お手伝いを通じて地域ファン創出を狙う「おてつたび」、β版サイトをリリース

社会課題

LoveTech Media編集部コメント

地域と地域外の人、双方を「お金ではない関係性」でつなげる「おてつたび」。

 

“お手伝い”を通じて地域のファン(関係人口)を創出しようという、新たな地域創生のアプローチを仕掛けるスタートアップ企業だ。

 

これまで同サービスはクローズドな形で運営検証されてきたが、本日よりβ版としてオープンリリースされた。

 

「知らない地域へ行きたい!」「地域を知りたい!」と思っている地域外の人は、交通費や宿泊費なしで地域に行き、旅館などの宿泊施設でのお手伝いを通じて地域の観光資源や人々に触れ、インターネット上では知りえないその地域の文化や風土を学ぶことができ、結果として地域のファンになっていくことが期待される。

 

また宿泊施設にとっても、人手不足解消などの課題解決だけではない、新しい視点の発見や刺激につながる。外部の視点は非常に貴重だ。

 

おてつたびに参加したい方は、申込後に、まずはテレビ電話にて簡単なヒアリングを行い、その上で希望の地域でのおてつたび案件が発生したら、順次案内してマッチングさせていく、という流れになる。

 

Love Tech Mediaでは今回のβ版構築をまたいでの取材をさせていただいた。

以下は前編である。

 

近く後編記事も公開予定なので、お楽しみに!

 

地域創生の起爆剤として、おてつたびの今後の展開に期待したい。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

地域のお手伝いを通じて地域のファン(=関係人口)を創出する”おてつたび”を運営する株式会社おてつたび(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:永岡里菜、以下「おてつたび」)は、1月30日にβ版サイト(https://otetsutabi.com/)をオープンしました。受け入れ先である宿泊施設や自治体を募集しています。

おてつたびとは?

おてつたびは、人手不足やPR不足等で困っている地域の方と、「知らない地域へ行きたい!」「地域を知りたい!」と思っている地域外の若者をマッチングし、気づいたら地域のファン(=関係人口)が創出できているサービスです。若者は自分の得意やスキルを活かしたお手伝いを通じて地域にぐっと入り込む中で地域の方と深い関係ができ、気づいたら自分にとっての特別な地域が出来ている、そんな”新しい旅”の形を提案しています。

地域側の受け入れ先は、現在旅館や民宿等の宿泊施設をターゲットとして実施しておりますが、随時宿泊施設以外の事業者や地域のイベントやアクティビティ等にも対応しつつ、地域の関係人口作りを課題とする各地の自治体や企業と連携し“おてつたび”を展開していきます。

おてつたびの仕組み

宿泊施設は交通費を含めた滞在費を負担し希望する人々を受け入れ、その人々は施設の運営や接客などをお手伝いします。「お手伝い」という共同作業を通じて自然と地域の方々と交流できることで、インターネット上では知りえないその地域の文化や風土を学ぶことができ、宿泊施設にとっては課題解決だけではない新しい視点の発見や刺激となります。おてつたびでは、お手伝いに来た方が、一連の交流を通してその地域のファンになり、SNS等を中心に日常の生活のコミュニティの中でその地域の魅力を発信し、新たなファンづくり(=関係人口の拡大)の起点となることを期待しています。

サービスへの想い

日本には、まだまだ驚くほど魅力あふれる地域であふれています。「行ってみたいけど、交通費が高くて、、」や「まだ何があるか分からない地域へ一人で行っても楽しめるかなあ、、」そんな”一見何もなさそうに見えてしまう地域へ行く際の”足かせになっている思いや不安をなくして、もっと沢山の人が日本各地に気軽に出かけて、地域に入り込み、日本の愛おしいほど豊な魅力を知るキッカケを作りたい!“おてつたび”は、そんな思いから生まれたサービスです。何もなさそうに見える地域ほど面白い。知らない地域に行くから楽しい。おてつたびに行ってくれた方々が、お手伝いを通じて地域にぐっと入り込み、何か素敵な発見や経験をたくさんして、気づいたらその地域が自分にとっての特別な地域になっている、そんな新しい旅の形を提案したいと想い運営しています。

現在、受け入れ施設及びご一緒いただける自治体を募集しております。

現在、おてつたびの受入先、拠点としてご一緒いただける自治体を募集しています。興味がある方は、ぜひお問い合わせ先よりご連絡頂ければと思います。ぜひ、一緒に「誰かにとっての特別な地域」をたくさん作っていきませんか。

参加者の声(※敬称略、五十音順)

青森県鯵ヶ沢(あじがさわ)町

岩手県宮古(みやこ)市田老(たろう)町

長野県山ノ内(やまのうち)町

岐阜県飛騨(ひだ)市|酒造さんでの実施

実際におてつたびに行った際の動画

地域:長野県阿智村(あちむら) / 受け入れ施設:石苔亭いしだ様 

1日のスケジュール

現在は1週間ほどの期間が最も多く、お手伝いの合間に地域を巡れる時間を設けるようにしています。お手伝いを通して地域の方から教えてもらった地域の魅力を空き時間に訪れることが出来るようなスケジュールになっています。

詳細はwebサイトを参照

参加するためには?

β版サイトでは、より楽しんで、おてつたびに参加いていただくため、現在お申込された方には、テレビ電話にて簡単なヒアリングを行っております。

 

株式会社おてつたびについて

私たちは、「日本各地に溢れている地域の魅力を価値に変える」をビジョンに「誰かにとっての特別な地域を作る」をミッションに活動しています。日本には驚くほど愛おしく魅力的なもので溢れかています。ですが、知るキッカケがまだまだ少なく、このまま地域の良さが知られないまま地域が消滅してしまうかもしれない事への悔しさや危機感から起業を決意し「おてつたび」の運営を開始しました。α版を経て、今回β版サイトをオープンしました。

代表プロフィール

 

三重県尾鷲市出身。千葉大学卒業後、イベント企画・制作会社にディレクターとして入社。官公庁・日本最大手のEC企業をはじめ数多くの企業のプロモーションやイベントの企画提案・プランニング・運営を一貫して担当。退職後は、農林水産省と共に和食推進事業を0から作り上げ、全国の市区町村と連携しながら多数の地域へ足を運ぶ。現在は、人手不足やPR不足をきっかけに「地域の人」と「地域外の若者」が出逢うキッカケを提供するサービスを”おてつたび”展開中。人生をかけてでも達成したい事を見つけ、起業を決意。日本中を駆け巡り中

◎出身アクセラレーションプログラム
・孫泰蔵×NPO法人ETIC主催 社会起業家向けプログラム「SUSANOO」5期
・東京都主催 「青山スタートアップアクセラレーションセンター」5期
・楽天株式会社主催「Rakuten Social Accelerator」1期

会社情報

会社名 株式会社おてつたび
代表者 代表取締役CEO 永岡里菜
所在地 〒150-0001東京都渋谷区神宮前5丁目53−67 コスモス青山コスモスサウス3F
設立    2018年7月
URL https://otetsutabi.com/

 

【本件による問い合わせ】
株式会社おてつたび 担当(永石)
mail: info@otetsutabi.com
※創業メンバーやプロボノ・インターン絶賛募集中のため、興味がある方もぜひご連絡ください。

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは