超プロボノチーム「PLAYERS」がテクノロジーで見える化する社会の”やさしさ”《前編》

インタビュー

 妊婦、ベビーカー利用者、視覚障がい者、聴覚障がい者、車椅子利用者、ヘルプマーク使用者、外国からの旅行者、そのほか身体の不自由な人たち。

 ユニバーサルデザインが初めて提唱されて久しいにもかかわらず、街は未だに、万人に優しいつくりになっているとは言い難い。駅一つ見てみても、階段ありきの設計となっている古い路線では、車椅子に乗った方の行動範囲を極端に狭めている。また、ホームの設計は未だに改善の見通しが立っていない駅が多く、例えば視覚障害者にとっては、常に転落事故の危険にさらされている。

 建物や設備などのハード対応に時間がかかるようならば、人々によるコミュニケーションというソフトで対応するべきだろう。

 本記事では、テクノロジーを活用して社会の”やさしさ”をデザインする一般社団法人PLAYERSの取り組みについてお話を伺った。なんと、メンバー全員が本業をもちながら、PLAYERSの活動をしている。それにもかかわらず、大手企業とのコラボレーションによるプロトタイプ開発や実証実験を進めているという、”超”プロボノ集団なのである。

 まず前編では、PLAYERSを主宰されるタキザワケイタ氏に、これまでの経緯や活動内容についてお話を伺った。

 

最強打線によるワークショップ実験が始まり

 

--まずは主宰されているPLAYERSについて教えてください。

タキザワケイタ(以下、タキザワ氏):PLAYERSは「一緒になってワクワクし 世の中の問題に立ち向かう」をスローガンに掲げているチームでして、現在は25名ほどのメンバーで構成されています。

全員が本業を持ちながら、ボランティア・プロボノとして活動しています。

 

--全員が本業を持っているって、すごいですね。タキザワさんは普段、どんなお仕事をされているのですか?

タキザワ氏:私は普段は広告代理店のワークショップデザイナーとして、新規事業開発・ブランディング・人材育成・組織開発など、企業が抱える課題の解決に向け、ワークショップを実践しています。

 

--まさにパラレルキャリアを実践されているんですね!元々はどんなきっかけでPLAYERSを設立されたのですか?

タキザワ氏:最初のきっかけは2016年に実施されたGoogle主催の「Android Experiments OBJECT」というコンテストでした。Androidを活用したIoTデバイスのアイデアを競うものです。

もともとこのコンテストに応募したのは「ハイレベルなメンバーだけでワークショップをやったら、どんな場やアウトプットが生まれるのか?」を実験してみようと思ったことがきっかけでして、各分野の第一線で活躍する知人に声をかけていきました。

 

--タキザワさんの中で最強打線を組まれたワケですね。

タキザワ氏:はい。最終的には10名のチームが誕生し、3回のアイデア創発ワークショップを行ないました。そのワークショップから生まれた10個のアイデアを応募したのですが、結果として「スマート・マタニティマーク」と「Chronoscape」の2作品でグランプリを受賞しました。

 

マタニティマーク問題を解決したい

 

スマート・マタニティマーク コンセプトムービー

《スマート・マタニティマーク》

立っているのがつらい妊婦さんと、席をゆずりたいと考える人をマッチングするサービス。妊婦さんがデバイスを ON にすると、アプリをインストールしている周囲のサポーターのスマホに「近くにいます通知」が届く。サポーターから「席をゆずります通知」を送ると、妊婦さんのデバイスが点滅し、席譲りのマッチングが行われる。

 

--スマート・マタニティマーク、素敵なアイデアですよね。この構想は何がきっかけだったのですか?

タキザワ氏:以前、妻が妊娠中に切迫流産になり、安静にしていなければならない状態になりました。病院での診察からの帰りの電車が、帰宅ラッシュにあたってしまったんですね。

その時にビジネスマンの方が席を譲ってくれ、大変ありがたかったです。と同時に、今まで自分自身が妊婦さんやマタニティマークへの知識が乏しく、席譲りをできていなかったことに気づかされました。

 

--さらに、マタニティマークをつけていると逆に危険だ、みたいな社会の流れって、一時期ありましたよね。

タキザワ氏:まさに、マタニティマークに関するネガティブな記事がバズっていた時期です。

私には娘と息子がいるのですが、この子たちが将来大人になった時に、今のままでは恥ずかしい。もっとやさしい社会になってほしいと思いました。それがスマート・マタニティマークを考案するきっかけですね。

 

やさしさから やさしさが生まれる社会へ

 

--PLAYERSさんのホームページを拝見すると、&HANDというプロジェクトが出てきます。これは何なのでしょうか?

 

タキザワ氏:先ほどのGoogle主催のコンペで賞をいただけたことで、プロトタイプを開発し「MEDIA AMBITION TOKYO 2017」という展示会で発表しました。

その中で、妊婦さんから「早く実現してほしい」という要望を頂いたり、すでにご出産された方から「自分が妊娠中に使いたかった」という声をたくさん頂戴しました。

さらに、妊婦さんだけでなく障害者の方向けにも応用できないか、というお声も頂きまして、このアイデアをプロトタイプで終わらせずに、社会実装を目指そうと考えました。

これが「&HAND(アンドハンド)」プロジェクトです。

&HAND コンセプトムービー

 

--視覚障害者の方・聴覚障害者の方・車椅子の方・義足の方・ヘルプマークをお持ちの方・訪日外国人の方など、サポートが必要な方を対象とされていますね。使う技術としては共通なのでしょうか?

タキザワ氏:スマート・マタニティマークは専用アプリだったのですが、それをLINEアプリに変更しました。また、対象者によって仕様の違いはあるのですが、基本的なシステムは共通しています。

手助けを必要とする人はBeaconデバイスを携帯し、必要な状況でONにすると、周囲のサポーター(手助けをしたい人)の LINE にメッセージが届きます。サポーターはChatBotを通じて手助けを必要とする人の状況が分かり、具体的な行動を起こすことができる、という仕組みです。

これを今度は2017年に実施されたLINE BOT AWARDSに応募し、グランプリを頂きました。

 

システムエラーは人の想いで乗り越えられる

 

--昨年、&HANDとして銀座線で実証実験されてましたよね?

タキザワ氏:&HANDのビジョンやアイデア、PLAYERSの活動に共感いただいた大日本印刷・LINE・東京メトロさんと、2017年12月に東京メトロ銀座線で立っているのが辛い妊婦の方と、席をゆずる意思のある周囲の乗客をつなぐ「LINEで席ゆずり実験」を実施しました。

 

--各所でニュースになってましたよね。

タキザワ氏:おかげさまで多くのメディアに取り上げて頂きました。

実証実験の結果としては、&HANDのLINEアカウントへの友だち登録数は11,415人、その中からユーザー登録して頂いたのが6,149人、実験に参加して頂いたサポーターが約270人となり、妊婦さんとのマッチング率は87%となりました。

電車1編成あたり3.2人のサポーターが乗車しており、予想以上の成果を出すことができました。

 

--何か想定外のことはありましたか?

タキザワ氏:Beaconの電波が思うように飛ばなかったり、サポーターがLINEで座席の位置を伝える際に押し間違えるなどの想定外のエラーが発生したのですが、LINEによって妊婦さんとサポーターがつながることで、お互いが自発的に行動して席ゆずりをおこなっていました。

システムよりも人の想いが大切だということは、この実証実験での一番の気づきです。

 

--素敵なエピソードですね。

&HAND「LINEで席ゆずり実験」結果

 

タキザワ氏:スマート・マタニティマークについては、実証実験の結果をもとに、今後さらに改善を行っていきます。

 

--PLAYERSさんでは、他にもいろいろなプロジェクトが進んでいるかと思いますが、現在どのようなものがあるのでしょうか?

タキザワ氏:今は大きく二つのプロジェクトが走っています。

 

》後編記事につづく

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは