保護者と共にこれからの教育を考える『新時代教育FEST』、11/3にハクシノレシピが主催

育児/教育

記事の要点

・3歳からのレシピのない実験型料理教室『ハクシノレシピ』が、令和元年11月3日(日)、教育イベント『新時代教育FEST』を開催。

 

・AI時代における子どもの「学び」について、じっくりと考える3部構成コンテンツ。

 

・イベントのメインコンテンツは保護者の方向けとなっているが、トークセッション中、子ども向けに特別なワークショップも用意している(対象年齢:3歳〜12歳)。

LoveTechポイント

料理という、これまで教育効果の可視化されていなかった領域で、子ども達の可能性を最大限引き出すカリキュラム設計をしているハクシノレシピは、まさにLoveTechな企業だと考えています。

当メディアも協賛しておりますので、事後レポートをお楽しみに!

編集部コメント

令和元年11月3日(日)、“新時代教育”をコンセプトとする面白い教育イベントが開催される。

 

その名も『新時代教育FEST』。

 

「幼児期から始める自立思考のレシピ」という副題が付いていることからもお分かりの通り、3歳からのレシピのない料理教室『ハクシノレシピ』が主催する1Dayイベントとなっている。

 

子どもの創造可能性を引き出す新しいアプローチの教育サービスとして、当メディアでも以前、同社を取材させていただいた。

 

当日は3部構成となっており、AI時代における子どもの「学び」について、じっくりと考える時間となっている。

15:00~15:50 新時代教育セッション(STEMON×Think!Think!×クランテテ)

AI化が進み、20年後には今ある職業の半分以上が無くなると言われているこの時代。子ども達が今学ぶべき力とは?家庭で取り組むべきことは?ハクシノレシピが新時代の教育に力を入れる3社をお招きし、徹底討論いたします。
(ゲストスピーカー)
株式会社ヴィリング 代表取締役 中村一彰 様
株式会社花まるラボ 公教育事業統括 金成東 様
株式会社学研塾ホールディングス 経営企画本部 シニアディレクター クランテテ三田 副校長 西村文孝 様
(モデレーター)
株式会社Hacksii 代表取締役 髙橋未来

 

16:20~16:50 ユーザーセッション

「ハクシノレシピって実際どうなの?!」現在定期コースをご利用いただいているユーザーさんにご登場いただき、ハクシノレシピについての本音を語っていただきます!

 

17:20~17:50 アドバイザーセッション

ハクシノレシピのアドバイザーを務める元Apple米国本社副社長の前刀禎明氏をお招きして、これからの時代にビジネス領域で活躍するためにはどのような力が必要なのか、その力はどうやったら身につくのか、など徹底的にお話をお聞きします!会場からの質問も大歓迎の、インタラクティブなセッションです。

 

イベントのメインコンテンツは保護者の方向けとなっているが、トークセッション中、子ども向けに特別なワークショップも用意しているという(対象年齢:3歳〜12歳)。

ちなみに、こちらは先着順となっているので、ご注意いただきたい。

 

教育の新潮流としてはEdTechトレンドをイメージする方も多いだろうが、単純で安直なテクノロジー活用が教育をアップデートさせるのではなく、既存のシステムにフィットさせる形でテックを“プラットフォーム”としてしっかりと活用できてこそ、真のEdTechであり、new wave of Educationであると言えるだろう。

 

ハクシノレシピが題材とする“料理”は、古くからなされていた行為であるものの、これまで教育観点で想定されていないリソースだったので、まさに“教育未利用資源”活用プラットフォームと言えるだろう。

 

以下、イベント概要である。

新時代教育FEST

日時 :2019年11月3日(祝) 15時00分〜18時00分(開場:14時45分)

場所 :クランテテ三田(https://clantete.com/)東京都港区三田1-3-31 FORECAST三田3F

参加費:無料

主催 :ハクシノレシピ

 

お子様連れで参加できる教育イベントということで、これからの教育を“我がごと”として考えたい親御さんは、ぜひ参加していただきたい。

 

以下、イベント詳細ページとなります。

 

LoveTechMedia編集部

363,811 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは