書交付数は、現在時点で30組とのことで、人口当たりの交付数はトップである。

 

戦略としてのLGBTアライの可視化

 

「パートナーシップ証明書を取得すると、戸籍や住民票に何か記載されるんですか?」

「申し訳ございません、区の取り組みなので、何も記載はございません」

「それは良かったです。」

 

 上記はよくある問合せと回答例なのだが、これが当事者心理の現状である。様々な「暴露」リスクに怯えているのだ。

 LGBTの皆様が暮らしやすくなるように、地域でより一層の地道な啓発が必要と考え、渋谷区では「LGBTアライ」(Ally、支援者の意)の可視化が重要と考え、そのために「しぶやレインボー宣言」POPというものの交付もスタートしている。

 

 「しぶやレインボー宣言」POP とは、LGBTアライ宣言を行い、以下の3条件を満たした渋谷区内の民間企業・事業所・店舗に対して交付されるもの。

・すべての顧客に対する、平等かつ誠意ある対応の約束

・すべての従業員に対する、平等かつ誠意ある対応の約束

・誰もが自認する性に基づいて、望むトイレが利用できる環境づくりの約束

 

 様々な場面で、どのような扱いを受けるかわからず不安になってしまうお悩みが、LGBTの皆様にとっての課題の一つ。本取り組みを通じて、LGBTの方々が少しでも過ごしやすい地域社会のあり方を模索して頂きたい。

 

カップル入場とブロックチェーン宣誓式

 

 後半では、いよいよ世界初のブロックチェーンを活用したレズビアンカップルのお二人の宣誓式である。

 改ざん不可能で全世界同時的、かつ記録がポータブルで運びやすいというブロックチェーンの特徴を活かし、お二人の宣誓内容をブロックチェーン上に刻み込むという流れだ。

 ここからは写真を通じて雰囲気をつかんでいただきたい。

 

素敵なBGMと共に入場するお二人。

 

ライトアップされ、宣誓式スタート。

 

永田氏の立会いのもと、宣誓を伝え合うお二人。

 

永田氏:皆様の前で愛を誓い、本日の喜びをこれからも忘れずに、幸せなパートナーシップを築いていくことを誓いますか?

お二人:はい、誓います!

 

もちろん、宣誓文は物理的にも記述。

                                                          

宣誓内容がブロックチェーン上に記述されていく。

 

無事にブロックチェーン上への記述が完了。

 

 本日の主役のお二人は、LGBT専門の恋愛結婚相談所を開所すべく、渋谷区に法人登記されたとのこと。一人でも多くのLGBTの方が、お二人の活動を通じて幸せになることを願っています。

そしてこの度は本当に、おめでとうございます!

 

色々な愛の形と証明方法があってよい

 

 最後に、今回の「にじいろブロックチェーン」を実現するにあたって技術協力された、株式会社チェリーチェーン代表取締役の浜田紗綾子(はまださやこ)氏に、イベント終了後にお話を伺った。チェリーチェーンは、起業家育成プログラムStartup Weekend Tokyo Blockchain中に、3日間でブロックチェーン×IoTデバイスを組み上げたエンジニア集団である。

 

--貴社事業の概要を教えてください。

浜田紗綾子(以下、浜田氏):ブロックチェーン×IoTに関わる様々なことを手掛けております。

 

--今回のイベント技術協力はどのような経緯でお話があったのでしょうか?

浜田氏:渋谷区の方から、体感型のブロックチェーンイベントを開催したいということで、ブロックチェーン×IoTを手掛けている我々に話がきました。

 

--愛の証明をブロックチェーン上に刻み込むことへの、浜田さまのご感想を教えてください。

浜田氏:色々な愛の形があるように、証明方法も色々な形が出てきてよいと考えています。今回のイベントがそのきっかけとなれば嬉しいです。

 

--今後取り組まれて行かれたいことなど、簡単で結構ですので教えてください。

浜田氏:今後は、イーサリアムで光るアクセサリーや、ビットコインで動くモーターなどを開発していきます!

 

--ありがとうございました。

 

編集後記

今回のイベントに参加して、「レズビアンの結婚式」「ブロックチェーン」「自治体職員立ち会いのもと」という組み合わせが、数年前では考えられないので、時代の流れを感じました。

 

進行の永田様がお話されていた通り、ブロックチェーンにおける記録が運びやすいというポータル性は、証明書をエビデンスとして提示する上では非常に有効と感じます。

 

愛の永遠の記録という情緒的な価値と共に、たくさんの方にとってのパートナーのエビデンスとして機能的な価値も併せて発揮できるよう、今後しっかりと社会実装していって頂きたいと感じました。

 

今回イベントに登壇されたお二人、本当におめでとうございます!

 

Love Tech Mediaとして、今後のお二人の活動も注視してまいります。

 

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは