YAOYA PROJECT始動、ものづくりのまち・八尾市企業と共に世界に挑戦するクリエイターを募集

社会課題

記事の要点

■ 高度な技術力と製品開発力をほこる企業が集積する大阪府八尾市が、株式会社ロフトワークと共催で「YAOYA PROJECT」を開始

 

■ 八尾市企業と共に世界(今年度は台湾)に挑戦するクリエイターを募集

 

■ 「こころを豊かにするプロダクト」をテーマに2019年10月20日まで募集

LoveTechポイント

日本の高い「ものづくり」技術をエンパワーする取り組みとして、「YAOYA PROJECT」そのものがLoveTechに感じます。

このようなプロジェクトをきっかけに、日本の高い技術力が再評価される仕組みが循環することを期待します。

編集部コメント

河内木綿(かわちもめん)やブラシ産業などの地場産業の発展をもとに、全国でも有数の中小企業が集まる産業の街として発展してきた、大阪府八尾市。

 

高度な技術力と製品開発力をほこる企業が集積する「ものづくりのまち」として知れ渡っている。

 

一方、どんなに優れた技術を持っていても、それを適切に世の中に伝えられていないと、宝の持ち腐れとなってしまう。

 

そのような状況から脱却し、培ってきた技術力を活かしたオリジナルプロダクトを作って世界の様々な市場への展開をめざす「YAOYA PROJECT(ヤオヤ・プロジェクト)」がスタートした。

 

八尾市と株式会社ロフトワークが主催するプロジェクトであり、2019年9月19 日〜2019年10月20日まで、共創プラットフォーム「AWRD」にて、八尾市の企業と一緒に世界を舞台に挑戦してくれるクリエイターの募集を開始した。

 

初年度である今回の挑戦舞台は「台湾」。

 

日本とも交流が深く、文化的にも親和性が高い台湾は、中国・東南アジアへ進出する足がかりとしても注目されている国だ。

 

今回は「こころを豊かにするプロダクト」というテーマが設定されており、台湾の方々のこころを豊かにするアイデアを広く募集している。

 

通過者には、台湾現地フィールドリサーチにも招待。

 

以下プロジェクト募集概要となっているので、興味のあるクリエイターの方は、ぜひエントリーを検討してみてはいかがでしょう。

YAOYA PROJECT

募集期間:
2019 年 9 月 19 日(木)ー 10 月 20 日(日)

募集テーマ:
「こころを豊かにするプロダクト」各企業の技術や素材を活かしたプロダクトアイデアを募集

※応募作品は、応募者自身のオリジナルで国内外未発表のものに限ります。

参加メリット:
台湾のフィールドリサーチへのご招待(渡航費・宿泊費支給)
ロイヤリティ契約(製品化した場合、原価の5%)

応募資格:
40 歳以下の個人またはグループ(エントリー時点で対象年齢の方)。国籍不問。11 月 6 日〜11 月 8 日に予定している、台湾のフィールドリサーチに参加できること

こんな方におすすめ:
新しい分野に挑戦したい。活躍の場を海外に広げたい。自分のクリエイティビティーが世界で通用するか挑戦したい。 アジアを中心とした海外マーケットに興味がある。カタチのデザインだけでなくブランディングも行いたい。

対象企業:
藤田金属株式会社、ホトトギス 株式会社、有限会社 大一創芸、ラピス株式会社、錦城護謨 株式会社、 有限会社赤坂金型彫刻所、株式会社 オーツー、有限会社 ルネセイコウ

スケジュール:
募集期間:2019 年 9 月 19 日(木)~10 月 20 日(日)
審査:2019 年 10 月 21 日(月)
結果発表:2019 年 10 月 23 日(水)
決起集会:2019 年 11 月 1 日(金)
台湾フィールドリサーチ:2019 年 11 月 6 日(水)~11 月 8 日(金)
プロダクト製作:2019 年 11 月 11 日(月)~2020 年 1 月 31 日(金)
プロダクト展示(台湾):2020 年 2 月9日(日)~3 月 8 日(日)

メンター・審査員:

堀内 康広
トランクデザイン株式会社 代表取締役・クリエイティブディレクター

小林 新也
合同会社シーラカンス食堂 / MUJUN 代表・デザイナー

李郁函
Pinkoi
Account Manager

 

参加詳細URL:
https://awrd.com/award/yaoya-project

主 催:
八尾市 / 株式会社ロフトワーク パートナー:AWRD

 

以下、リリース内容となります。

LoveTechMedia編集部

325,199 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは