AI(愛)とテクノロジーで介護業界に寄り添うウェルモ《前編》

インタビュー

 日本の少子高齢化が止まらない。現在4人に1人の割合である高齢者は、2024年には3人に1人と劇的に増加し、日本は「超・高齢者大国」になる。また2016年には子どもの出生数が初めて100万人を割り、その後も減少を続けていることから、将来の母親となる女児の数が着実に減ってきており、「少子化」も止まりようがない状況だ。

 それに併せて悲鳴をあげているのが介護の現場である。急増する要介護者、それに併せて逼迫する介護保険財政、介護施設建設の遅延、慢性的な人手不足など、問題が山積みとなっている上に、抜本的な解決策を講じることができていないのが現状である。

 そんな介護業界の未来に早くから危機感を覚え事業展開をしているのが、株式会社ウェルモだ。同社はITを通じて介護業界の情報透明化と働き手の負荷低減に着手するソーシャルベンチャー企業である。

 Love Tech Mediaでは前編・後編に渡って、同社代表取締役CEOである鹿野佑介氏にインタビューした。

 まず前編では、鹿野氏の事業展開にあたっての”思い”の部分にフォーカスをしてお話を伺う。

 

株式会社ウェルモの介護領域事業

まず初めに、同社の介護領域事業について簡単に説明する。

ウェルモでは、介護にまつわる地域資源情報を可視化して利用者に必要な情報を提供できるようにするプラットフォーム「ミルモ」と、介護支援専門員(以下、ケアマネージャー)によるケアプラン作成を支援する人工知能「ケアプランアシスタント」の開発が、大きな事業軸となっている。それぞれの事業概要について、以下に記載する。

ミルモネット

ケアマネジャーやソーシャルワーカーといった介護の相談支援の専門職が地域包括ケアに必要な情報を検索、管理できるWEBシステム。これまでほとんどが大量のチラシやフォルダに埋まっていた介護サービス関連情報をWEB上で透明化することで、利用者の機微なニーズに対応した情報に簡単にアクセスできるようにしている。特別区と全国の政令指定都市を主な対象として、順次対応エリアを拡大予定。

ミルモタブレット

介護支援専門員(以下、ケアマネジャー)が被介護者向けに、適切な介護事業所を検索・提案できるように設計された、タブレット端末のサービス。120以上の項目を掲載した事業所情報、事業所の外観/内装等の写真閲覧、保険請求分/自己負担分計算等が、全て本システムだけで可能となっている。現在は福岡市を中心にサービス展開している。

ミルモブック

ミルモの冊子版として生まれた介護サービス情報誌。全事業所外観・内装写真付きで、1ページあたり1事業所の充実した情報を掲載。デザインの見やすさ、利用者のニーズがある情報の多さから、たくさんの評判の声が届く。年刊誌として福岡市内で発行しており、順次拡大予定。

ケアプランアシスタント

「知らないことを無くす」「ケアプランの理由を説明できる」「相談援助に注力できる」をコンセプトに研究開発を進める人工知能。幅広い専門職の知識・知見を人工知能化することで、基礎資格による知識差やケアマネジャーの業務負担やストレスを軽減させ、客観的で質の高い介護計画(ケアプラン)の作成支援を可能とする。国立情報学研究所との共同研究でプロジェクトが進んでいる。

 

以下の動画も併せてご覧いただきたい。

 

上記理解を前提に、インタビューを進めさせていただいた。

 

何が原体験って、毎日が原体験です

--まずは鹿野さんの現在のお仕事についてお伺いさせてください。

鹿野佑介(以下、鹿野氏): 2013年の創業から、株式会社ウェルモの代表として活動しております。

 

--介護というテーマで起業されたのは、なぜなのでしょうか?

鹿野氏:もともと僕の中で「日本をどうにかしたい!」という思いがあって、「人がイキイキと働く」ということに大きな関心がありました。

朝の通勤電車とか乗っていただくとわかると思うんですが、皆さん、目が死んでるじゃないですか。こんな社会じゃ絶対ダメでしょ!という強い思いがあって、だから「介護ありき」というよりかは「日本をなんとかしたい!」という意識から始まっています。

 

--こう話されていても、すごいエネルギーを鹿野さんから感じます。そのパッションはどこから来るのでしょうか?

鹿野氏:よく「原体験ってなんですか?」って聞かれるんですけど、無いんですよね。

むしろ毎日が原体験とでもいうべきでしょうか。

日々のニュースを見ていても、病んだ事件がたくさんあるじゃないですか。それらの事件に対して「なんとかしなきゃ」というところで止まっていないで、「じゃあなんで発生したんだろう」「どういう仕組みになったら発生しないんだろう」という課題を解決するための考えを持ったら、自然とパッションが生まれると思うんですよね。

 

--なるほど。

鹿野氏:そういう意味で、困っている人がいるからやっている、という気持ちです。

 

ソーシャルベンチャーとしてのウェルモ

鹿野氏:介護業界は、そもそもの構造的問題を抱えています。

介護難民が発生することも、人手不足で離職者が増えてしまうことも、老老介護・認認介護が発生してしまうことも、誰かが悪いわけではなく、全ては構造上の課題なんですよ。だいたい社会課題って構造的課題から生まれていて、インセンティブ設計が働かない仕組みになってしまっています。

このまま見て見ぬふりをすると、数年後にとんでもないことになる。

でもこういったセーフティーネットの分野って事業的な伸びを直近で期待できないので、現在の資本主義社会ではなかなか投資の対象にならない。

一方、行政の方ではエビデンスがないと、なかなかドラスティックな構造改革には着手できない。

であれば、民間が官の仕事の一部を代わりにやって、法律を先行するような先進モデルを作っていき、エビデンスを作っていくことで、国が制度化して構造上の課題解決をして困る人を減らしていく、というアプローチが必要だと考えました。

 

--非常に中長期的な視点でのアプローチですね。

鹿野氏:一朝一夕には構造改革は不可能ですからね。

弊社はソーシャルベンチャー企業です。

ベンチャーだけですと利益追及型のモデルになり、一方ソーシャルビジネスだと資本が足りないので事業拡大が難しく、インフラとしてスケールさせることができない。

弊社はそのハイブリットとして、資本金としてしっかりとエクイティを入れつつ、社会的構造課題を解決するためにしっかりとインフラ化していく、というアプローチをとります。

ですので中長期的な利益は目指しつつも、本質的な事業目標である社会課題の解決を最優先として展開するので、短期利益は追求しないです。

 

--先日、4.5億円の第三者割当増資をされていらっしゃいましたが、上記のようなビジョンにご賛同いただけるVCの方って、正直あまり多くないと思うんです。どのようなご縁だったのですか?

鹿野氏:本当にラッキーだったとしか言えないですね。

本質的に世の中に必要な事業を進めて行くと、いずれどなたか賛同いただける方にめぐり合うことができる、と信じて活動しています。

 

後編記事に続く

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは