最短15分で駆けつけるベビーシッター「ここはぐnow」が目指す、全てのママに優しい世界《後編》

インタビュー

 事前予約不要で、依頼から最短15分で駆けつけてくれるベビーシッターサービス「ここはぐnow」。サービスリリースからまだ2ヶ月ほどしか経過していないが、雑誌『Forbes JAPAN』2018年8月号の「全員幸せイノベーション!日本の担い手99選」に選抜されるなど、社会的注目度が非常に高くなっている。

前編では、これまでのサービスの立ち上げ経緯について、株式会社ここはぐ 代表取締役の草加今日子(くさか きょうこ)氏にお話を伺った。

 後編でも引き続き同氏に、サービス設計の思想や、今後の展開への思いについて、お話を伺った。

》前編記事はこちら

 

サービス提供時間はあえて短時間に絞っています

--それにしても、サービスリリース直後にForbes JAPANで特集されていて、すごいですね! ここまで注目されている要因は何なのでしょうか?

草加今日子(以下、草加氏):やはり、予約が不要なことと、早く来てくれることの2点に尽きると思います。

これらはユーザーにとっても大きなメリットのはずです。先日も新規の方にご利用いただいたのですが、その方はベビーシッターのご利用自体が初めてで、「こんなに簡単に使えるのね」という印象を持たれていました。

 

--その方は何時間のご利用でしたか?

草加氏:1時間です。お子さまは0歳児で、当日はパパさんもいらっしゃったのですが、ママさんとしては慣れない旦那さまに任せるのが不安だったので、外出に併せてご依頼いただいた、という背景でした。

 

--本当に色々なケースがあるんですね。サービス利用は最大3時間までと明記されていますが、これはあえてでしょうか?それともリソースの問題で、仕方なくそうされているのでしょうか?

草加氏:あえて短時間に絞っています。

ママさんの緊急SOSに応えることを目的にサービス設計しているのですが、前もって予定されていない長時間のSOSって、実はあまりないんですよね。

病気の時は長時間のサポートが必要ですが、弊社では現時点で病児保育を扱っていません。

 

--あえて緊急での短時間依頼に特化しているからこそ、予約も不要に設計されているんですね。

草加氏:おっしゃる通りです。ほとんどのベビーシッター事業者は、事前の面談を設定していて、厚生労働省としても事前の面接を推奨しています。

しかし、この流れがユーザーにとって非常に手間であるケースも多く、弊社としては、面接をせずとも必要なシッターとご家庭がマッチングされるように、ご依頼の段階で工夫しています。

 

育児ストレスやリスク家庭の度合いをアンケートから分析しています

--どのような工夫をされているのですか?

草加氏:ご依頼のお子さま情報をきちんと運営サイドでチェックするのはもちろん、最初にご登録いただく際にアンケートをとっており、これでママさんの育児ストレスやリスク家庭の度合いをある程度分析しています。

 

--アンケートではどのような質問があるのでしょうか?

草加氏:お子さまの健康診断の際にチェックするアンケート項目に似ていて、ほとんどが選択式です。

回答にかかる時間は、トータルで5分程度ですね。

 

--これは草加さんがお一人で作成されているものなのでしょうか?

草加氏:いえ、弊社の思いに共感して集まってくれた専門家チームで作成しました。

AI技術に詳しい産業技術総合研究所の方やコロンビア大の院生、東京医科歯科大の助教授、アクセンチュアのコンサルタントなど、各分野のスペシャリストに集まっていただいています。

 

--素晴らしいですね! リスク家庭の度合いを分析されて、何か傾向はありますか?

草加氏:リスク家庭には、大きく分けて2つのパターンがあります。

一つは、ママさんの自己実現欲が非常に強いケースです。育児よりも自分の人生を謳歌することを優先するので、子どもとの愛着関係が築けずネグレクト気味になり、子どもが愛着障害になってしまう可能性があります。

もう一つは、ママさんがとにかくしんどくなってしまっているケースです。こちらは、しんどいのを我慢して育児を続けていくことで、ある時点で潰れてしまい、そのしわ寄せが虐待という形で子どもに及んでしまう可能性があります。

圧倒的に後者の予備軍が多く、ママさんが見えないところで悲鳴をあげていることが、データからもわかってきています。

 

次は六本木と白金高輪エリアにサービス拡大したいです

--実際に虐待の芽を見つけられた時、他機関と連携はされるのでしょうか?

草加氏:必要と感じた際は、各市区町の子ども家庭支援センターに連絡するよう、ここファミさん(ベビーシッター)に伝えるようにしています。

センターでは心理的虐待やネグレクト、及びその懸念事項のあるケースも含め、18歳未満のお子さんや子育て家庭のあらゆる相談に乗ってくれますからね。

 

--児童相談所ではないんですね?

草加氏:児童相談所は、虐待が顕在化したケースに対しての対応窓口となります。虐待が目に見えてわかるケースの場合はもちろん児童相談所とも連携する必要も可能性としてありますが、基本的に虐待通報の一次窓口は地域の子供家庭支援センターです。

弊社は主に「リスク家庭」として虐待予備軍の第一発見者となるケースが圧倒的に多く、その場合は、子ども家庭支援センターが相談窓口となります。

 

--なるほど。現在は恵比寿を中心に活動されていますが、他地域で気になる場所はありますか?

草加氏:次は、六本木や白金高輪のエリアにサービスを拡大していきたいと考えています。

対象エリアを考えるにあたり、不動産会社にもヒアリングして、どのエリアにどのような方が住んでいるか、住民の傾向などを都度リサーチしています。

弊社の経験・データとヒアリング結果をもとに分析すると、これら2つのエリアに住んでいるママさんたちは特に、家にこもってしまう傾向が高いと考えます。つまり、「近隣住民に自分の困ったところを見られたくない」と考える方が多い地域と言えます。結果としてストレスや問題を抱え込んでしまい、「リスク家庭」の温床になってしまっていると分析しています。

 

合計6時間の研修プログラム受講を義務化しています

--貴社が契約されているシッターさんはどのような方なのでしょうか?

草加氏:全員学生です。私と同じ東京家政大学や専門学校に通っている方々ですね。

 

--全員学生さんなんですね!それはなぜなのでしょうか?

草加氏:2つ理由があります。一つは私の実体験として、学生の方が保育士さんなどのプロの方よりも、困っているママさんたちが心を開いて相談してくれやすいと感じたからで、実際にママさんからも学生さんの方が家にあげやすい、呼びやすいという声を頂いたからです。これは先ほども(前編で)お伝えした通りです。

もう一つは、家庭での保育を経験できる場を、学生のみなさんにどんどん提供したいと考えているからです。

 

--ママさんと学生さんの両方にとってメリットのある仕組みですね! 何か教育体系などあるのでしょうか?

草加氏:通常のベビーシッターマッチングサービスではきちんとした研修がないところが実は多いのですが、弊社では現場の保育士さんと作った研修プログラムを用意しています。

座学研修3時間と、現場実習3時間です。

この合計6時間のプログラムを受講しないと、弊社では基本的にシッティング業務に従事できないことにしています。

 

--6時間はそれなりに長い研修ですね。最初の段階でのフォロー以外にも、何かございますか?

草加氏:研修を修了した人でも、まだ現場経験が少なく不安があるメンバーは多いので、「お姉さん制度」というものを導入しています。

まだシッターに慣れていないメンバーは、先輩のシッターについて行って、一緒にシッティングに行って現場に慣れる、という仕組みです。

現場に慣れてきたところで、今度は自分たちが新人シッターのメンバーの「お姉さん」になってあげるという、フォローの循環を作るようにしています。

 

ママさん達に継続した支援ができるよう日々試行錯誤です

--草加さんにとって、現在のベビーシッター業界の課題は何ですか?

草加氏:一つは教育の不徹底と考えています。これは先ほどお伝えした通りです。

もう一つはそもそもの構造的な課題なのですが、弊社のようなマッチング型ベビーシッター事業では、継続したサポートが法的に難しいことがあります。

 

--どういうことでしょうか?

草加氏:シッティング事業は大きく2つ、民間により行われている「一般型家庭訪問保育」と、子ども・子育て支援法に基づいて主に自治体や行政により行われている「制度上の家庭訪問保育」に分かれます。

弊社のような民間企業は前者に分類されるのですが、その中でも従来の「派遣型」ベビーシッターサービスに比べ、現在は多くの民間サービスが「マッチング型」と言われる、ユーザーが直接シッターさんを選ぶことができるCtoCモデルになっています。派遣型に比べ、依頼から到着までの時間が短かったり、手続きが簡素であること、安価なので気軽に頼めることがメリットです。

しかしこのマッチング型ベビーシッターサービスの場合、サービス提供者である会社、ユーザー、実際にマッチングして家庭訪問するシッターさんとでは、情報を共有してはいけない、と法律で決まっています。つまり、どんなに虐待が迫っているリスク家庭を訪問したとしても、そこでの留意事項やフォロー内容を、会社として蓄積することができないんです。

これだと、せっかく虐待の芽を見つけたとしても、会社として継続的な支援をすることが困難になります。

 

--それでは、派遣型が良いということですか?

草加氏:派遣型ですと、そもそも手続きが煩雑であったり長い場合は依頼から1ヶ月も先の派遣になってしまうこともあり、差し迫ったママさん達に寄り添うことができません。

 

--なるほど。一長一短ということですね。

草加氏:難しい問題です。弊社としても、できるだけママさん達に継続した支援をできるよう、試行錯誤しているところです。

 

常に子どもファーストの視線で考えるようにしています

--今後の貴社の目標を教えてください。

草加氏:直近では、専用アプリを来年の4月にリリースしたいと考えています。現在はLINEを利用した仕組みでβ版サービスを展開していますが、運用面で限界があるので、六本木・白金高輪エリアへの展開の際には、アプリとしてサービスを正式リリースさせたいと考えています。

 

--いいですね! アプリのリリース、楽しみにしております。最後に、Love Tech Mediaの読者の皆様に向けて、一言お願いします。

草加氏:弊社のビジョンは「日本のすべての子ども達が、健やかに幸せにはぐくまれる社会の実現のために、ママを笑顔にする!」です。

弊社のサービスは、子どもファーストの視線で考えるようにしています。何か新しい仕組みやキャンペーンを考えるとき、「それは子どもにとって本当に必要なことか?」を十分に議論して、展開するようにしています。

ママとパパの育児ストレスを軽減させることで、子どもの笑顔を守りたい。そんな思いを抱きながら、ワンオペ育児や子ども虐待のない未来を実現すべく、日々保育に励んでいます。

今は恵比寿周辺のエリア限定ですが、将来的には全国すべてのエリアをカバーしたいと考えておりますので、サービス対象エリア拡大までしばしお待ちいただければと思います!

 

編集後記

ここはぐnowは「UBER型ベビーシッター」というキャッチーなコピーで表現されることが多いですが、その裏にある草加さんの深い思いと愛情を知り、ぜひ全国各地の困っているママさん達の元にサービスとして届いてほしいと強く感じました。

 

虐待の芽は、真面目な育児への姿勢の延長にあります。

 

一人の大学生の思いとチャレンジが、これからの日本の育児とママの心に優しさを添えてくれると信じています。

 

今後はアプリ開発を進められるとのことで、Love Tech Mediaでは引き続き、ここはぐさんの活動を追って参りたいと思います!

 

『ここはぐnow』詳細についてはこちらをご覧ください

本記事のインタビュイー

草加今日子(くさか きょうこ)

株式会社ここはぐ代表取締役社長。東京家政大学家政学部児童学科4年(休学中)。
「日本のすべての子どもがすこやかに育つ社会を実現したい」という思いを持ち、自分と同じような悲しい思いをする子どもを無くすために尽力しています。
保育の東大と呼ばれる東京家政大学(休学中)で保育について学んでおり、保育に関する最先端の知識と専門性を有しています。
また、保育園や学童保育所、児童養護施設、自立援助ホームでの勤務経験や、ベビーシッターを2年間で450回以上行うなど、学生としては異例の計5年間もの保育経験があり、この保育経験は誰にも負けない自信があります。

【保育経験】
保育園(保育補助)2年間
公立学童保育所(保育)1年6ヶ月
児童養護施設(保育補助)6ヶ月
自立援助ホーム(宿直)2年
ベビーシッター2年(456件)※当時依頼数no.1(現役大学生として)

【教育経験】
保育園への出張授業依頼
教育出版開発の幼児教室の講師依頼
小学生向け志を育むワークショップ企画運営
高校生向け志を育むワークショップカリキュラム作成

【受賞歴/プログラム採択歴】
2015年 株式会社リバースプロジェクト主催大学生版松下村塾 1期生
2016年 社会起業大学主催ソーシャルビジネスグランプリ2016ファイナリスト
2016年 NPO法人ETIC.主催Social Startup Accelerator Program SUSANOO 4期
2017年 NPO法人ETIC.主催MAKERS UNIVERSITY 2期

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは