マッチングアプリ「Couplink」女性ユーザーへの1ヶ月間の婚活フリーパスが無料提供開始

恋愛/結婚

LoveTech Media編集部コメント

街コンジャパンの株式会社リンクバルが運営するマッチングアプリ「Couplink(カップリンク)」。

 

その女性ユーザーに対し、街コンジャパンに掲載されている対象イベントに回数無制限で参加することができる「婚活フリーパス」の提供が開始された。

 

婚活フリーパスとは、1ヶ月500円で、街コンジャパン内の対象イベントに参加し放題という、非常にお得な女性限定のサービスだ。

 

今回のキャンペーンは具体的には、顔写真登録・年齢認証済の女性に対し、婚活フリーパスを1ヶ月無料付与するというもの。

 

Couplinkへの顔写真登録及び年齢認証は無料なので、婚活及び恋活中の女性は、この機会にどちらも登録して使ってみてはいかがだろう。

 

以下、リリース内容となります。

 株式会社リンクバル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉弘和正、証券コード:6046、以下「リンクバル」)が運営するマッチングアプリ「Couplink(カップリンク)」(以下、「カップリンク」)は、同アプリを利用する女性ユーザーに向けて『婚活フリーパス(※1)』の提供を開始いたしました。

(※1)婚活フリーパスとは(https://machicon.jp/konkatsu-freepass/
 街コンジャパンに掲載されている対象イベントに回数無制限で参加することができる、サブスクリプションサービスです。

■実施背景

 カップリンクは、リンクバル共通会員IDの「リンクバルID」を通じて、イベントECサイト「街コンジャパン」とデータ連携しております。データ連携により、カップリンク内でイベント参加者同士のコミュニティを作ることができます。コミュニティ内では、参加したイベントの異性全員とメッセージを交換することができます。(図中①)
 カップリンクは、通常のマッチングアプリ同様、アプリ内でマッチングした異性とのメッセージ交換もできるため、イベントだけでなく、アプリ内でも新たな異性と出会うことができます。
 このたび、マッチングアプリおよびイベントECサイトの双方からより多くの出会いのきっかけを提供すべく、マッチングアプリ利用者に婚活フリーパスを提供し、イベントに気軽に参加できる仕組みを用意いたしました。(図中②)

 今後もリンクバルは、マッチングアプリの「カップリンク」、イベントECサイトの「街コンジャパン」を活用して、お客様の婚活・恋活を支援してまいります。

■概要

・クーポン名称 :婚活フリーパス
・提供開始日  :2018年9月6日(木)
・提供対象   :20歳以上の独身女性、Couplink会員登録(顔写真登録・年齢認証含め)済みの方

■株式会社リンクバルとはhttp://linkbal.co.jp/

 2011年12月の設立以来、“世界をつなぎ、社会を幸せにする”という企業理念のもと、イベントECサイト「街コンジャパン」の運営などを通し、地域活性化や独身の方の出会いの場の創出などに取り組んでおります。設立3年4ヶ月という短期上場を経て、現在、テクノロジーの強化とともに、成長を続けているイベントECサイト事業の更なる拡大を進めております。今後も世界をつなぐべく、新規サービスの開発にも積極的に挑戦し、幸せな社会の実現に向け邁進してまいります。

【サービス内容】
●イベントECサイトの運営
・街コンジャパン(https://machicon.jp/
 街コンジャパンは、街コンをはじめとした恋活パーティー・婚活パーティー・趣味コンなど、さまざまなイベントを年間10万件以上掲載・開催している日本最大級のイベントECサイトです。

 ・婚活フリーパス(https://machicon.jp/konkatsu-freepass/
 街コンジャパンに掲載されている対象イベントに回数無制限で参加することができる、サブスクリプションサービスです。

●WEBサイトの運営
・恋学~Koigaku~(https://koigaku.machicon.jp/
 恋学~Koigaku~は 、恋に悩む大人の女性の恋愛を応援する「恋を学ぶ」情報サイトです。

・Couplink(https://couplink.jp/
 Couplink(カップリンク)は、オンラインで恋活・婚活ができるオンラインデーティングアプリです。

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは