1秒の思いを届ける鳩時計 OQTA(オクタ)が進めるエモーションテクノロジー革命《前編》

インタビュー

IT(Information Technology)の発達により、産業構造から私たちのライフスタイルまで、社会全体がここ20年で急激に変化した。インターネットの登場で人々はかつてないほどの情報にアクセスできるようになり、スマートフォンの登場で物理的な距離を問わないコミュニケーションが、より円滑になった。それに伴い、人々の生活は物質的に確実に豊かになっていった。少なくとも、我が国日本では、世界の中でも最高レベルの物質的豊かさを享受できている。

一方、人々は精神的に豊かになったのだろうか。先進国ではダントツ一位の自殺率を誇り、世界で最も高齢化が進み始めていという文脈の中での介護殺人も増えて来た。真面目な人間ほど思い悩み、生を断ち切る社会の側面が浮き彫りになって来ている。

そんな時代背景の中、本取材では、これからの「ココロの時代」を牽引していくことをミッションに据えている、OQTA株式会社(オクタ)のCPOである高橋浄久氏にお話を伺った。ITではなくET(Emotion Technology)を通じて、人々を豊かにするとのこと。

LoveTech Mediaとして、今までにない概念のプロダクトなので、文字だけではなかなか伝わらないであろう。まずは以下の動画をご覧になってほしい。

--まずは高橋さんの現在のお仕事についてお伺いさせてください。

高橋浄久(以下、高橋氏):OQTA株式会社のCPO(Chief Philosophy Officer)として、OQTA製品そのものの思想設計や、使っていただく方に寄り添う仕事をしています。

 

--CPO(最高”哲学”責任者)っておそらく初めて聞きました。実際に何をされていらっしゃるんですか?

高橋氏:おっしゃる通り、肩書きとしてたぶん初めてだと思います。すごくシンプルにいうと、「OQTAに関して、やらないことを決める」仕事です。

OQTAは、製品の中に哲学がある。代表からも、OQTAの哲学に反することはやらない、『門番』の役割をしてほしい、と言われて、すごく腹落ちしましたね。

 

--面白いですね。OQTAについて動画を拝見しましたが、最初は何がなんなのかよく分かりませんでした。OQTAって、何なのでしょうか?

高橋氏:機能としては、非常にシンプルです。

スマホと鳩時計が通信で繋がっていて、スマホ上のボタンを押すと鳩時計が鳴る、という仕組みです。物理的にどんなに距離が離れていても鳩時計を鳴らせます。音を鳴らせる人(その鳩時計を鳴らすボタンを推せる人)は、8人まで設定できます。9人以上は設定できません。そして、鳩時計が鳴った時、誰がボタンを押したのかを、システム的に知る方法はありません。

機能としては以上ですね。

OQTAの仕組み

①「スマホ上のボタンを押す」「鳩時計の音1秒」のシンプルなコミュニケーション

音の送信者は、特別な用事がなくても、ふとした思いをアプリのボタンを押すだけで送ることができる。

②相手に配慮する一方通行

OQTAに返信機能はない。一方通行にすることで相手の時間を束縛せず、お互いの日常生活に関与しない、程よい距離感を保つことができる。

③8人以下のコミュニティ

人数を限定することで、音の受信者は1秒の音から「自分のことを思ってくれている」という意味を感じとることができ、大切な人との絆が育まれていく。

④想いを馳せる匿名性

音の送信者が誰なのかわからない。大切な8人の誰かのことを思い浮かべる楽しさがある。

 

 

--FacebookやTwitterなど、人とつながる様々なサービスがある中で、物凄くシンプルな機能ですね。そもそもこのプロダクトを作ろうと思われたきっかけは何だったのでしょうか?

高橋氏:弊社の話からしますと、もともとは実はVR/ARの会社だったんです。ARグラスを通じてサンタクロースが現れてプレゼントを渡すようなアプリを作ったり、封筒サイズのVRグラスを開発したり。

そんな中、”スマホから遠隔で360度カメラのシャッターを切る”というアプリの開発をしました。人の部屋に設置して、覗き穴感覚を楽しむといった感じで使うと面白いんじゃないかと思って、プロトタイプを後輩の部屋に置いてシャッターを切っていました。確かに面白かったのですが、プライバシーは考慮されず、監視的な側面があるため商品として世の中に出すにはやはりバランスが悪い。

そこで、思い切って映像情報は捨てて、シャッター音だけを鳴らして、「いま、あなたのことを思い出したよ」というサインだけに機能を絞って感想を聞いてみた。すると、「それは嬉しい」と後輩が言うんですよ。そこでピン!と来ましたね。

それが、現在のOQTAの始まりです。今ではVR/ARの事業はやめて、このOQTA一本で事業展開しています。

次ページ:OQTAは”ボール”のようなもの

続きを読む
1 / 3

長岡武司

46,970 views

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは