昆虫×テクノロジーで食糧危機の解消に挑戦するムスカ《前編》

インタビュー

 9人に1人。全世界で飢餓状態にある人の割合だ。日本にいると実感が持てないと思うが、世界には約8億1500万人もの方が飢えに苦しんでいる(出典元:国連食糧農業機関)。この数字自体は、多くのメディアでも日々報道されているので、聞き慣れた方も多いだろう。

 それでは、地球規模のタンパク質危機が目前に迫っていることはご存知だろうか?

 畜産や水産における養殖では、エサとして穀物や魚粉などの濃厚飼料が使われている。動物の成長に欠かせないタンパク質を摂取するためだ。

 今、グローバル規模における爆発的な人口増加に伴い、一人当たりの肉や魚の消費量も爆増している。それに併せて、今後さらに何倍もの濃厚飼料が必要となってくるのだが、圧倒的な供給不足の事態に陥ることが予測されている。2025年〜2030年にかけて、世界のタンパク質が圧倒的に足りなくなるのだ。

 そんな中で、昆虫を「地球を救うテクノロジー」と捉え、実に25年以上前から「イエバエ」(学名:ムスカ・ドメスティカ)の研究と品種改良に取り組む人物がいる。株式会社ムスカ 代表取締役会長の串間充崇氏だ。

 ハエが地球を救う。にわかには想像しがたいだろう

 本記事では前中後編の3記事に渡り、同社の先進的な取り組みについてお話を伺う。まず前編では、同社の事業内容について確認し、その上でこれまでの経緯について、串間氏にお話を伺うことにする。

 

畜産ふん尿を有機肥料や飼料に100%リサイクルする循環システム

 

 インタビューに入る前に、まずは事前知識として、ムスカ独自のイエバエ技術について解説する。

 ムスカの提供するイエバエ技術を一言で表現するとするならば、「今まで捨てられるだけだった畜産ふん尿などの有機廃棄物を、わずか1週間で肥料と飼料に100%リサイクルする画期的な昆虫技術」である。

 どういうことなのだろう。まずは以下の動画をご覧いただきたい。

 

 具体的な工程について説明する。

まずリサイクルしたい畜産ふん尿などの有機廃棄物を専用トレイに乗せ、その上にさらにイエバエの卵を振りかける。

 

この状態で、ハエが最も活動しやすい25℃に保たれた幼虫飼育室に格納する。

 

卵を植えて1日目で早速、卵から幼虫が孵化(ふか)し、有機廃棄物の中に潜って有機物の分解を始める。食欲旺盛な幼虫たちにより、畜産ふん尿はイエバエの体液である消化酵素で、酵素分解されていく。

7日目ともなると幼虫たちはほとんどの有機物を食べつくし、サナギ化するために本能に従ってトレイから出ようとする。

 

これにより、幼虫と幼虫排泄物に自然と分けることができる。

 

幼虫たちはこの段階で回収するので、サナギを経てハエに羽化することなく、養殖・畜産向けの飼料として加工される。高付加価値な動物性タンパク源として大いに期待されている。

 

また、幼虫たちの排泄物として残った肥料は、1年以上発酵させた完熟堆肥以上の性能を持ち、こちらは主に農家向けの有機肥料として出荷される。

写真でも見ての通り、湿り気のある有機廃棄物が、わずか7日間でサラサラの肥料に変わっている。

 

 これが、畜産ふん尿や食品残渣等を有機肥料や飼料に100%リサイクルする循環システムである。

 

 この事業知識を前提に、株式会社ムスカ代表取締役会長の串間氏インタビューに進みたい。

 

45年間1,100世代の品種改良を経た超サラブレットハエ

 

--とにかく新しい概念すぎて、まだついていけていません(笑)そもそもこのイエバエは、どのような経緯で手に入れたのですか?

 

串間充崇(以下、串間氏):もともとこのイエバエを使った循環システムの構想は、旧ソ連時代まで遡ります。

当時アメリカと宇宙開発競争をしていた冷戦時代のソビエトでは、1960年から1970年にかけて有人火星探査、いわゆるマース計画を立てていました。火星まで往復4年かかる見込みの中、道中全ての食料を宇宙船内に載せるのは不可能であり、飛行士の排泄物処理と併せて大きな問題でした。

その問題を解決するために科学者が見つけた方法が、このイエバエだったんです。飛行士の排泄物から短期間で貴重な動物性タンパクを生み出せるうえ、幼虫排泄物も肥料として活かせるので、まさに宇宙船内で完結するバイオマス・リサイクルに最適だった、ということです。

 

--面白い経緯です。もともとは旧ソ連のハエなんですね!なぜ日本に来ることになったのでしょうか?

串間氏:1991年にソ連が崩壊しロシアへと転換する時期に、私の恩師である株式会社フィールドの小林一年という方が、ロシアの先端技術を日本に導入する仕事をしていまして、情報を収集するためにロシア全土の科学者口コミネットワークを作ったんです。

当時ロシアの科学者達には国から給料が満足に出なくなり、お金に困っていました。そんな中で日本から来た小林が面白い技術をどんどん買っていったので、その評判を聞きつけて、次々と研究案件売却の話が来るようになりました。

イエバエの話もそういった経緯で小林の元にきた、ということです。

小林も理系ではないので、当時は単純に「面白いかもな」くらいに思ったようでした。だいたい1992〜93年くらいの話です。

(写真左 串間充崇氏、写真右 小林一年氏)

 

--それでイエバエの種を買い付けて、日本で育てることになったんですね?

串間氏:はい。帰国後にイエバエを鹿児島大学に持って行き、専門の先生に見てもらいました。

そうしたら、ものの数日で「これは凄い」ということになり、フィールドと鹿児島大学の共同研究が始まりました。

イエバエの卵を買い付けたと同時に、種の能力向上に関するノウハウもロシアから引き継いでいました。つまり、イエバエのサラブレットの作り方も、すでに持っていたんです。

1970年代から現在に至るまで約45年間、国境をまたいで交配をひたすら重ね、1,100世代の品種改良を経た超サラブレットが、現在我々の持っているイエバエになります。

 

「これをやる!」と決めたら突き進むタイプ

 

--元々、小林一年さんという方が、日本におけるイエバエの基礎を作られたことはわかりました。串間さんはどのタイミングで、プロジェクトに携わられたのですか?

串間氏:私はもともと、電力会社に勤めていました。しかしあるタイミングで小林と出会い、イエバエ含め彼の事業への構想と思いに心打たれてしまい、翌日には辞表を提出して株式会社フィールドの採用面接に宮崎まで行っていました。

 

--まだ採用されるかもわからないのに、退職されたんですか!?

串間氏:もともと「これをやる!」と決めたら突き進むタイプなので(笑)

株式会社フィールドはイエバエだけをやっているわけではなく、先ほどお伝えした、旧ソ連時代の様々な研究技術を持っていました。

私はそれらを通じてロシアの技術案件や商品開発に従事し、様々な分野の知識を吸収して経験を積んで行き、2006年に独立してロシアの科学技術商社のアビオス株式会社を立ち上げました。

フィールドから様々な案件を継承する中に、イエバエと関連技術・権利も含まれていました。

同社と各大学との共同研究を通じてイエバエの基礎研究を続けていき、安全性含めて徹底的な検証を進めてまいりました。

そのフェーズが完了していよいよ事業フェーズに移行することになったので、イエバエ技術専門会社である株式会社ムスカを2016年に設立し、今日に至っています。

 

 

》中編記事につづく

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは