昆虫×テクノロジーで食糧危機の解消に挑戦するムスカ《後編》

インタビュー

 「イエバエ」を使って、畜産糞尿を有機肥料や飼料に100%リサイクルする循環システムを構築する株式会社ムスカ。

 前編・中編では同社代表取締役会長の串間充崇氏に、ムスカ立ち上げまでの経緯と思いについてお話いただいた。

 後編では串間氏と同社暫定CEOの流郷綾乃(りゅうごうあやの)氏に、同社の今後の事業展開についてお話いただいた。

》前編記事はこちら

》中編記事はこちら

うちは3つの強力なキャッシュポイントがあります

 

--改めて貴社のビジネスモデルを教えてください。

串間充崇(以下、串間氏):弊社のキャッシュポイントは大きく3つあります。有機廃棄物処理、飼料販売、肥料販売です。そしてこれらをワンストップで提供する、幼虫プラントのフランチャイズ展開の準備を進めています。

有機廃棄物はそれこそ世界中で処理が追いついておらず、結果として適正な処分がなされないが為に、深刻な環境問題を引き起こしています。一方私たちにとっては、この厄介な有機廃棄物が原料になります。原料調達で、高い処理料を受け取ることができます。

この有機廃棄物とMUSCAシステムを経て生産される飼料と肥料の販売も、弊社の大事な商品です。たとえば飼料の中でも”魚粉”市場で申しますと、2015年時点で909億米ドルだった市場規模は、6年後の2021年には1,682億米ドルにまで拡大すると言われています。今後ますます需要が高くなるにつれ、価格も高騰していくことが予想されます。

そしてこれらの処理をオートメーション化する”幼虫プラント”を代理店経由で販売します。どなたでも、このモデルでビジネス展開して頂くことが可能です。

現在、この”サブリース幼虫プラント”の第1号を、今年度中に国内に建設着工予定です!

 

--非常に盤石なモデルですね!特に、本来はお金を払って調達する原料を、処理料としてお金をいただくあたりが、素敵ですね。プラント建設の地理的な条件などはありますか?

串間氏:有機廃棄物が安定的に手に入る場所であれば、プラントはどこでも建設・稼働できます。

 

お金を払っても肉が買えない時代がきますよ

 

--日本と海外とで、食糧危機含め、貴社事業への反応に違いはありますか?

串間氏:日本は圧倒的に危機意識が足りないと感じます。

世界的には人口爆発していますが、日本だけは現時点で人口が減少していますよね。また、食料自給率が低く多くの食品を輸入しているにも関わらず、フードロス大国であることは有名です。

つまり「お金さえ払えば、良いもの食べられるよ」と思っているのが、現在の日本人です。

 

--確かに、身近で”飢餓”に苦しむケースは、多くの人にとっては無縁ですね。

串間氏:一方で、世界では肉・魚・卵の需要はますます増えてきており、それに対して飼料の生産がどんどん追いつかなくなってきている。

先日も、飼料の価格が高騰して競り負ける、という話を聞きました。一部の業者さんは既に気付き始めていますが、飼料が簡単には輸入できなくなってきます。

結果として、肉・魚・卵もどんどん希少価値が高まっていき、お金を払っても買えなくなる時代がくるでしょう。

 

--ゆゆしき事態ですね。貴社の事業が早く、グローバル展開されるべきと感じます。海外の投資家ともお話は進められているんですか?

串間氏:もちろん、現在進行形で国内外各所と進めています。

海外の方が日本と比べて、圧倒的にスピード感がありますね。

有難いことに、向こうから「すぐに進めたい!」という声を頂くことが多いんですよ。今日本で大型プラントを作って、実際の運用をした上でのレポーティングをするから待って、と申しているところです。

 

本当に安心安全な食べ物を自分の管理下で作りたい

 

--ところで串間さんは先日、代表取締役会長に就任され、新たに”代表取締役暫定CEO”の方が就任されましたよね。”暫定CEO”って斬新なネーミングですね。

串間氏:これから本格的なグローバル展開を進めていくにあたり、経営陣もグローバルに物事を捉え、進めていける人間を配置する必要があります。

今回の体制変更は、今後の経営人材それぞれのCXO(CEO、CTO、CFO、COO etc…)をオープンに募集するための暫定的なものです。なので”暫定CEO”と表現しています。

暫定CEOには、もともと弊社の最高広報責任者を担っていた者が就いています。

 

--なるほど。そういうことだったんですね!後ほどお話を伺いたいと思います。それでは最後に、Love Tech Media読者の皆様に一言お願いいたします!

串間氏:僕たちの将来的な大きな目標は、生物の循環サイクルから一切の化学物を除去する、ということです。

私たちが口にする食べ物の中で、本当に安全なものって、身の回りにどれだけあるでしょうか。なかなか無いと思います。

私には小さな子供がいますが、たとえば野菜畑に行くと土は農薬まみれなので、子供を土の上で遊ばせるわけにはいきません。

ムスカは完全オーガニックな飼料・肥料です。そんな完全オーガニックなもので育った野菜やお肉が流通することで、食の安全に貢献できると考えています。

本当に安心安全な食べものを自分の管理下で作りたい。

この思いで、まずはイエバエを通じた循環系を作り上げてまいります。

 

使命感をもって事業に取り組む串間の姿に影響されました

 

最後に、2018年7月に”暫定CEO”に就任された流郷綾乃(りゅうごうあやの)氏に、今後の事業展開への思いを伺った。

 

--まず、流郷さんがムスカにジョインされた経緯を教えてください。

流郷氏:私自身は広報のプロとして、複数社の広報責任者や顧問をしています。その中で株式会社ベイシズというビジネスデザインカンパニーの執行役員・最高広報責任者としても活動していまして、その流れで、投資先として支援しているムスカの広報戦略も一手に担うことになりました。

ムスカが創業して間もなく、ジョインしましたね。

 

--ご経歴を拝見しましたが、ムスカさんやベイシズさんに限らず、WEBメディアのロボスタさんやシーマン人工知能研究所、ロボホンの非公認エバンジェリストなど、現在も実に様々なプロジェクトに関わっていらっしゃいますね!流郷さんが広報を受け持たれる際の基準を教えてください。

流郷氏:子供が80歳になった時に、この事業って必要なのかな?この事業が足がかりになって、当たり前になっているのかな?ということを考えて、受け持つかを判断するようにしています。

 

--ムスカさんは間違いなくこれからの時代で必須の事業ですね。流郷さんにとって、串間さんはどういう方でしょうか?

流郷氏:一言で言うと、ハエに関していい意味で変態ですね(笑)

家のガス・電気・水道などライフラインがストップしたとしても、ハエの研究所のライフラインは何としてでも維持するって、なかなかできないことですよね。それだけ強い思いで何十年もハエを守り続けるって、すごいことだと思います。

使命感をもって事業に取り組む串間の姿に影響され、私も周りのスタッフも一緒になってイエバエ事業を進めています。串間の思いについていく私たち、って感じですね!

 

--今回は暫定CEOということで就任されましたが、あくまで次のステップであるグローバル展開に繋げるための戦略ということですね。

流郷氏:そうです。採用広報の一環として就任させて頂きました。

とはいえ、今後串間は、より串間にしかできない実務の部分に専念してもらい、当面は私が前面に立ってムスカの認知を広げていく予定です。

フードテック領域・タンパク質危機に興味があってグローバル視点のCXO候補の方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡いただきたいです!

 

--ミッションに共感してくださる素敵な方が見つかるといいですね。それでは最後に、Love Tech Media読者の皆様に一言お願いいたします!

流郷氏:先ほど、「子供が80歳になるまでに必要な事業かを考えている」とお話しましたが、私自身、娘と息子がいます。この世で一番大事な存在です。

この一番大事な存在が豊かに過ごしていき、生きる力をつけていってもらうにはどうしたらいいのかな。それを考えてあげるのが、私が生きていく価値だと考えています。

ムスカは間違いなく、これから子供たちが生活する世の中に必要な取り組みです。ぜひ、”ハエ”という一般的にマイナスなイメージに引っ張られることなく、見守っていただければと思います。

 

編集後記

Love Tech Mediaとしては初のバイオテクノロジーベンチャーへのインタビューでした。ハエと聞いて最初こそは少なからずの抵抗がありましたが、事業の仕組みや背景にある思いを伺い、最後は地球を救うハエへの愛情すら感じるようになりました。

 

私たちの体の筋肉や皮膚を作っているのはタンパク質です。タンパク質が摂取できなくなると、生活する上で様々な障害が出てきます。

 

地球規模のタンパク質危機を救う事業として、Love Tech Mediaでは今後も随時、ムスカさんを追って参りたいと思います。

 

株式会社ムスカ詳細についてはこちらをご覧ください

 

本記事のインタビュイー

串間充崇(くしま みつたか)

株式会社ムスカ 代表取締役会長

1976年宮崎市生まれ。国立都城工業高等専門学校電気情報課卒業後、中部電力に就職。 その後、恩師である小林一年と出会い、株式会社フィールドに就職。ロシアの特殊な宇宙、軍事派生技術など特殊技術案件や多方面商品開発に従事。様々な分野の知識を吸収し、経験を積み、自らアビオス株式会社を設立。フィールドの案件やルートを継承し追加の研究開発を継続し開発を完了し、事業拡大のために株式会社ムスカを設立。 世界規模での食料安全保障問題の解決に取り組み、後世の為に、完全有機循環型街作りや、無薬食循環による付加価値の創造の実現を目指している。夢と野心多き中年

※日経主催「AG/SUM(アグサム)」にて受賞したみずほ賞トロフィーと共に撮影

 

流郷綾乃(りゅうごう あやの)

株式会社ムスカ 代表取締役暫定CEO

1990年生まれ。2児の母。ベンチャー企業の広報とし活躍後、フリーランスの広報として独立。スタートアップや大企業に対し、ブランディングからマーケティングまで一貫した広報戦略コンサルティングを提供し、多数の成果をあげる。2017年9月にベイシズ執行役員に就任。同11月、ベイシズの指名によりムスカ執行役員として経営参画。2018年7月、現職に就任。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは