新進気鋭のスタートアップ4社が登壇!次世代の巨大産業「タンパク質関連Tech」ミートアップレポート《後編》

インタビュー

 2025〜30年、世界でタンパク質の供給が需要に追いつかなくなるタンパク質危機問題。9月6日夜、この「タンパク質危機」に焦点を当てたイベントが、Creww株式会社主催のもと、同社が運営するコワーキングスペース「dock-Toranomon」にて開催された。本課題の解決に取り組んでいるスタートアップや大手企業、研究者の方々をお招きしての啓蒙活動が行われ、当日は100名を超える来場者で賑わった。Love Tech Mediaでは、前編・後編に渡ってイベント内容をレポートしている。

 前編ではこの分野における専門家の方々に、タンパク質危機の現状と今後における課題・取り組みについて、パネルディスカッション形式でお話いただいた。

 後編ではいよいよ、タンパク質関連テクノロジースタートアップ4社によるサービスプレゼン大会をお伝えする。「タンパク質」という軸で事業会社が集まることはなかなかないので、非常に貴重な場となった。

 以下、1社ずつプレゼン概要に触れていく。

》前編記事はこちら

株式会社ムスカ

 本イベントの企画会社でもある株式会社ムスカ。同社のビジネス優位性を一言でお伝えすると、「サラブレッドなハエ」である。

 45年1,100世代に及ぶ選別交配を重ねたイエバエの幼虫によって、生ゴミや畜産糞尿などの有機廃棄物をわずか1週間で全て高付加価値な飼料と肥料に変える100%バイオマス・リサイクルを実現する昆虫テクノロジーだ。世界に先駆けて昆虫(イエバエ幼虫)の安定大量培養にも成功。同技術の普及により、世界的規模でタンパク質の需要に供給が追いつかなくなる「タンパク質危機」の解決を目指している。

 なんとこのハエの種は、もともとは45年前の旧ソ連時代のものだというから驚きだ。(参考記事:昆虫×テクノロジーで食糧危機の解消に挑戦するムスカ《前編》

 様々な優位性がある一例として、例えば従来の堆肥化処理との比較を見ると一目瞭然。処理にかかる時間に限らず、温暖化ガスや汚臭、地下水汚染や外気温による影響など、多くの点で地球環境に非常に優しい。

 また、世界の競合他社を並べた際に、同分野において時価総額トップのAgriprotein社(南アフリカ共和国)と比較しても、飼料への返還率や生産サイクルなどの生産効率の観点で実に2.64倍と、圧倒的な生産優位性がある。

 今後の世界展開が非常に楽しみなスタートアップ企業だ。

 プレゼンターは同社暫定CEOの流郷綾乃(りゅうごう あやの)氏。Love Tech Mediaではこれまでも、同社について各種記事を発信してきた。暫定CEOという役職詳細については、以下の記事を併せてご参照いただきたい(参考記事:昆虫×テクノロジーで食糧危機の解消に挑戦するムスカ《後編》)。

次ページ:日本初の機能性昆虫食「シルクフード」を開発するエリー株式会社

長岡武司

LoveTech Media編集長。映像制作会社・国産ERPパッケージのコンサルタント・婚活コンサルタント/澤口珠子のマネジメント責任者を経て、2018年1...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは