みちのく銀行 × オプティム、青森の未来を描くスマート農業地域商社を設立

社会課題

LoveTech Media編集部コメント

青森を拠点とする家庭の銀行・みちのく銀行と、AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーであるオプティムが、スマート農業地域商社「株式会社オプティムアグリ・みちのく」を設立した。

両社は約1年前の2018年1月11日に、「農業」と「金融」分野におけるAI・IoT活用を推進すべく、「AI・IoT戦略的包括提携」を締結しており、その取り組みとして、オプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」にみちのく銀行が参画し、実証実験を行ってきた。

 

この実証実験の成果を踏まえ、みちのく銀行との連携をより強化しスマート農業を推進すべく、今回の合弁会社設立につながった。

 

オプティムアグリ・みちのくでは、両社それぞれの強みを融合し、以下の4点を中心に取り組み、青森県の農業を盛り上げていくという。

  1. オプティムのスマート農業ソリューションを活用し生産者と連携した農作物の生産と販売
  2. スマート農業に関する総合商社機能の提供
  3. スマート農業に関するコンサルティングサービスの提供
  4. その他、青森を中心とした地域の発展・貢献に必要なAI・IoTサービスの提供

株式会社オプティムアグリ・みちのくのビジネスモデル図

 

青森県の農業産出額は東北第1位、全国第8位(出典:農林水産統計)で、農業は青森県の基幹産業として位置づけられているにも関わらず、農家の総所得は年間428万円(出典:青森県農林水産部)と、全国に比べても低く、耕作放棄地面積も東北第2位、全国第6位(出典:農林水産省)となっている。

 

オプティムアグリ・みちのくは、こうした現状を踏まえ、青森県のスマート農業に従事する方が収益を上げ、後継者不足が解消し、農村集落の人口も増え、やがて地域が活性化する。そんな青森の未来を思い描きながら農業課題の解決を目指していく予定だ。

 

青森県発の、アグリテックから始まる地方創生に期待したい。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティム(以下 オプティム)は、株式会社みちのく銀行※1(以下 みちのく銀行)と合弁会社である、スマート農業地域商社「株式会社オプティムアグリ・みちのく」を日本で初めて※2設立しました。

オプティムとみちのく銀行は、2018年1月11日に、「農業」分野ならびに「金融」分野において、AI・IoTの活用を推進すべく、「AI・IoT戦略的包括提携」を締結しました。「AI・IoT戦略的包括提携」は、「地域の一員として存在感のある金融サービス業を目指し、お客さまと地域社会の幸福と発展のためにつくします」という企業理念を掲げているみちのく銀行と、農業、金融をはじめとした、さまざまな産業においてのAI・IoTの活用を推進すべく日々取り組んでいるオプティムの両社が、AIやIoTなどの技術活用を推進し、「農業」分野と「金融」分野においてAI・IoTを活用し、新しい価値を人々に提供する事を目指す取り組みです。

これまで「AI・IoT戦略的包括提携」の取り組みとして、青森県の基幹産業である第一次産業のさらなる発展を図るべく、オプティムが新たに設立した「スマート農業アライアンス」にみちのく銀行が参画し、実証実験を行ってまいりました。結果、実証実験の成果を踏まえ、みちのく銀行との連携をより強化しスマート農業を推進すべく、合弁会社であるスマート農業地域商社「株式会社オプティムアグリ・みちのく」を設立することとなりました。

「株式会社オプティムアグリ・みちのく」の概要は、以下の通りです。

「株式会社オプティムアグリ・みちのく」概要

●会社名  : 株式会社オプティムアグリ・みちのく

●営業開始日: 2019年2月1日

●事業内容 :

1. オプティムのスマート農業ソリューションを活用し生産者と連携した農作物の生産と販売

2. スマート農業に関する総合商社機能の提供

3. スマート農業に関するコンサルティングサービスの提供

4. その他、青森を中心とした地域の発展・貢献に必要なAI・IoTサービスの提供

●URL    : https://michinoku.optimagri.com/

「株式会社オプティムアグリ・みちのく」では生産・販売の両面から青森県の基幹産業である第1次産業の農業を“稼げる農業”にすべく、「スマート農業」を積極的に推進してまいります。

スマート農業アライアンスとは

「スマート農業アライアンス」とは、AI・IoT・ビッグデータを活用して“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現するべく、スマート農業を推進する取り組みです。「オプティム・スマート農業アライアンス」へは、農家様だけではなく、企業や金融機関、自治体、大学など、スマート農業を共に実現する未来志向の方々であればどなたでも参画いただけます。「スマート農業アライアンス」に参画いただいた方々は、「スマートアグリフードプロジェクト」、「スマートデバイスプロジェクト」、「その他プロジェクト」の何れかにご参加いただきます。

「スマート農業アライアンス」についての詳細は以下の「OPTiM スマート農業ソリューション」Webサイトをご確認ください。

https://www.optim.co.jp/agriculture/

※1 本店所在地:青森県青森市、代表取締役頭取:藤澤 貴之

※2 2019年1月29日時点、当社調べ。

オプティムの目指す、オプティマル事業とは

~Optimal【形】最適な、最善の、最も有利な~

急速なインターネット普及に伴い、これまでネットを利用したことのないユーザーがネットを利用する機会が増えており、このユーザー層にとって現状のネットは必ずしも使いやすいものではありません。このような状況にあって、ネットを空気のように快適で、息をするように無意識に使えるサービス・インフラに変えていく。オプティマル事業とは、そのためのオプティム独自の最適化技術によるサービス事業の総称です。

製品情報   : https://www.optim.co.jp/services

Facebookページ: https://www.facebook.com/optimjpn

Twitterページ : https://twitter.com/optim_jpn

株式会社オプティムについて

商号   : 株式会社オプティム

上場市場 : 東京証券取引所市場第一部

証券コード: 3694

URL    : https://www.optim.co.jp/

佐賀本店 : 佐賀県佐賀市本庄町1 オプティム・ヘッドクォータービル

東京本社 : 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング 21階

代表者  : 菅谷 俊二

主要株主 : 菅谷 俊二

       東日本電信電話株式会社

       富士ゼロックス株式会社

設立   : 2000年6月

資本金  : 443百万円

主要取引先:

NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社大塚商会、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、KDDI株式会社、株式会社小松製作所、ソフトバンク株式会社、西日本電信電話株式会社、パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社、東日本電信電話株式会社、富士ゼロックス株式会社、リコージャパン株式会社など(五十音順)

事業内容:

ライセンス販売・保守サポートサービス(オプティマル)事業

(IoTプラットフォームサービス、リモートマネジメントサービス、サポートサービス、その他サービス)

【Copyright・商標】

※記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

※本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

 

Love Tech Mediaに感想・コメントを送る

 

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは