育児ママ用チャット型アプリ「ママびよりカフェ」が毎週金曜にライブ動画配信をスタート

育児/教育

LoveTech Media編集部コメント

2018年10月2日にリリースされた、ママ同士が気軽に繋がれるチャット型コミュニティアプリ「ママびよりカフェ」に、新たにライブ動画配信機能「ママびより座談会」が加わった。(10/2のリリース時記事はこちら

 

「ママびよりカフェ」とは、「育児のちょっとした疑問や不安」がテーマに上がることが多く、近所とママ友に聞くよりも気軽に疑問や不安を投げかけることができ、育児に関する身近なテーマでお昼寝中などの育児の隙間時間を使って利用できるアプリである。

 

この新機能では、アプリ内で交わされたユーザーの声を拾いあげ、毎週金曜日 14時00分~14時30分で、ユーザー参加型のライブ動画コンテンツとして妊娠中および子育て中の女性の興味関心に即した内容を配信する予定だという。

 

初回である本日14:00〜は、「産後&お正月太り解消 みんなでヨガ会!」というテーマでヨガの先生によるコンテンツが配信された。

 

リアルタイムな話題に対するこのような専門家によるコンテンツは、悩みの多い育児ママにとって、息抜きのひと時となるあろう。

 

お子様が昼寝タイムであることの多い金曜の14:00、ぜひこのライブ配信をご覧になってはいかがでしょう。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、妊娠・育児層向けツールアプリやメディアを展開する 株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、妊娠、育児中の母親が集うチャット型コミュニティアプリ 『ママびよりカフェ』にライブ動画配信機能を新たに追加し、1月11日(金)14時00分より動画配信を開始いたします。

[トピックス]
・妊娠、育児層向けチャット型アプリ『ママびよりカフェ』にライブ動画配信機能を新たに追加
・毎週金曜日14時00分~14時30分、視聴者参加型のライブ動画を配信
・参加して楽しい動画コンテンツの提供を通じて、エンゲージメントの向上を狙う

ユーザー参加型のライブ配信”ママびより座談会”でエンゲージメントの向上を狙う

『ママびよりカフェ』は、妊娠中や子育て中の女性が気軽に雑談できるチャット型アプリです。

2018年10月2日のローンチ以来、日々の雑談から育児の悩みまで、幅広いテーマでの交流の場を提供してきました。
新たに追加する動画配信機能”ママびより座談会”では、週1回ユーザー参加型のライブ動画コンテンツを配信していきます。 配信コンテンツは、アプリ内で交わされたユーザーの声を拾いあげて企画し、妊娠中および子育て中の女性の興味関心に即したコンテンツを配信予定です。

これまで行なってきた育児に奮闘するユーザー同士の繋がりの創出同様に、 リアルタイム参加型の動画コンテンツによりエンゲージメントの向上を狙っていきます。

ライブ動画 ”ママびより座談会” 配信概要

配信日時:毎週金曜日 14時00分~14時30分
視聴方法:『ママびよりカフェ』アプリ内にて無料配信
配信内容:毎週異なるテーマで視聴者参加型の企画を実施
     ・子育てに関する専門家への質問、相談会
     ・参加ユーザーが一斉に○○する
      リフレッシュライブ(ヨガ、ストレッチ等)
     ・育児関連サービスやアイテム紹介レポート
     ・子どももママもお祝いする誕生日会

※初回 1月11日(金)配信テーマ:
            『産後&お正月太り解消 みんなでヨガ会!』
  講師は、オンラインヨガSOELUに所属し、
  0歳児の子どもを持つインストラクター伊藤さやか氏(写真)

アプリ概要

アプリ名 :ママびよりカフェ
提供会社 :株式会社カラダノート
対応OS   :iOS 、Android
アプリ内容:妊娠〜育児のテーマ特化、妊娠育児層向けチャット型コミュニティアプリ

会社概要

企業名 :株式会社カラダノート
本社  :東京都港区芝公園2-11-11芝公園2丁目ビル3F
代表  :佐藤竜也
事業内容:妊娠出産育児にまつわるツールアプリ開発、プレママ/ママ向け情報コンテンツ配信
URL      :https://corp.karadanote.jp/

LoveTechMedia編集部

362,902 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは