超プロボノチーム「PLAYERS」がテクノロジーで見える化する社会の”やさしさ”《後編》

インタビュー

 テクノロジーを活用して社会の”やさしさ”をデザインする一般社団法人PLAYERS。サポートを必要とする人と周囲のサポーターをマッチングし、手助けを支援するサービス「&HAND」(アンドハンド)を、”超プロボノ”チームで進めている

 前編では、PLAYERSを主宰するタキザワケイタ氏に、同法人の活動内容や立ち上げの経緯、プロジェクトの一つ「スマート・マタニティーマーク」についてお話を伺った。

 後編では現在、開発が進められている視覚障害者向けサービス「mimamo by &HAND」について、タキザワ氏と同法人のスペシャルアドバイザーである中川テルヒロ氏にお話を伺った。

》前編記事はこちら

 

視覚障害者の約7割がホームから転落しかけた経験がある

 

--PLAYERSさんで現在新たに進められているプロジェクトを教えてください。

タキザワケイタ(以下、タキザワ氏):今は大きく二つのプロジェクトが走っています。

一つは、JR東日本さんと共同で「mimamo by &HAND」プロジェクト(以下、ミマモプロジェクト)という取り組みを始めました。もう一つについても近日中に発表できると思います。

 

--JR東日本さん!相当大きな会社さんですね。どういった内容か教えてください。

タキザワ氏:JR東日本さんをはじめとする各鉄道事業者では毎年9月から11月にかけて、「声かけ・サポート」運動の強化キャンペーンを実施しているんです。

「声かけ・サポート運動」とは、鉄道を利用される方が安心・安全に駅等の施設を利用できるように、困っている方に対して駅員の方や周囲の方々がお声がけを行う取り組みのことです。

このキャンペーンの一貫として、視覚障害者や鉄道事業者、一般の方との共創によって、社会全体で見守りあうサポートの仕組みや、&HANDを活用したサービスを検討していきます。

 

--なるほど。視覚障害者の方は、具体的にどのようなことに困っているのでしょうか?

タキザワ氏:視覚障害者のホームからの転落事故がなかなかなくならないんです。

厚生労働省の調査によると、視覚障害者の困りごとの多くが外出や移動に関することです。

そして日本盲人会連合さんの調査では、「ホームから転落しそうになったことがある」という視覚障害者は66%、さらには「実際にホームから転落したことがある」という視覚障害者は39%もいるとのことです。

 

当事者とサービスデザインを進める

 

--衝撃的な数字ばかりでビックリしました。

タキザワ氏:私たちもリサーチを通じて視覚障害者の現状を知って、非常に驚きました。

現在は、視覚障害者でもある中川さんにスペシャルアドバイザーとして入っていただき、「mimamo by &HAND」サービスのデザインを一緒に進めています。

 

--中川さん、宜しくお願いします。最初にまず、簡単に自己紹介をお願いいたします。

中川テルヒロ(以下、中川氏):本業ではソフトウェア開発やユニバーサルマナー検定の講師、それからカウンセリングやコーチングの仕事もしています。

タキザワさんとは、インクルーシブデザインのワークショップで知り合いましたね。

視覚障害の当事者として協力してほしいと打診され、そのままPLAYERSに参画しました。

企業様との打ち合わせの場で当事者としての意見をお伝えしたり、新しい企画を考える上での視覚障害者の観点でのフィードバックをお伝えするなどを、主な役割として担っています。

 

--中川さんの現在の視力はどのような状態なのでしょうか?

中川氏:僕は左目が全盲の状態で、右目は中心だけ見えていて、視力は0.3です。右目の視野はとても狭く、おそらく健常者の1%程度の視野しかないようです。

 

--先ほどおっしゃっていたソフトウェアの開発などは、右目の限られた視野で進められているということですね。

中川氏:はい。それなりに見ることができますので、右目を通じて諸々の仕事を進めています。

10歳くらいから症状が出始めて、最初は両目ともに見えていたのですが、進行性の症状なので徐々に見えなくなってきて、現在の状態に至ります。

視覚障害者によって様々な見え方がありますので、僕はあくまで一例となります。

 

周囲の見守りで転落は予防できる

 

--実際に中川さんは、ホームから転落しそうになったことはありますか?

中川氏:転落自体はないのですが、電車が到着して隙間が空いてるところに片足だけ持って行かれたことはあります。あと、反対車線の電車到着音を勘違いして、電車がいない方面に電車があるものと思い込み、何もないところに足を伸ばして、ホームから落ちかけたことはありました。

 

--少し視力がある中川さんでもそのような現状なら、全盲の方は相当注意しないといけないですね。

タキザワ氏:先ほどはホームに転落した方のデータでしたが、同時にホームに転落しないで済んた方の理由についても調査結果があります。

1位は「杖などを使って自分で分かった」ですが、2・3位は「周りから声をかけられた」「身体や腕を掴まれたりして止められた」というものでした。

ここからはあくまでPLAYERSの仮説なのですが、声かけ・サポート運動の課題点は大きく2つあると考えています。

一つは、そもそもの認知があまりされていない。

もう一つが、一般のお客様が「自分ごと化」されていない、ということかなと考えています。

今しがたお伝えした通り、周りからの声がけによって転落を防げたというデータがあるので、駅員さんだけではなくて一般の方も積極的に見守りを行うことによって、多くの転落を予防できるのではないか、と考えています。

 

--具体的な仕組みとしてはどのように考えていらっしゃいますか?

タキザワ氏:具体的な仕組みは、視覚障害者や鉄道事業者とのワークショップを行いながら、検討・開発をしていきます。ワークショップは既に一回目を実施済みで、そこでの意見を参考に大きく3つの機能を検討しています。

まず視覚障害者には、Beaconが内蔵されたキーホルダー型のデバイスを携帯してもらいます。そこに駅員や一般の方などのサポーターが近づと、LINEに「近くに視覚障害者がいます」といった通知が届き、スムーズな見守りや緊急時の手助けを行うことができる「mimamoファインダー」機能。

(mimamoファインダー)

さらに、視覚障害者がサポートを必要とする時にデバイスのボタンを押すと、LINEに「改札に行きたい」「電車に乗りたい」「出口に行きたい」といったサポート依頼リストが届きます。その中から手助けして欲しい内容を選択すると、周囲のサポーターのLINEに通知が届く「mimamoサポートボタン」機能。

(mimamoサポートボタン)

 

最後は、「トイレ」や「工事中の箇所」などにmimamoスポットを設置し、そこに視覚障害者が近づくと、LINEに有益な情報が届く「mimamoスポット情報」機能です。

(mimamoスポット情報)

 

今後もワークショップなどを通じて、視覚障害者や鉄道事業者、一般の方の声を取り入れながら、開発をおこなっていきます。

 

アクティブ視覚障害者として

 

--ここ数年で、街中の対応など、何か変化を感じられることはありますか?

中川氏:めちゃくちゃ良くなってきていると感じますよ。

まず周りから声をかけてくれる回数は増えてきていますね。

あと声かけの質も、確実に良くなっています。駅員さんや警備の方、接客をされる方が知識として持っていることが多くなったのかなと感じます。

「mimamo by HAND」のような視覚障害者の方と健常者の方の架け橋となるサービスがあると、さらに声かけをするという土壌が加速するんじゃないかと思いますね。

 

--少しずつ社会がやさしくなっている、ということなんでしょうね。PLAYERSさんとして、今後目指される方向性を教えてください。

タキザワ氏:2020年のオリンピック・パラリンピックまでには、&HANDを社会インフラとして実装したいと思っています。

そのために、ビジョンに共感いただける企業様と連携しながらサービスの質を向上すると同時に、&HANDに賛同いただけるサポーターを広く集めていきたいです。

 

--ありがとうございます。最後に一言ずつ、Love Tech Mediaの読者に向けてお願いします!

タキザワ氏:普段、何気なく生活しているとあまり気づかないのですが、少し意識するだけで、視覚障害者の方がたくさんいることに気づきます。そんな時はそっと見守り、もし困っていそうであれば「なにかお手伝いできることはありますか?」と声をかけてみる。&HANDがなくても、それが当たり前になる社会を、みんなで実現しましょう!

 

中川氏:僕は、障害を抱えている人でもこんなにアクティブになれる、という一つのモデルケースになりたいと考えています。PLAYERSでは「アクティブ視覚障害者」と呼んでいただいています。

こういった取材含めてテレビやラジオなどでも積極的に発信し、多くの人に視覚障害を身近に感じてもらう、さらには自分にどんな障害・コンプレックスがあったとしても幸せにそして自由に生きられるんだ、という気づきを発見してもらえるようになりたいですね。

 

編集後記

現在、「ティール組織」(英治出版)という本が話題を呼び、一種の生命体として自走する「進化型組織」としてのあり方が世に提示されました。

 

細かい部分の議論はわきに置いておくとして、今回取材したPLAYERSはそのような組織形態と人的意識を持ち合わせた集団のように感じられました。

 

社会課題に対してメンバー各々が自ら設置したミッションを抱えつつ、PLAYERSとしてのミッションも軸として併せ持っている。

 

タキザワさん、中川さんはじめ、とても素敵なチームでした。

 

2018年7月26日には、リードユーザーとして視覚障害者と鉄道事業者の皆さまを招いての、「双方にとって理想的なサポートのカタチ」をテーマとするワークショップが実施されました。

 

実はLove Tech Mediaがこのワークショップに取材で参加させていただいたので、近く、その時のレポートをお届けします!

 

本記事のインタビュイー

タキザワケイタ

クリエイティブファシリテーター

広告代理店にて、新規事業・ブランディング・人材育成・組織開発など、企業課題の解決に向けワークショップを実践する傍ら、多様なプロフェショナルからなるコ・クリエーションチーム「PLAYERS」を主宰し、社会課題の解決に取り組んでいる。
青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム講師 レゴ®シリアスプレイ®認定ファシリテーター
https://keitatakizawa.themedia.jp/

 

中川テルヒロ

ライフコーチ

後天性かつ進行性の視覚障害のため、左目が全盲、右目の視野が健常者の1%という状態。ライフコーチとして主にクライアントの恋愛・結婚の悩みをサポートしている。また、「PLAYERS」の一員として社会課題の解決に取り組んでいるほか、ユニバーサルマナー検定の講師やソフトウエア開発も行なっている。

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは