• HOME
  • コンテンツ
  • 福祉
  • オンライン共同財布サービス「Gojo」がグループ内イベントを簡単に作成・管理できる機能をスタート

オンライン共同財布サービス「Gojo」がグループ内イベントを簡単に作成・管理できる機能をスタート

福祉

LoveTech Media編集部コメント

家族やコミュニティでお金をシェアできる共同財布サービス「Gojo(ゴジョ)」。

 

特定の組織に属する人だけに限らず、共通の目的や問題をもった不特定多数の人々を対象にした”互助会”を簡単に設立することのできるアプリケーションだ。

 

共同財布付きのコミュニティを作り、お金をプールすることができ、外部からの支援金を獲得できる。また、皆でお金の使途を決めることができ、SNSコミュニケーションをすることも可能なこのアプリ。

 

今回新たに、アプリ内で簡単にイベントを作成し、集金、管理できる機能を提供開始した。

 

  • イベント管理はしたいけれどPeatixやEventRegistなどの既存サービスを使うレベルのほどでもない
  • Facebookグループでイベントを作っても集金はできない
  • その都度、現場で回収するのは大変だし、そのときにならないと参加費合計がわからない

 

このようなケースを想定しての機能実装という。

 

ここ最近になって改めて必要と感じられる「互助」の精神。

まずは経済的互助を通じて、日本がより暮らしやすい世の中になっていってもらいたいものだ。

 

以下、リリース内容となります。

オンライン共同財布サービス「Gojo(ゴジョ)」を提供する株式会社BrainCat(本社:東京都千代田区、代表取締役:中村貴一、以下BrainCat)は、アプリ内で簡単にイベントを作成し、集金、管理できる機能を提供開始しました。

オンライン共同財布サービス「Gojo(ゴジョ)」は、アプリ内に「イベント作成機能」を追加しました。​

これによりコミュニティ内で簡単にイベント作成から集金、参加者管理まで一元管理することができるようになります。

▼ダウンロードはこちら—————
・iOS:https://goo.gl/nhc35e
・Android:https://goo.gl/mWd5gJ
———————————————-

これまでコミュニティでイベント行う際、下記のような困ったことがありました。

  • イベント管理はしたいけれどPeatixやEventRegistなどの既存サービスを使うレベルのほどでもない
  • Facebookグループでイベントを作っても集金はできない
  • その都度、現場で回収するのは大変だし、そのときにならないと参加費合計がわからない

そこでGojoでは、

  • Facebookでイベントを作ると同じくらい簡単にイベントを作成できる!
  • オンラインで参加費の回収が可能!
  • 手数料0%!(※変動の可能性あり)

といったイベント機能を実装いたしました。

▼ダウンロードはこちら—————
・iOS:https://goo.gl/nhc35e
・Android:https://goo.gl/mWd5gJ
—————————————

イベントの作成手順は下記をご覧ください。

Gojoについて
Gojo(ゴジョ)は、家族やコミュニティでお金をシェアできる共同財布サービスです。
グループにおける集金の煩わしさや、やりにくさを解消し、なめらかな共同体の活動を実現していきます。

公式サイト:https://lp.gojo.life/

▼ダウンロードはこちら—————
・iOS:https://goo.gl/nhc35e
・Android:https://goo.gl/mWd5gJ
—————————————

株式会社BrainCat 概要
会社名:株式会社BrainCat
代表取締役社長:中村貴一
所在地: 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB内
設立:2016年6月29日
資本金:6496万円
事業内容:「世の中を、暮らしやすく」を理念に、2016年に創業。共同財布サービス「Gojo」を開発
株式会社BrainCat:https://www.braincat.live/
提供サービス「Gojo」:https://lp.gojo.life/
LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/author/412448/
Twitter:https://twitter.com/BrainCat_Gojo

◆本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社 BrainCat
E-mail: info@braincat.live

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは