台湾の音楽制作企業、新生児用音響システム玩具『ばななドラゴン』を開発。提供受付を開始

妊娠/出産

記事の要点

・胎内環境を再現する音とリズムで赤ちゃんの寝かしつけを助ける新生児用音響システム玩具『ばななドラゴン』が今夏より発売。それに先駆け、クラウドファンディング【GREEN FUNDING T-SITE】で開発支援の募集をスタート。支援者には、ばななドラゴンを特別価格で先行提供。

 

・開発・製造元は台湾の音楽制作企業・Quantum Music Lab.社。エンジニア、工業デザイナー、音楽クリエイターがチームを組んで製造。

 

・泣いている新生児の心拍数がおよそ180回/分の状態なのに対し、「ばななドラゴン」起動後は 1分以内に脈拍が120回以下、つまりは赤ちゃんの睡眠時の心拍数まで低下したデータが提示されている。

LoveTechポイント

赤ちゃんの寝かしつけは骨の折れる育児TODOなので、エビデンスのある寝かしつけ支援ツールはとても助かりますね。

専門的な知見を元に製造された音で、赤ちゃんを良質な睡眠に誘う点が、LoveTechなプロダクトだと感じます。

編集部コメント

「音響学」という学問をご存知だろうか。

 

音の発生から伝播、私たちが感じる音響感覚、騒音など、音に関するあらゆる現象を扱う学問であり、元々は物理学の一部門として始まったものだが、その後心理学や生理学,計算機科学など多くの分野を取り込んで発展した経緯がある。

 

例えば1936年に設立された一般社団法人日本音響学会は、音声、聴覚、騒音・振動、建築音響、電気音響、音楽音響、超音波、アコースティックイメージングの8分野に分かれて組織されており、それぞれが各分野で多くの研究成果を上げている。

 

そんな音響学の知見を「赤ちゃんの寝かしつけ」に応用したプロダクトが、台湾よりリリースされた。

 

その名も、新生児用音響システム玩具『ばななドラゴン』。赤ちゃんの寝かしつを助けてくれる音響グッズだ。

 

こちらを開発製造するのは、台湾にある音楽制作企業・Quantum Music Lab.社。科学技術産業・研究開発チームに長年在籍した音楽プロデューサーや、上述の音響学のエキスパートといったメンバーで構成されており、専門の音楽制作以外にも、ハイテク機器を組み合わせたエンタメ色ある製品開発にも力を注いでいる企業である。

 

この「ばななドラゴン」。実は前身となる商品『ばななイルカ』が2015年に台湾でリリースされており、クラウドファンディングサイト登場後、2ヶ月も経たないうちに1,000件を超える支援を集めるという話題っぷりだった。今回の「ばななドラゴン」は、この「ばななイルカ」に改良を加えた最新モデルだという。

「ばななイルカ」(Quantum Music Lab.社ホームページより)

 

ポイントは「胎内環境を再現する音とリズム」にある。

 

胎児は母体の胎内で約10ヶ月を過ごすのだが、この間、胎児は羊水の中で揺られ、母親の血流音などのノイズに溢れた環境で過ごす。その後出産を経て、新生児として突如、私たちが生活する空間へと出てくるわけだ。要するに赤ちゃんにとって出産前後は、劇的な環境変化の真っ只中という見方ができる

 

もしかしたら泣いている理由はこれかもしれない。

 

そのような仮説から、胎内と同じ環境を再現する音とリズムの制作に着手したという

 

『ばななドラゴン』では3つのカテゴリーに合計50種類もの豊富な音が収録されており、赤ちゃんによりフィットする音が見つかりやすいようになっている。

  • 合成音ノイズ ・・・ 6種類
  • 環境、生活音    ・・・ 13種類
  • クラシック子守唄 ・・・ 31種類

 

以下が、使用前後の新生児の心拍数を測定した結果。泣いている新生児の心拍数がおよそ180回/分の状態なのに対し、「ばななドラゴン」起動後は 1分以内に脈拍が120回以下に下がっている。これは通常、赤ちゃんの睡眠時の心拍数であり、ここからも、様々なホワイトノイズ発生器の音に比べて本プロダクトがより胎内音に近く、刺激も少ない優しい音色で、新生児の寝かしつけに効果的であることがわかるだろう。

 

また、外側のカバーは赤ちゃんの肌にもやさしいポリエステル100%なので、ヨダレや食べ物で汚れてもすぐに取り外して洗うことができる。

 

製品仕様は以下の通り。

  • サイズ:  155 x 90 x 70mm (ぬいぐるみ除く)
  • 重量:  180g (電池含む本体) + 70g (ぬいぐるみ)
  • 材質:  非再生ポリエステル繊維 (カバー)、ABS樹脂 (本体)
  • 付属品:  カバー1種類
  • 電源:  単三型乾電池またはmicro USBコネクタからの給電(※乾電池、micro USBケーブルは付属しておりません)
  • 原産国:  台湾

 

まずは、クラウドファンディング【GREEN FUNDING T-SITE】にて支援金の募集を行い、支援者には、一般発売に先行して特別価格で提供する流れとなっている。

https://greenfunding.jp/clmcloudfunding/projects/3361

 

  • 2020年5月29日(金) GREENファンディング支援募集開始
  • 2020年7月31日(金) GREENファンディング支援募集終了
  • 2020年8月下旬 支援者へお届け

 

赤ちゃんの寝かしつけに困っている親御さんは、今回のクラウドファンディングが実質的な先行販売となるので、支援をしてみてはいかがでしょう。

 

以下、リリース内容となります。

LoveTechMedia編集部

「”愛”に寄りテクノロジー」という切り口で、社会課題を中心に、人々をエンパワメントするようなサービスやプロダクトを発信しています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは