通話内容がリアルタイム文字表示される「みえる電話®」など、『33(みみ)展 by For ONEs』が開催

社会課題

LoveTech Media編集部コメント

3月3日は「耳の日」。

 

そんな耳の記念日にちなんで、「聴覚に障がいのある方の日常の不便さ」をテーマにした体験イベント「33(みみ)展 by For ONEs」が、六本木ヒルズ 大屋根プラザにおいて、3月1日(金)~3月3日(日)の3日間で開催される。

 

このイベントでは、聴覚に障がいのある方の聞こえ方を再現し、健聴者に疑似体験してもらえるコンテンツを用意している。さらに、自分の耳年齢が何歳かをチェックできるフォトジェニックなオブジェや、3月1日(金)にドコモが提供開始する「みえる電話®」を使った落とし物センターのオペレーター疑似体験など、3つのコンテンツが体験できるという。

 

特に、「みえる電話」が面白い。

 

これは、聴覚に障がいのあるドコモ社員が発案した、聴覚に障がいのある方の通話をサポートするアプリで、通話相手の発話内容が自身のスマートフォン画面上にリアルタイムで文字表示される、というサービスだ。

 

文字表示された内容を確認しながら通話できるため、耳の聞こえづらい人でも安心して電話を利用できる。

 

また、ドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行うため、通話相手はアプリの準備が不要だ。

 

2016年10月から提供しているトライアルサービスは非常に好評だったという。

 

上記期間でお時間のある方は、こちらのイベントに参加し、ご自身の耳と向き合ってみてはいかがでしょう。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)は、「For ONEs®」というコンセプトで、一人ひとりが自分らしさを発揮できる社会の実現をめざして、さまざまな取組みを行っております。今回、その活動の一環として3月3日の耳の日にあわせて、「聴覚に障がいのある方の日常の不便さ」をテーマにした体験イベント「33(みみ)展 by For ONEs」を六本木ヒルズ 大屋根プラザにおいて、 3月1日(金)~3月3日(日)までの3日間実施いたします。

日本の18人に1人は聴覚に何らかの困難を抱えていると言われています。※ 今回のイベントでは、聴覚に障がいのある方の聞こえ方を再現して、健聴者に疑似体験いただくコンテンツを用意。さらに、自分の耳年齢が何歳かをチェックできるフォトジェニックなオブジェや、3月1日(金)にドコモが提供開始する「みえる電話®」を使った落とし物センターのオペレーター疑似体験など、3つのコンテンツを体験いただけます。

「みえる電話」は聴覚に障がいのあるドコモ社員が発案した、聴覚に障がいのある方の通話をサポートするアプリで、2016年10月から提供しているトライアルサービスでは多くのお客さまよりご好評をいただきました。

このイベントを通じて日常生活の中で、音を「聞く」ことがどれだけ重要なのか、「聞く」ことができないときに、生活の中には一体どんな不便があるのかということを体験いただくことで、コミュニケーションを創造する会社として、「聞く」ことと「伝える」ことの多様性を改めて考えていただくきっかけの場にしたいと考えております。さらに、イベント終了後、コンテンツの一部をFor ONEsサイトでご体験いただけるようになります。

イベント概要

日時:一般公開: 3月1日(金) 13:00~18:00 / 3月2日(土)3月3日(日)11:00~18:00

会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザ(〒106-0032 東京都港区六本木6-10-2)

体験コンテンツ :
①耳年齢チェック 〜あなたの耳は、何歳の耳?〜
②「聞こえづらい」を聞いてみよう上映会
③「みえる電話」で、「落し物」探し

「33(みみ)展」by For ONEs」

日時: 3月1日(金)13:00~18:00 3月2日(土)3月3日(日)11:00~18:00

会場:六本木ヒルズ 大屋根プラザ(〒106-0032 東京都港区六本木6-10-2)

①耳年齢チェック 〜あなたの耳は、何歳の耳?〜

自分の耳年齢が何歳かをチェックできる8種類のフォトジェニックなオブジェを用意。
健聴者が日常生活ではなかなか意識をするきっかけがない「聞こえる」ということに興味を持っていただくきっかけとなるコンテンツです。

②「聞こえづらい」を聞いてみよう上映会

「聴覚に障害のある方の実際の聞こえ方」を体験出来る上映会。映像コンテンツを通して、日常の中で健聴者と聴覚に障がいのある方の聞こえ方の違いや、聴覚に障がいのある方の生活の不便さを社会課題のひとつとして感じてもらうきっかけとなるコンテンツです。

③「みえる電話」で、「落し物」探し

聴覚に障がいのある方をサポートする取組みの一つとして、3月1日に提供開始するドコモの「みえる電話」活用したコンテンツ。落し物センターのオペレーター役として聴覚に障がいのある方からの問い合わせを疑似体験していただき、 「みえる電話」のサービスを体感いただくコンテンツです。
(「みえる電話」の詳細は次ページ以降ご確認下さい。)

「For ONEs」とは

一人ひとりのお客様に合ったサービスを提供し、より豊かな社会の実現に貢献する活動です。
For ONEsサイトURL https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/forones/

(For ONEsコンセプト)

「みえる電話」とは

通話相手の発話内容がご利用のスマートフォン画面上にリアルタイムで文字表示されるサービスです。文字表示された内容を確認しながら通話を行うことができるため、耳の聞こえづらい方が相手の安心して電話を利用できます。また、ドコモのネットワーク上で通話音声の認識処理を行うため、通話相手の方はアプリの準備が不要です。
https://www.nttdocomo.co.jp/service/mieru_denwa/

■会場へのアクセス
東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結)
都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩4分
都営地下鉄 大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩5分
東京メトロ 南北線「麻布十番駅」4出口 徒歩8分
東京メトロ 千代田線「乃木坂」5出口 徒歩10分

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは