5年後の国内恋活・婚活マッチングサービス市場は約2倍に、マッチングエージェントが予測発表

恋愛/結婚

LoveTech Media編集部コメント

今年もやってきた。国内オンライン恋活・婚活マッチングサービスの市場規模予測が発表された。

 

マッチングサービス「タップル誕生」を運営する株式会社マッチングエージェントの、恋活・婚活マッチングサービスに特化した調査機関「Love Tech(ラブテック)ラボ」から毎年発表されるレポートである。

 

2019年の同市場規模は、前年比約4割増の530億円になり、2024年には、2019年比約2倍の1037億円に拡大すると予測されている。

 

2019年は前年の4割増ということで、すごい市場成長だ。

 

昨年同様、大手事業者が提供するサービスが市場の成長をけん引する一方、より気軽な出会いをマッチングするサービスもさらに成長することが見込まれるという。

 

また、オフラインの大手結婚紹介サービス事業者によるオンライン領域での投資拡大が、市場の活性化につながることも期待されている。

 

オンラインマッチングサービスが列記とした恋活・婚活手段として認知されはじめていることは明白で、今後は首都圏のみならず、地方での利用も増えていくだろう。

 

成長する市場下と広がる出会いの幅を通じて、幸せな出会いがますます増えていくことを期待したい。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社でマッチングサービス「タップル誕生」を運営する株式会社マッチングエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:合田武広)は、恋活・婚活マッチングサービスに特化した調査機関である「Love Tech(ラブテック)ラボ」にて、株式会社 デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、恋愛や結婚対象となるパートナーをオンライン上で紹介するオンライン恋活・婚活マッチングサービスに関して、国内の市場規模を調査いたしました。調査結果は以下のとおりです。

国内のオンライン恋活・婚活マッチングサービス市場規模予測

2019年のオンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は、前年比約4割増の530億円に。2024年には、2019年比約2倍の1037億円に拡大すると予測。

2018年は、大手事業者が提供するサービスが大きく伸びるとともに、恋活・婚活にとどまらない異性との気軽な出会いをマッチングするサービスの需要が増加。一方、オフラインにて結婚紹介サービスなどを提供する事業者による、オンラインサービスへの本格的な参入もみられました。

オンライン恋活・婚活マッチングサービスは、既に恋活・婚活における異性の出会いで利用される割合が最も高いサービス(※1)でしたが、テレビや新聞、雑誌などのメディアにおいても広くその動向が紹介されたことによって、これまで20代を中心とした若年層に高い支持を受けていたところから、より幅広い年代へと認知・関心が広がっています。

2019年には引き続き大手事業者が提供するサービスが市場の成長をけん引する一方、より気軽な出会いをマッチングするサービスもさらに成長することが見込まれます。
また、オフラインの大手結婚紹介サービス事業者によるオンライン領域での投資拡大が、市場の活性化につながることも期待されます。

今後は安心・安全な異性の出会いを提供するオンライン恋活・婚活サービスの魅力がより幅広い利用層に伝わることで更なる市場成長につながり、2024年のオンライン恋活・婚活サービス市場規模は、2019年比約2倍の1037億円に拡大すると予測されます。

サイバーエージェントグループのマッチングサービス

サイバーエージェントグループではマッチングサービス事業を新たな注力分野と位置付け、趣味でつながる恋活サービス「タップル誕生」や、「すれ違いを恋のきっかけに」をコンセプトに、位置情報を利用したサービス展開をする「CROSS ME」の提供を行っております。

※ 1 株式会社マッチングエージェント「LoveTech(ラブテック)ラボ」「マッチングアプリの意識実態調査」
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=22647

・本調査におけるオンライン結婚・恋愛マッチングサービスの定義
オンライン恋活・婚活マッチングサービスとは、オンライン上で結婚や恋愛のパートナーを紹介するサービスで、出会い系サイトなど「大人の出会い」を訴求している倫理性の低いサービスや、サービス上で公開されているユーザー情報の秘匿性が高いものを除きます。

・ 本調査では、ユーザーがオンライン恋活・婚活マッチングサービスの利用に支払う利用金額の年間合計額を推計し、市場規模予測を算出しております。

調査概要

調査主体:株式会社マッチングエージェント
調査時期:2018年11月から2019年1月
調査方法:株式会社IBJ、株式会社ネットマーケティング、株式会社パートナーエージェント、株式会社Mrk & Coをはじめとする業界関係者へのヒアリング、調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、公開情報の収集
調査対象:オンライン恋活・婚活マッチングサービス 
調査機関:株式会社デジタルインファクト

※本調査内容を転載・ご利用いただく場合は、弊社のクレジット(Copyright ©MatchingAgent, Inc. All Rights Reserved.)を記載してください。

LoveTechMedia編集部

187,610 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは