飲食店を無断ドタキャンから守る新機能をマッチングアプリ「Dine」が提供開始!

恋愛/結婚

LoveTech Media編集部コメント

デートから始まるマッチングアプリ「Dine」が、利用ユーザーだけでなく、連携する飲食店にとっても優しい機能を発表した。

 

ノーショー問題、つまり無断ドタキャンは飲食店側にとって深刻な経営課題であり、飲食店側の経済的損失は国内全体で年2000億円にも上ると言われている。

 

Dineでは男女のマッチングと併せて、ファーストデートとなる飲食店も自動で予約できるしようとなっているが、今回新たにドタキャン対策機能「Dineプロテクト」をリリースすることとなった。

 

Dineユーザは「Dineプロテクト」機能導入飲食店の予約をする時に、男女共にクレジットカード情報の登録が必要となり、「Dineプロテクト」を導入した飲食店はドタキャンが発生した際に管理画面からボタン一つでキャンセル料金をDineユーザに請求できる、という仕組みだ。

 

現在は都内飲食店数店舗で試験的にサービスを導入しており、本格提供は2019年1月を予定しているとのこと。

 

国内デーティングアプリの急先鋒であるDineがノーショー問題に正面から対応することで、国内での飲食店予約リテラシーが底上げされることが期待される。。

 

以下、リリース内容となります。

デートにコミットするデーティングアプリ「Dine」(ダイン)を運営する株式会社Mrk & Co(本社:東京都渋谷区、代表取締役:上條景介)は、「Dine」が提携する飲食店向けにドタキャン対策機能「Dineプロテクト」の提供を開始することをご報告いたします。

近年、飲食店におけるNo show(ノーショー)問題が深刻化し、飲食店側の経済的損失は国内全体で年2000億円にも上ると言われています。No showとは、サービスを予約したユーザがキャンセルの連絡がないまま来訪しない「無断キャンセル」のことで、2018年11月には、経済産業省の公式サイトにて「No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート」が発表されました。官民一体となり、今後、ドタキャンやNo show問題解決への取り組みがますます活発となることが予想されます。

ドタキャン対策機能「Dineプロテクト」概要

背景

2016年に北米で誕生したDineは、レストランで会うことを前提とした第3世代「デート直結型」のマッチングアプリです。昨年11月に日本にも進出を果たし、リリースから1年で、東京・大阪・福岡の3都市において累計100万デートのマッチングを成立させてまいりました。

その中で、一般的な結婚相談所やマッチングサービスを介してのデートと同じく、「Dineデート」においても、飲食店を予約した後のドタキャンが課題となっていました。そのため、これまでにDineは、ユーザからの通報機能の実装、予約時の電話番号登録などの対策を行っておりました。

Dineは「世界で1番ファーストデートの機会を提供するサービス」を目指して展開しており、ファーストデートをする場所にもこだわっています。提携する飲食店には予約が取りにくい人気店も多く、当日キャンセルにより、大きな被害を受ける飲食店が多くあります。今回、新たにドタキャン対策機能「Dineプロテクト」をリリースすることで、直前キャンセルや無断キャンセル防止を目指すと共に、よりファーストデートが成立しやすい環境を整え、「デートにコミット」していきたいと考えています。

詳細

「Dineプロテクト」を導入した飲食店は、ドタキャンが発生した際に管理画面からボタン一つでキャンセル料金をDineユーザに請求できるようになります(キャンセル料金は各飲食店のキャンセルポリシーに基づく)。Dineユーザは「Dineプロテクト」機能導入飲食店の予約時、男女共に、クレジットカード情報の登録が必要となります。一度カード情報を登録すると、「Dineプロテクト」を導入する別の飲食店予約の際のカード情報の再登録は不要となります。

サービス開始日

現在、都内の飲食店数店舗にて試験的にサービスを導入しており、本格提供は2019年1月を予定しております。

レストラン予約画面

店舗管理画面

「Dine」について

2017年11月に日本でもリリースされた、米国発のレストランデートマッチングアプリです。「人の本当の魅力は会ってみないとわからない」という考えのもと、マッチングしたユーザー同士の初デートをアレンジ。デート場所となるレストランやカフェも、Dineが初デートに相応しいお店を厳選しご紹介しています。2018年12月現在、日本では東京および大阪、福岡でサービスを展開しています。

・サービス開始:2017年11月(日本)、2016年(カナダ、アメリカ)
・利用料金:有料プラン、サービス内課金あり
・公式HP:https://dine.dating/ja

株式会社Mrk & Co 代表 上條景介 プロフィール

東京農工大学工学部卒業。大学在学中にブログ「がんばれ、生協の白石さん!」を開設。書籍化された同作は発行部数約100万部の大ヒット。2008年、株式会社ディー・エヌ・エーに入社。1年目に社内新規事業立案制度で優勝し社長室に配属。ソーシャルゲーム事業の立ち上げに参加し、DeNA初のソーシャルゲーム「海賊トレジャー」をリリース。その後、カナダスタジオ立ち上げのためバンクーバーに赴任。2015年、DeNAを退職し、株式会社Mrk & Coを共同創業。

 

■株式会社Mrk & Co 概要

所在地:東京都渋谷区東2-25-3 Wave渋谷4F
代表者:代表取締役 上條景介
事業内容:レストランデートマッチングアプリ「Dine」の開発・提供
URL :https://dine.dating

LoveTechMedia編集部

242,529 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは