エン婚活エージェント、オンライン婚活支援強化に向けパートナーエージェントと資本提携

恋愛/結婚

 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンの子会社であるエン婚活エージェント株式会社が、本日、婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントとの資本提携を発表した。

 エン婚活エージェントといえば、店舗を持たない結婚相談所、いわゆる「オンライン結婚相談所」を展開する新たな業態のベンチャー企業だ。

 店舗を持たないので、よりスリムな経営を実現でき、結果として利用金額も従来の結婚相談所よりも格段に安く、結婚相談所と同等レベルの安心安全な活動ができることが特徴だ。

 昨今成長の著しい恋愛・婚活マッチングサービスと結婚相談所のいいとこ取り、といったところだろう。

 以前Love Tech Mediaでも、同社代表取締役社長の間宮亮太(まみやりょうた)氏にインタビューさせていただいた。

 

 またパートナーエージェントといえば、専任コンシェルジュによる高い成婚率を実現する婚活支援サービス「パートナーエージェント」や、婚活支援事業者向け会員相互紹介プラットフォームサービス「CONNECT-ship」の開発・運営、地方自治体向け婚活支援サービスの展開など、世の中の男女に対して様々な形で結婚支援ソリューションを提供している企業だ。

 最近だと、広告のイメージキャラクターに「ドロンジョ」と「ブラック・ジャック」を起用し、両者のお見合いを描いたWEB動画「ドロンジョとブラック・ジャック」を展開。ギャグアニメとシリアス漫画という本来なら出会うはずのないキャラクター同士の貴重な婚活シーンということで、話題になったことは記憶に新しい。

 

 今回実施された第三者割当増資により、エン婚活エージェントはパートナーエージェントより約1.7億円を調達、エン・ジャパン株式会社の子会社であると同時に、パートナーエージェントの持分法適用関連会社となる。

 

 もともとエン婚活エージェントとパートナーエージェントとでは2016年5月時点で業務提携を結んでおり、翌年にはパートナーエージェントが提供する婚活支援事業者向け会員相互紹介プラットフォームサービス「CONNECT-ship」を採用し、より多くの出会い機会と成婚を共創してきた。

 今回の資本提携は、これまでの取り組みからさらに、お互いの強みを活かして連携を強化し、利用者のさらなる拡大を実現するためのものだという。

 

 以下、エン婚活エージェント代表の間宮氏より個別にコメントを頂戴した。

エン婚活エージェント株式会社 代表取締役社長 間宮亮太氏

パートナーエージェント様とは、2016年の弊社創業当初から業務提携を結んでおり、想いを1つに今日まで一緒にやって参りました。

同社の理念や業界への考え方に共感していることはもちろん、弊社が目指すオンライン完結型の婚活事業構築に向け、これまで培って来られたノウハウを惜しみなくご提供いただけたことを、非常に有難く感じております。

その中で今後、お互いの強みを活かして連携を強化し、利用者のさらなる拡大を加速したいということで昨年の10月頃より話し合いを重ね、今回の資本提携に至りました。

2023年に1,000億円に迫る(※)と見込まれた注目度の高いオンライン婚活サービスの市場は、新しい出会いの手段としてますます浸透しつつあります。

パートナーエージェント様はオフラインの店舗型における事業展開に強みを持ち、弊社はオンラインでの事業展開に強みを持っております。

今回の資本提携をきっかけに弊社はパートナーエージェント様のグループ企業(関連会社)ともなるので、同社のオンライン戦略含め、データとテクノロジーを活用して成婚率の向上とコストパフォーマンスNo.1を目指して参ります。

弊社が創業以来抱いてきた、『結婚成功(結婚の成立+結婚後の幸せ)』が最も大切という強い想いのもと、これから高まる生涯未婚率や離婚率の抑制に、より一層邁進して参ります。

※マッチングエージェント/デジタルインファクト調べ

 

Love Tech Mediaに感想・コメントを送る

 

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは