赤ちゃんの泣き声ビッグデータによるパパっと育児革命《後編》

インタビュー

 育児中のパパ・ママに寄り添う「パパっと育児@赤ちゃん手帳」アプリ。前編では、アプリ開発・運営会社である株式会社ファーストアセント代表取締役CEOの服部伴之氏に、アプリ開発の経緯や思いについてお話を伺った。

 後編では、いよいよ新機能としてリリースされた赤ちゃんの「泣き声診断機能」について、引き続き同氏に詳しく伺った。

》前編はこちら

5秒間の泣き声データでわかる赤ちゃんの気持ち

--泣き声って、全てのパパ・ママにとってのお悩みNo.1だと思います。赤ちゃんがなんで泣いているかが分かれば、すごく助かりますね。

服部伴之(以下、服部氏):まさにそういった声がユーザーさんから届きまして、技術的になんとかできそうだなというところから、機能を付け加えることになりました。

「なんで泣いているか分かる」というよりかは、正確には「この理由で泣いている可能性が高い」ことをサジェストする機能です。

 

--具体的にはどのように操作するのですか?

服部氏:簡単です。

アプリ内に「泣き声」というアイコンがありますので、それを押していただくと録音画面が開き、5秒間の録音がスタートします。

そして5秒経過すると自動的に解析が始まり、解析結果の画面が表示されます。

解析結果としては、現状5項目を用意しています。

お腹が空いた」「眠たい」「不快」「怒っている」「遊んでほしい」の5つでして、今後のユーザーデータ状況によっては増えていくかもしれません。

この項目で可能性があるものを、パーセンテージ付きで表示しています。

例えばこちらの画面例でしたら、86%の確率で「お腹が空いた」ことによる泣き声です、ということです。

 

--すごくシンプルですね!

服部氏:機能として、なるべく複雑なオペレーションをさせないように心がけています。赤ちゃんが泣いている時に、複雑な操作はストレスですからね。

 

2万人の赤ちゃんによる泣き声ビッグデータ

--こちらはどのようにして機能を実現されたのでしょうか?

服部氏:約2万人のモニターユーザの方にご協力をいただき、とにかく多くの泣き声データと泣いた理由を集めてきました。

モニターユーザから頂ける泣いた理由は、実際は親の主観によるものだったりしますので、その辺りのデータの集め方や、解析の仕方でちょっとした工夫が必要だったりしまして、構想2年でようやくサービス公開という感じです。

 

--具体的にはどういった工夫が必要だったんですか?

服部氏:ここは核心部分に触れるところなので詳細は控えさせていただきますが、最新の論文を参考にして試すのと並行して、当社のビッグデータの解析ノウハウをフル活用してやっています。

 

--秘伝のタレ的なものですね。ユーザーさんの反応はどうでしたか?

服部氏:今回のリリースってiOS版でして、実はAndroid版には少し前から、しれっと泣き声診断機能を実装していました。モニターの方にはそれを使っていただいていたわけです。そこでの反応は比較的良好でしたね。

Twitterでユーザの方も以下のような内容をコメント頂いてましたし。

パパッと育児ってアプリオススメだよー‼︎

私これで本当助けられたから!!

これに頼りっきりはダメだけどどうしても泣き止まないっ‼︎って時は目安にでもして見て(*´꒳`*)

 

--僕もリアルタイムで育児中なのでわかりますが、何で泣いているか分からない時の不安とストレスはとても嫌なものなので、こういう形でデータ的に可能性を示してくれるのは、精神的に助かりますね。

服部氏:そうですね。

今の機能ですと、泣き声診断は医療的なエビデンスとかになるようなものではないのですが、一般の人たちの育児ストレスを少しは減らすお手伝いを出来ているのかなと思っています。会社としましては、エビデンスも重要ですが、それ以上にユーザメリットを重視していまして、今後もこのスタンスは変わらないでしょう

と言いながら、この分野の研究のご相談を頂き始めてもいますので、医療的なエビデンスを今後作っていくような研究をすることになるかもしれません(笑)。

 

紙を駆逐しようとは思っていません

--そもそもの話で恐縮ですが、育児の記録って、やはりまだ紙に書いている方も多い気がします。この辺りはどのようにユーザーさんになっていただく想定でしょうか。

服部氏:紙には紙の良さがありますからね。紙に書きたい気持ちもよくわかります。だから紙を駆逐しようとは全く考えていないです。当社のアプリと並行して紙の育児日記を利用されている方もいらっしゃいますし。

ただ、統計や機械学習などは紙では出来ないけど、アプリだと実現できるということも事実なので、利用する方が何を求めるかですよね。アプリだとこんなに生活が変わるということを上手く伝えていって、パパっと育児@赤ちゃん手帳のファンを増やしていきたいです。

 

--ファンって、今の時代、特に大事ですよね。

服部氏:アプリを提供していると、やはりクレームも一定数頂きます。ポイントは、そういったクレームをつける方をいかにファンにするか、ということですね。クレームをつけるということは、それだけアプリのことを気にかけている証拠ですから。

 

--おっしゃる通りですね。

服部氏:ちなみに、パパっと育児@赤ちゃん手帳で記録いただいたデータは、電子書籍にしてPCでもご覧いただけるようになっています。あと提供時期などは決まっていませんが、その電子書籍を紙の本として製本するサービスも検討しています。

育児のデータって、貴重な思い出でもあると思いますので。

 

--子供が大人になってから見返すと、感慨深いものがあるんだろうな、と思いますね。貴重なお話をありがとうございました!最後に一言お願いします。

服部氏:当社は「テクノロジーで子育てを変える」というミッションを掲げていまして、まずはパパっと育児@赤ちゃん手帳で育児ビッグデータを集めることから始めて、出来ることをコツコツとやっています。

データから「生活リズム」「成長、発達」や泣き声診断などで「感情の理解」について明らかにしてきておりまして、当社だからできる子育てのサポートというものがあると思っています。

パパっと育児@赤ちゃん手帳を通じて、多くの方に、育児を楽に楽しく取り組んで頂けるようにできればと思います。

 

編集後記

実はこのインタビューから遡ることちょうど1年。筆者は服部さんが登壇されるイベントに一般客として参加していました。その時すでに、今回インタビューでお話いただいた「泣き声診断」機能の構想が固まっていらっしゃる様子で、モニターの方々によるデータが溜まってきた中で本格的に検証をスタートさせる、というフェーズでした。

 

1年経って正式にリリースされるのは、参加者としてお話を伺っていた身としても、感慨深いものがあります。

 

インタビューでもありました通り、育児の記録は子供との大事な思い出です。ファーストアセントさまでは顧客対応もかなりしっかりされていて、ユーザーさんに寄り添った対応をされています。

 

またユーザーさんだけでなく、従業員の皆様にとっても働きやすさを追求した就業体系となっており、まさにLove Techカンパニーと感じます。

(株式会社ファーストアセント メンバーの皆様)

 

これからも新たな取り組みを順次発表される予定とのことで、引き続き、Love Tech Mediaとして追わせていただきたいと思います。

 

「パパっと育児@赤ちゃん手帳」詳細についてはこちらをご覧ください

 

本記事のインタビュイー

服部伴之(はっとりともゆき)

株式会社ファーストアセント 代表取締役CEO

東京大学大学院工学系研究科を修了
1998年、株式会社東芝で研究者として従事
2001年より、IT系ベンチャーのシステム責任者を数社歴任。企業向け情報共有サービス、懸賞メディア、マストバイキャンペーンのASPシステムなどの開発を行う。
2005年、株式会社エンターモーションにて取締役CTOに就任。モバイルCMS「MobileApps」事業の立ち上げなどを行う。
2011年、株式会社tattvaの取締役に就任。ソーシャルサービス「i.ntere.st」の立ち上げを行う。
2012年、株式会社ファーストアセントの代表取締役に就任

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは