精子をスマホでセルフチェックする時代《後編》

インタビュー

 株式会社リクルートライフスタイルが開発する、スマホで精子をセルフチェックできるサービス「Seem(シーム)」。男女共に妊娠を「自分ごと」として認識してもらうための第一歩として、男性の妊活参加ハードルを低くすることを目的に作られたプロダクトだ。

 前編では、Seemサービス開発責任者である入澤諒氏に、サービス開発の経緯や思い、これからの展開についてお話を伺った。

 後編では、実際にSeemを使われたユーザー2名に、それぞれお話を伺った。

》前編記事はこちら

佐藤亮太(さとう りょうた)氏
27歳。都内在住。職業はスマホアプリの企画/ディレクター職。
同年齢の奥様と結婚。2018年に第一子が誕生。

山口順通(やまぐち まさみち)氏
40歳。都内在住。職業はWEBサービスプロデューサー。
10歳年下の奥様と結婚。2017年に第一子が誕生。

 

精子の運動率がWHOの基準値以下でした

 

--最初に、お二人のSeemご利用歴について教えてください。まずは佐藤さん、お願いします。

佐藤氏:Seemを知ったのは2015年末ですね。当時はリリース前のモニター参加者を募集していて、知り合い経由で知りました。そこでスマホで精子をチェックできると聞いて、「自分の精子を見てみたい」という純粋な好奇心があって使ってみました。

 

--その頃、妊活はされていましたか?

佐藤氏:いや、当時は僕と妻の二人とも25歳でして、妊活はしていませんでしたし、しようという流れも特にありませんでした。

ただ、20代で子供ができたらいいね、とは前々から話していましたね。

 

--なるほど。ご自身の精子をスマホで見られた結果、いかがでしたか?

佐藤氏:Seemでは精子の「濃度」と「運動率」を測り、WHO(世界保健機関)が提示する基準値と比較できるのですが、僕の場合、運動率がWHOの基準値をちょっと下回っていました。

あれっ、と思ってもう一度測ってみたら、なんと、さらに結果が悪化しまして。

日を改めて3回目を実施したところ、ようやくWHOの基準値を上回りました。

 

--その後医療機関には行かれましたか?

佐藤氏:モニターということで実はその頃から入澤さんとは話していました。入澤さんには、医療機関でちゃんと検査したらより安心できるよとアドバイスされましたが、まだそこまでじゃないかなと思い、病院には行きませんでしたね。

ただ、Seemでの測定を機に妊活や不妊治療のことについて色々と調べたり、夫婦で少し具体的なことを話すきっかけになりました。

 

閉塞性無精子症という診断でした

 

--次に山口さんのSeemご利用歴について教えてください。

山口氏:僕も同じく、2015年末にモニターとしてSeemを利用しました。その少し前あたりから妻と「妊活を始めようか」という会話をしていたので、ちょうど良いタイミングでした。

最初使ってみると、Seemの画面上に動くものが何もなかったんです。おかしいなと思ってもう一度計測しましたが、やはり何も動いていない。

入澤さんに確認してもらったところ、「ちゃんと医療機関に行って診てもらった方がいいです」ということになりました。

 

--いきなり何も映らないと焦りますね。

山口氏:そうですね。その日のうちに医療機関での検査を予約しました。

医療機関では精液検査と、血液を採取しての染色体検査が行われまして、即日でまず精液検査の結果が出てきました。Seemと同じく、精子の数はゼロでした。

無精子症であることはほぼ間違いなく、染色体検査の結果を待っての正式診断とのことで、1ヶ月ほど待ちました。

結果として染色体に異常はなく、「閉塞性無精子症」と診断されました。

手術をして精子を取り出すことで子供ができる可能性がある、ということを教えていただき、すぐに高度生殖医療である顕微授精をすることになりましたね。

 

--時系列としてはどれくらいのスピード感だったのでしょうか?

山口氏:Seemを使ったのが2015年11月下旬で、医療機関で最初に検査を受けたのが12月上旬。そのあと手術を1月にすることになりました。

もともと男性にも不妊の原因があること自体は知っていましたが、まさか自分が当事者になるとは思っていなかったので、早く知ることができて本当に良かったと、今でも感じます。

 

男性より女性の方が何倍も大変ですよ

 

--お二人ともSeemでの測定をきっかけにご自身の精子の状態を知られたワケですが、結果に対しての奥様の反応はいかがでしたか?

山口氏:あー、そうなんだー、という感じです。あまり大きな反応というわけではなかったです。まあ最初から二人で病院に行っていたので、ある程度お互いに想定していた、というのがあると思います。

佐藤氏:僕の場合は明確な問題があったわけではなかったので、こんなアプリがあってこういう結果だったよ、という雑談的な会話でした。妻もすごく驚いたわけではなく、自然とできない可能性があるのなら、まず何から始めよっか、という感じの反応でしたね。

Seemでの測定をきっかけに、「来年くらいから子作り始めよう」という流れになりましたね。

 

--お二人とも、奥様がサバサバした印象ですね。夫婦のコミュニケーションで何か変化はありましたか?

佐藤氏:先ほどもお伝えした通り、これをきっかけにお互いに不妊治療や妊活のことを少しずつ調べ始めまして、主に妻がリードして、妊娠までのスケジュールを決めていきました。仕事も含めて、いつまでにできなかったらこうしよう、みたいな内容ですね。

僕はどちらかというと、妻の提案にいつもついていった感じです(笑)

 

山口氏:うちは顕微授精をすることになったので、僕よりも妻の方が負担が大きくなりまして、色々とフォローできるところはフォローするように気をつけました。

男性の僕は1日手術をして精子を取り出せばいいのですが、妻は採卵のために排卵誘発剤の注射をしたり、都度医療機関に行く必要があるなど、何倍も大変そうでした。妻は妊活の記録をブログに記しているのですが、通院回数は実に36回にものぼりました。

妊活1ヶ月で不妊治療はじめてみました。

https://ninkatsu-panda.blogspot.com/

 

山口氏:僕にできることとしては、できるだけ病院に同行するなどしてましたね。特に自分で自分に注射を打つことの抵抗が大きかったようで、注射が一番のストレスだったようです。

 

--自己注射は潜在的に苦手な方は多いですよね。ちなみに手術は、痛いものでしたか?

山口氏:全身麻酔をかけられるので手術中の痛みは一切ないのですが、術後1週間ほどは、外傷の痛みと下半身の鈍痛の両方がありましたね。男性特有の、お腹の下あたりがじわーっと痛くなる感覚です。

まあそれでも、男性はせいぜい1週間の痛みなので、大変さでいうと大したことないのが正直な感想です。

 

生まれてから、もう一人もいいねってなりました

 

--二人目については考えていらっしゃいますか?

山口氏:もうすぐ作りたいと思っています!

手術では試験管約8本分の精子が取り出され凍結保存されたのですが、まだそのうちの1本分しか使っていないので、計画的に子作りしていきたいと思っています。

 

--もう少し詳しく教えてください。

山口氏:当時、妻から12個の卵を採卵して、それに対して僕の精子を試験管1本分だけ解凍して受精させました。僕たちの場合はそれで5〜6個の受精卵ができまして、それをまた凍結保存しました。

それから3ヶ月ほど子宮を休ませた後に、子宮内へ戻す胚移植を実施しました。その際に解凍した受精卵は1個なので、まだ残りの受精卵があります。また、精子も試験管7本分がまだ残っているので、確率論的に子供はもう一人できるだろうと。

凍結保存されているからこそ、計画的に進められるという側面がありますね。

妻も働きたいと言っているので、あまり間を空けずに授かりたいと思っています。

 

--すごく計画的な妊活ですね!佐藤さんはいかがですか?

佐藤氏:僕たちはまだ2人目はなんとも言えませんね。

子供を授かる前までは1人で十分とお互い思っていましたが、生まれてからは、もう一人もいいねとなってきました。

まだ分からないです。

 

技術が進化しているので、もっと頼った方が良い!

 

--Seemに出会ってなかったら、どうだったと思いますか?

佐藤氏:少なくとも、今現時点で子供がいなかった可能性が高いと思っています。知ることがきっかけになったのは大きいですね。

それと「Seemで調べてみる」と「病院に行って調べてみる」とでは、やはりハードルがだいぶ下がりますね。

「病院に行って調べて」と言われると、どうしても義務的な感じになり、足取りも重くなると思います。でもSeemなら、より手軽で気軽に調べることができて、それも大きかったなと感じます。

自分で気付けるきっかけになったな、と思います。

 

山口氏:同じく、僕たちももっと苦労していたと思います。

ネット上の情報で色々なことを試しながら、遠回りもして、今よりも1〜2年はロスしている可能性が高いと思います。

早い段階で僕に原因があることが確認できて、本当に良かったと思います。

 

--ありがとうございます。最後にLove Tech Mediaの読者に向けて一言お願いします!

佐藤氏:男性は妊活に参加する意識をなかなか持ちにくいと思いますが、Seemであれば気軽に簡単に自分の精子の状態をチェックできるので、まずはお近くのドラッグストアやネットショップなどで買われて試してみていただければと思います!

山口氏:技術が進化しているので、もっと頼った方が良いと思います。知らないことで色々な苦労やストレスがかかるのは、世の中的にもったいないと思うので、ぜひ多くの方にSeemを知ってもらいたいと思います!

 

編集後記

今回は精子をスマホでセルフチェックできる「Seem」を軸に、提供者としての思いと、サービス利用者のその後の人生について、前編・後編でお届けしました。

 

子供は天から授かりしものですが、その確率を上げるのは、適切な情報を元にした適切な行動だと、改めて感じました。

 

インタビューでもありました通り、男性はなかなか妊娠への関与に実感が持てないものと感じます。

 

ぜひ一人でも多くの方がSeemを通じて、「子供を授かること」について自分ごとに考えられるようになると、もっと幸せな夫婦が増えると感じます。

 

最後に、後編のインタビューでお話いただいた佐藤夫妻と山口夫妻が出演するSeemのコンセプトムービーがあるので、以下も併せてご覧ください。

 

THE FAMILY WAY

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは