精子をスマホでセルフチェックする時代《前編》

インタビュー

 「不妊の原因の約半分は男性にある」

 日本で不妊に悩む夫婦は約5.5組に1組の割合で存在するといわれている中、この事実自体は少しずつ認知が広がっていると感じる。しかし、認知が広がることとアクションに繋がることは別。

 2018年7月にリクルートライフスタイルが発表した「不妊に関する意識調査」の結果によると、不妊の原因の約半分は男性側にあることを知っている男性は46.4%、女性は56.7%とそれぞれ半分程度いらっしゃるものの、実際に医療機関での精液検査を受けたことがある男性は13.0%にとどまっている。男性は課題を認識しつつ、動きに繋がっていない、ということだ。

 そのような背景の中本記事では、同社が展開するスマホで精子の濃度と運動率を測定できるサービス「Seem(シーム)」について、それぞれ前編・後編に渡ってお伝えする。

 まず前編では、サービス開発責任者の入澤諒氏に、サービス開発の経緯や思い、これからの展開についてお話を伺った。

 スマホで精子をチェックするという作業のイメージが湧かない方も多いと思うので、まずは以下「Seemの使い方」動画をご覧いただきたい。

 

リクルートの中でも新しいチャレンジでした

 

--スマホで精子をチェックするという発想は非常に斬新と感じます。Seem開発は何がきっかけだったのでしょうか?

入澤諒(以下、入澤氏): もともとはリクルート入社前に、女性の生理日を管理するアプリの企画や、プロモーション及びマーケティングを担当していました。そこで不妊症のことを知り、世の中の「妊娠」に対する男女の意識の差に疑問を持っていました。

女性は基礎体温を測ったり生理日管理アプリを使ったり、それこそ色々な方法を調べて妊娠に向けて努力をしているのですが、男性は特に何もしない。せいぜい早く家に帰るくらい。そんな話をよく耳にしていました。

また、世の中のサービスでも、女性向けの妊娠に向けたサービスや商品はたくさんありますが、男性に向けたものがあまりない。

WHO(世界保健機関)の調査で、不妊の原因の半分は男性なのに、この意識の差はおかしいな、効率悪いよなと思いまして、男性にもっと積極的に妊娠に向き合ってもらうようなサービス開発をしたいと考えました。

 

--それがSeemにつながったということですね。初めからこのように、スマホのカメラに専用レンズを設置するような構想だったのでしょうか。

入澤氏:そうですね、リクルートに入社して最初に企画した構想からほぼ変わっていないですね。

こちらが企画当初のイメージ図です。

 

--すごい、ほとんど現在の形ですね!

入澤氏:最初から作りたい形が決まっていたので、だからこそ、ここまでほぼブレずに進めてこれたと思います。

2014年11月に弊社に中途入社し、そこで全くゼロの状態から新規事業としてSeemの企画を立案し、試作品の開発から社内でのモニター実験、それを受けてのフィードバックと機能改善を繰り返し、2016年4月にリリースしました。

 

実際にモニターで無精子症の方がいらっしゃったんです

 

--Seem開発を進めていかれるにあたって、社内での空気感や認識はどうでしたか?

入澤氏:それこそ最初は、だいぶ距離感があったと思います。中途入社してきた人間がずっと精子に関するプロダクトを作っているので、そりゃ怪しいですよね(笑)。

でも社内でプレゼンを進め、試作品を作って説明を進めていく中で、これが「新しい生命」に繋がるサービスだということが徐々に浸透していきました。

 

--2016年4月にリリースされる前に社内でモニター実験をされたとありますが、実際に社内の方に使っていただいて、どのような反応でしたか?

入澤氏:何名もモニターに協力してもらったのですが、その中で一切精子の動きが見られない方がいらっしゃいました。

おかしいなと思って何度かトライしてもらったのですが、やはり精子が見当たらない。念のため不妊治療専門の医療機関の先生にも見ていただいたところ、すぐに医者に診てもらった方が良いということになり、至急病院に行っていただいたことがありました。

結果としてその方は「無精子症」(※1)であることが判明し、即座に治療に進むことが決まりました。

Seemでチェックしなければ発見が遅れ、対応にさらなる時間がかかっていたはず、ということで、Seemが実際に夫婦の妊娠に向けたアクションにつながったとても良い事例でした。

 

※無精子症:精液中に精子を確認できない状態。精巣で精子が作れているけど通り道が詰まっていて出てこない「閉塞性無精子症」と、そもそも精子かがうまく作れない「非閉塞性無精子症」の2つの症状に、さらに分岐される。

 

--その方にとっては本当に幸運でしたね。Seemを使ったとしても、それとは別で医療機関でも診てもらった方が良いのでしょうか?

入澤氏:たまに誤解される方がいらっしゃるのですが、Seemは医療機関の代替ではなく、あくまで「自分の状態を知るきっかけ」として使ってもらいたいです。

自分の精子の状態を知るのに、いきなり医療機関に行って調べるのはハードルが高いので、その前にまずはSeemでチェックしてみよう!というのがサービスの思想です。

なので、Seemの測定結果がどうであろうと、しばらく妊活をされて妊娠しなければ必ず医療機関でちゃんと検査していただきたいです。

 

まだまだ男性不妊という課題自体が認知されていない

 

--Seemはどこで購入できますか?

入澤氏:ネットと大手ドラッグストアで購入いただけます。

ドラッグストアって、妊活のコーナーがあるんですよね。妊娠検査薬や排卵日予測検査薬、サプリなど置いてある場所です。そこにSeemも置いてもらっています。

 

--男性不妊のキットですが、そうなると女性の購入者も結構多いのでしょうか?

入澤氏:そうですね、多いと思います。妊活コーナーにいらっしゃった方に、不妊の原因の半分は男性です、精子の濃度と運動率を計測できます、とポップやチラシを使って説明しているので、そこで手にとっていただく機会が多いです。

 

--これまで様々な場所で発表されたりメディア取材されたり、だいぶSeemの認知は広がっていると感じるのですが、いかがでしょうか。

入澤氏:いや、本当にまだまだですよ。

おっしゃる通り、メディアに取材いただいたり、Seemがプロダクトとして賞をいただいたりなど、有難いことにフォーカスしていただけることが非常に多いです。そしてその度に「こんなのがあるんだ!」って大きな反響もあるんです。

それって裏を返すと、課題やサービス自体がまだまだ認知されていない証拠でもあるので、妊活夫婦だけでなく、これから子供が欲しい全ての方々にとってのきっかけになっていただきたいと考えています。

 

男女関わらず妊娠を自分ごととして認識してもらいたい

 

--入澤さんのこれからの目標を教えてください。

入澤氏:当然、Seemをたくさん知っていただきたいのですが、その先には「妊活は二人でするもの」という当たり前の意識を男女共に持っていただく、ということにあります。

妊娠に関するリテラシーが上がると、その分意識と行動に変化が現れ、積極的に関与しようとする男性が増える傾向があることが、サービス開発中の調査でわかりました。この傾向は、特に男性に強いです。

Seemによる精子チェックはあくまでツールなので、その先の「妊活意識の啓発」が私のミッションと捉えています。

 

--2018年7月に貴社が発表したリリースによると、不妊の半分は男性原因であることの認知は約5割であるにもかかわらず、精液検査受診は13%にとどまっている、という調査結果でした。

 

Q.男性不妊に関する以下の項目を知っていましたか。

 

Q.あなた(女性の場合はパートナー)は医療機関で精液検査を受けたことがありますか

 

--これはなんでなんでしょう?

入澤氏:この調査では「精液検査を受けない理由」についてもアンケートをとっているのですが、1位は「自分に問題があると思わないから」が38.0%でダントツだったんです。

つまり、「課題としては認識しているけれども自分は大丈夫」と思っている方がたくさんいらっしゃる、ということで、まだまだ解決すべき課題は多いと改めて感じています。

 

--なるほど。そういった方々に、どのように啓蒙されていくご予定ですか?

入澤氏:これはもう、地道にできることを続けていくしかないと思っています。Seemを置いていただくドラッグストアや医療機関を増やしていくのはもちろんですし、最近では自治体主催の妊活セミナーで講師としてお話しさせていただいたり、

興味を持っていただくために色々と仕掛けていきます。

 

--ありがとうございます。最後にLove Tech Media読者の皆さまに一言お願いします。

入澤氏:Seemをリリースして多くの声を頂戴するのですが、「もっと早く知っておけばよかった」という声がたくさん届きます。

こういう声をなくしていきたいですね。

男女関わらず妊娠を「自分ごと」として認識してもらう。

そのための第一歩として、Seemが貢献できたらと思い、これからもサービス開発を進めていきます。

 

 

後編記事では、実際にSeemを利用して、現在はお子様がいらっしゃる元ユーザーの方2名にお話を伺った。

 

》後編記事につづく

 

インタビュイー

入澤諒(いりさわ りょう)

株式会社リクルートライフスタイル 「Seem」サービス責任者

大学卒業後、モバイルIT企業に入社。 女性向けの健康管理サービスの企画・プロモーションのディレクションや遺伝子検査サービスの立ち上げを担当。
2014年11月にリクルートライフスタイルに入社し、新規事業開発部門に配属。 新規事業として『Seem(シーム)』を立ち上げ、現在はSeem事業全体の戦略策定からUXの検討、プロダクト開発までを担当する。

・2016年度グッデザイン賞 特別賞[未来づくり]受賞
・ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2017 優秀賞受賞
・カンヌライオンズ2017 モバイル部門 グランプリ、ゴールド、シルバー受賞 グラス部門 ブロンズ受賞

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは