かざすAI図鑑アプリ「LINNÉ LENS」が日本の動物園の生き物9割超に対応!

社会課題

LoveTech Media編集部コメント

スマートフォンをかざすだけで生き物の名前が瞬時にわかり、あわせて基本情報、体長・体重、生息地、分布、絶滅危険度、生き物がいる施設も確認できる「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」。

 

これまで国内水族館の約9割、世界の犬325種類、猫約90種と、今年8月のリリースからすごい勢いで対応生物を広げてきた。

(参考記事:川や海の生き物がわかるAI図鑑アプリ「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」リリース

 

この度のアプリバージョンアップで、今度は国内動物園の約9割に対応し、全90の動物園一覧を追加した。

 

複数の動く個体を瞬時に、同時に識別できる秘密は、独自に開発した機械学習の推論アルゴリズムをiPhoneの端末上で回しているため(特許出願中)。通信の遅延なく、電波の悪い場所や、ネットに接続していない状況でもリアルタイムの認識が可能とのこと。

 

「世界中の動植物を瞬時に識別し、誰もが専門家のように世界の豊かさを解釈できるアプリ」を目指すLINNÉ LENS。

 

ぜひ一度お試しいただきたい。

 

以下、リリース内容となります。

モバイルAI/ARシステムの企画・開発・運営を行なうLinne株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役共同経営者: 杉本謙一・ヤン ヒチャン)は、日本の動物園の生き物の9割超(*1)に対応し、全90の動物園一覧を追加した「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」バージョン1.0.5を本日リリースしました。

LINNÉ LENSではスマートフォンをかざすだけで生き物の名前が瞬時にわかり、あわせて基本情報、体長・体重、生息地、分布、絶滅危険度、生き物がいる施設もご確認いただけます(掲載情報は生き物の種類により異なります)。認識した生き物は自動で写真が記録され、世界に一つだけの図鑑を作れます。新たに追加された全国の動物園一覧を参考に、秋の行楽シーズンに最寄りの動物園でお楽しみください。

複数の動く個体を瞬時に、同時に識別できる秘密は、独自に開発した機械学習の推論アルゴリズムをiPhoneの端末上で回しているため(特許出願中)。通信の遅延なく、電波の悪い場所や、ネットに接続していない状況でもリアルタイムの認識が可能です。加えて動物園の檻越しでも生き物を正確に識別するため、主要動物園において展示生物ごとに撮影した動画をDeep Learningで学習し、認識エンジンを最適化しました。Apple A12 Bionicを搭載したiPhone XS, XS Max, XRはもちろん、従来のiPhoneでも最新のiOS12ではリアルタイムの認識体験をより快適にお楽しみいただけます(端末はiPhone 6s以上を推奨)。

「LINNÉ LENS」は「世界中の動植物を瞬時に識別し、誰もが専門家のように世界の豊かさを解釈できるアプリ」を目指しています。2018年8月13日にリリースした第一弾の水族館を皮切りに、世界の犬・猫、動物園と認識対象を拡大してきました。今後も認識精度、対象を継続的にアップデートしてまいります。Androidは準備中です。

(*1) 日本動物園水族館協会掲載の動物園の飼育動物1,912種に対するカバレッジ

■「LINNÉ LENS」概要
サービス名:LINNÉ LENS(リンネレンズ)
サービス開始日:2018年8月13日(月)
利用料 :ダウンロード無料
お試し無料(1日10種まで)
LINNÉ LENS PROプラン別利用料(1ヶ月 360円, 3ヶ月 720円, 12ヶ月 1450円)
対応言語:日本語・英語
動作環境:iOS11.2以降、iPhone(Androidは準備中)
URL  :https://lens.linne.ai/
Video   :https://youtu.be/ru2eoh4bMtU

■「LINNÉ LENS」運営会社
会社名: Linne株式会社
代表者: 代表取締役共同経営者: 杉本謙一・ヤン ヒチャン
所在地: 東京都渋谷区恵比寿西2-19-9 フランセスビル 1F,2F
事業 : 人工知能プログラムの研究開発ならびにモバイルAI/ARシステムの企画・開発・運営
URL : https://linne.ai/

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは