• HOME
  • コンテンツ
  • 福祉
  • 視覚障害者の“見えない不安は、みんなで見守る”「MIMAMO by &HAND」プロジェクトが始動!

視覚障害者の“見えない不安は、みんなで見守る”「MIMAMO by &HAND」プロジェクトが始動!

福祉

LoveTech Media編集部コメント

Love Tech Mediaをご覧のみなさま、PLAYERSをご存知だろうか。

 

「一緒になってワクワクし 世の中の問題に立ち向かう」ことをスローガンに、社会が抱える様々な問題の解決を試みる、”超”プロボノ集団である。

 

そしてそのPLAYERSがテクノロジーを使って、身体・精神的な不安や困難を抱えた人と、それを手助けしたい人をつなぎ、行動を後押しするサービスが、&HAND(アンドハンド)である。

 

今回はこの&HANDプロジェクトとJR東日本による共創で、視覚障害者が安心して外出できる社会の実現を目指す「MIMAMO by &HAND」プロジェクトがスタートした。

 

視覚障害者にとって、駅はリスクがつきものの場所だ。

 

「MIMAMO by &HAND」プロジェクトでは、視覚障害者・鉄道事業会社・一般の方とでワークショップやプロトタイプ開発、実証実験などの活動を通じて、社会全体で見守り、サポートし合える仕組みを模索し、視覚障害者が安心して外出できる社会の実現を目指している。

 

2018年7月26日には、リードユーザーとして視覚障害者と鉄道事業者を招いての、「双方にとって理想的なサポートのカタチ」をテーマとするワークショップも実施された

 

実はLoveTechMediaもこのワークショップに潜入取材させていただいており、近くレポートを公開したいと思う。

 

PLAYERSの皆様へのインタビューも近く公開予定なので、お楽しみに!

 

以下、リリース内容となります。

一般社団法人PLAYERS(以下、PLAYERS)は東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)と共同で、視覚障害者・鉄道事業会社・一般の方との共創によって、社会全体で見守り、サポートし合える仕組みを模索し、視覚障害者が安心して外出できる社会の実現を目指す「MIMAMO by &HAND」プロジェクトをスタートします。また、2018年9月3日(月)には東京駅「動輪の広場」にて発表イベントを行います。

「MIMAMO by &HAND」プロジェクト

「MIMAMO by &HAND」プロジェクト(以下、ミマモプロジェクト)は、視覚障害者・鉄道事業会社・一般の方と共創し、ワークショップやプロトタイプ開発、実証実験などの活動を通じて、社会全体で見守り、サポートし合える仕組みを模索し、視覚障害者が安心して外出できる社会の実現を目指します。
MIMAMO(ミマモ)という名称には、視覚障害者が抱えている見えない不安をみんなで “みまも”ることで、“みまも”られている安心感を与えたい、という想いを込めています。マークには「視覚障害者・鉄道事業会社・一般の方」、「見守る人・サポートする人・サポートされる人」という、MIMAMOに関わる3者を3つの “M”(Man:人)で表現しています。

「MIMAMO by &HAND」プロジェクトホームページ
 http://www.andhand-project.com/pages/2167451/mimam

「MIMAMO by &HAND」プロジェクト発表イベント

 日時:2018年9月3日(月) 11:00~11:30
 場所:東京駅 「動輪の広場」(丸の内地下南口改札前)
 内容:
  (1) 一般社団法人PLAYERSのこれまでの活動について
  (2) JR東日本と一般社団法人PLAYERSが共同で取り組む「MIMAMO by &HAND」プロジェクトについて
  (3) 視覚障害者と鉄道事業者による対話ワークショップの実施映像
  (4)「MIMAMO by &HAND」サービスイメージについて

MIMAMO WORKSHOP 01

2018年7月26日、リードユーザーとして視覚障害者と鉄道事業者をお招きし、「双方にとって理想的なサポートのカタチ」をテーマにワークショップを実施しました。今後も、視覚障害者・鉄道事業会社・一般の方でのワークショップの開催を予定しています。

「MIMAMO WORKSHOP 01」レポート
 http://www.andhand-project.com/posts/4707411

一般社団法人PLAYERS

「一緒になってワクワクし 世の中の問題に立ち向かう」をスローガンとした、多様なプロフェッショナルからなるコ・クリエーションチーム。社会が抱える様々な問題に対し、リサーチ・ビジョンメイキング・コンセプトデザイン・プロトタイピング・コミュニケーションデザインなど、あらゆる手段で解決へと導きます。
一般社団法人PLAYERS Facebookページ https://www.facebook.com/players.or.jp/

&HAND / アンドハンド

LINEなどの手段を活用し、身体・精神的な不安や困難を抱えた人と、それを手助けしたい人をつなぎ、行動を後押しするサービスです。ヴィジョン「やさしさから やさしさが生まれる社会」の実現を目指しています。2017年LINE「LINE BOT AWARDS」グランプリ受賞、2016年Google「Android Experiments OBJECT」グランプリ受賞。
「&HAND / アンドハンド」ホームページ http://www.andhand-project.com/

&HANDプロジェクト

&HANDプロジェクトは、ヴィジョン「やさしさから やさしさが生まれる社会」の実現を目指す活動体です。ヴィジョンや活動に共感し、プロジェクトに参画した企業・団体・個人などが連携し、情報発信・コンセプトデザイン・プロトタイピング・サービス化などの活動を行っています。

 &HANDプロジェクトの主な実績
 2018年8月 【実証実験】 JR大阪駅 スマホで手助け実験 (DNP・JR西日本・ミライロ)
 2017年12月 【実証実験】 東京メトロ銀座線 LINEで席ゆずり実験 (DNP・メトロ・LINE・PLAYERS)
 2017年11月 【コンセプトモデル】 スマート耳マーク by &HAND (PLAYERS)
 2017年2月 【コンセプトモデル】 スマート・マタニティマーク by &HAND (PLAYERS)

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは