メンタリストDaiGo氏が監修する異色の相性マッチングアプリ「with」《前編》

インタビュー

 新たな出会いの手段として注目されるマッチングサービス。

 文化の歴史としては米国が先行しているものの、日本でも2012年にリリースされたFacebookユーザーを対象とするマッチングアプリを皮切りに、今日まで実に多くのサービスが誕生してきた。市場規模は2018年に374億円、2023年までには852億円にまで拡大するとの予測データがあるほど、市場は急速なスピードで成長している。(「恋活・婚活マッチングサービスの国内市場調査」株式会社マッチングエージェント調べ)

 Love Tech Mediaではこれまで多くのマッチングアプリユーザーと接してきており、「気軽に出会える」「いい男が多い」「隙間時間で婚活ができる」などのプラスの声を多く聞く一方で、「相性がなかなか合わない」「性格的にメッセージの印象と違う」などのネガティブな声もちらほら聞こえてくる。オンライン上での出会いは、性格や相性の一致という課題をなかなかクリアできずにいた。

 そんな中、心理学と統計学を元に、相性・性格のマッチングから出会いを紡ぐという独自のアプローチをするアプリがwith(ウィズ)である。withはメンタリストとして有名なDaiGo氏の監修を受けて設計されており、「運命よりも、確実。」を標榜している。

 Love Tech Mediaでは、withを開発・運営する株式会社イグニスへのインタビューを通じて、サービスが生まれるまでの振り返りと現在のお取り組み、今後の展望・ビジョンについて、前編・後編に渡ってお届けする。

 まず前編では、同社でwithの開発責任を担われている園田励(そのだ れい)氏にお話を伺った。

 

DaiGoさんの監修によりwithは動き始めました

 

--まずは園田さんの現在のお仕事について教えてください。

園田励(以下、園田氏):現在、PM(プロジェクトマネージャー)として、withのプロジェクト全体をみています。元々はデザイナーとしてアプリのUI/UX設計をしていました。

 

--早速伺いたいのですが、with最大の特徴は何と言ってもDaiGoさんの存在だと思っています。どのような経緯でDaiGoさんに監修に入っていただいたのでしょうか?

園田氏:国内でマッチングサービスが盛り上がってきているところから、弊社としても始めようということでサービス開発に着手しました。

実はwithって、最初にβ版としてリリースした時はスマホアプリがなくて、WEBだけだったんですよ。プロジェクトの進め方として、先にWEB版を作っておいた方が、後にアプリ版を作るときに、よりクオリティを高めて制作できる、という戦略でそのようにしていました。

しかし、機能としては他社が提供しているようなものしかなく、どうしたものかな、どう差別化して進めていこうかな、と正直悩んでいました。

そんな時にちょうどご縁がありDaiGoさんと巡り会うことができました。

タレントとしてではなく、心理学のアドバイザーとしてDaiGoさんにお力添え頂きたく、お声がけさせて頂きました。

そこでやっとwithの独自性を生み出す「恋愛×心理学」という構図が描けるようになったんです。

 

BIG5をベースにしたアプリ設計

 

--withではどのような心理学的手法を用いられているのですか?

園田氏:「BIG 5(ビッグ・ファイヴ)」(※)と呼ばれる、心理学の世界で最も信頼性の高い性格分類を基に設計しています。

他にもエニアグラムなど複数のアプローチを検討しましたが、最終的にはDaiGoさんがオススメするBIG5を採用することにしました。

 

※BIG 5:パーソナリティの特性論で、人間が持つさまざまな性格は開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向)組み合わせで構成されるとするもの。

 

--なるほど。そのBIG5理論が、withの中で実施される性格診断に反映されているわけですね。

園田氏:はい。

例えばwithの代表的な性格診断イベントである「超性格分析」があります。

これは質問に答えていくことで、自分が何タイプかがわかり、同じく診断イベントを受けた相手が何タイプかもわかる診断です。このタイプを弾き出すのは、BIG5の理論をベースにしています。

 

--僕が以前アプリでやった時は、「慈善家タイプ」と出てきました。

園田氏:この「超性格分析」だと、診断を受けた人は25タイプのいずれかに分類されます。哲学者タイプ、芸術家タイプ、貴族タイプ、仲介者タイプなど、その人を最もよく表すタイプで分類されます。

そして、自分が該当するタイプと相性が良いとされるタイプのお相手を、アプリ内で確認することができるようにしています。

 

--相手のことだけでなく、自分のこともよくわかりそうですね。

園田氏:おっしゃる通り、withの中の性格診断イベントを複数実施することで、ご自身のことを知るきっかけにもなるかなと考えて設計しています。

 

女性視点の設計を心がけています

 

--このようないわゆる性格相性テストといったコンテンツは、特に女性の方が好きそうですね。

園田氏:そうなんです。こういったマッチングサービスって、一般的には男性が集まりやすいのですが、withは女性が使いやすいように、DaiGoさんと話し合い、女性視点のデザインにもこだわりました。

 

--女性視点のデザインとはどういったものなんですか?

園田氏:色々とあるのですが、すぐにご紹介できるところでいうと、なるべく写真やイメージを多く使うようにしています。

男性脳・女性脳の考え方なのですが、男性ってグラフや図を通じて理解するのが得意なのですが、女性は写真やイメージを通じて雰囲気から共感することが得意なんです。

例えばwithには「共通点」という機能があります。共通点は単純に文字だけで表現することも可能ですが、女性視点のデザインを意識した結果、背景に項目に応じたイメージ写真を配置するようにしました。

 

--全部、パッと見たイメージで何が共通点かわかりますね。

園田氏:この「共通点」という機能はDaiGoさんとしても必須ということで、実装しました。「共通点」が多ければ多いほど、人はお相手に好意を持ちやすいという傾向がありますからね。

 

--DaiGoさんのご意見がやはり随所に散りばめられていらっしゃいますね。DaiGoさんはどのようにプロジェクトに携わっていらっしゃるんですか?

園田氏:ケースバイケースですが、アプリのリリースのタイミングはもちろんガッツリと入っていただきましたし、今でも毎月弊社にお越しいただいて、性格診断イベントの企画だったり、アプリの改善についての相談にのっていただいたりしています。

 

--毎月って、結構頻度としては高いですね!

園田氏:お忙しい方ですが、何かとご協力いただいています!

 

》後編記事につづく

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは