ALS患者の声を救うサービス、オリィ研究所等が参画の「ALS SAVE VOICE」プロジェクトが提供開始

医療/福祉

LoveTech Media編集部コメント

ALS(筋萎縮性側索硬化症)。

 

運動を司る神経の変性によって筋肉への命令が伝わらなくなり、意識や五感・知能の働きは正常のまま、筋力の低下が引き起こされ、徐々にコミュニケーションが取れなくなっていく難病である。

 

発症してからの平均余命は3~5年と言われており、極めて進行が速く、治癒のための有効な治療法は現時点で確立されていない。

 

世界で35万人、日本には約1万人のALS患者が闘っている状況だ。

 

このALSという難病を認知している方の多くは、次のいずれかがきっかけだったのではないだろうか。

 

一つ目は、アイス・バケツ・チャレンジ。

ALS研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、またはアメリカALS協会(英語版)に寄付をする運動であり、2014年に米国でスタートしたその活動は、その後YoutubeやSNSを中心に社会現象化し、多くの国へと波及、ALSの認知向上に大きく貢献した。

 

そしてもう一つは、2018年11月26日に期間限定オープンしたロボット接客カフェ「DAWN ver.β」。

遠隔コミュニケーションロボット「OriHime-D」がカフェの従業員として働くという、近未来の働き方を提案したものであり、このロボットを操作していたのが、ALS患者や障がい者、引きこもりなどの人たちであった。

 

このOriHime-DをはじめとするOriHimeシリーズを開発する株式会社オリィ研究所が、新たに、音声合成プラットフォーム「コエステーション™」を提供する東芝デジタルソリューションズ株式会社とALS支援団体の一般社団法人WITH ALSとともに、「ALS SAVE VOICE PROJECT」を発足し、2019年7月31日よりサービスを提供を開始した。

 

ALS患者が、視線を使った意思伝達装置「OriHime eye」と、音声合成プラットフォーム「コエステーション™」を使用し、自分の声で発話し続けられるサービスを開発する共同プロジェクトだ。

 

ALSの最終的段階にはTLS(Totally Locked-in State:完全な閉じ込め状態)という状態があり、眼球運動やまばたきなど、全ての筋肉が完全に停止して、周囲との意思伝達を奪われてしまうことがある。

 

多くのALS患者が最も恐怖を抱いているのがこの状態であり、当然ながら声も出すことができなくなる。

 

オリィ研究所のヒアリングによると、ALSなどの神経難病の症状が進み発話が困難になった多くの当事者や家族は、「本人に似た声で話せないだろうか」「もう主人の声を忘れてしまった」「自分の声は自分の顔や身体の一部のようなもので、無くなる事はとても寂しい」といった声を寄せていたという。

 

本人の声を残す技術はこれまでに存在していたが、質の高い合成音声の生成には十数万円~数百万円ほどの費用が発生してしまうため、経済的負担が非常に大きいことが課題としてあった。

 

そのような背景から、”本人の声を簡単に残せて、かつ患者さんに大きな費用がかかる事なく、利用できるサービスを届ける方法”を目指す「ALS SAVE VOICE」プロジェクトが発足し、クラウドファンディングで資金を募り開発をすすめ、7月31日にサービスリリースを行う事が決まったということだ。

 

使い方は簡単な3ステップ。

 

まず、まだ話せるうちに、iPhoneの無料アプリ「コエステーション™」により自分の声の特徴を学習させ、声の分身「コエ」を作成する。

 

次に、意思伝達システム「OriHime eye」を導入する。病気が進行し、話す事、手も動かす事が困難になった時点で、購入補助制度が対象となる。

 

その上で、OriHime eyeの設定から「コエステーション TM 」と連携し、会話モードで発話したい文字を入力し、発声ボタンを押す。

 

この際に、読み上げ時の感情を設定することが可能となっている。

 

「ALS SAVE VOICE」プロジェクトでは、ゆくゆくは、ALSなどが進行した患者が自分のもうひとつの身体を操り、自分の元々の声で接客し、様々な職業で自分らしく生きていける、孤独にならない未来の実現を目指していくという。

 

私たちの多くは、自分の声で喋ることを「普通」のことと感じている。

しかし、失声した方々にとって、自分の声で話すということは非常に尊いことだという意識がある

 

ALS患者の方々をはじめ、声を失ってしまった多くの方々、もしくはこれから声を失う可能性があることを認知できている方々の「声」を守るサービスとして、多くの方々に認知してもらいたいと願っている。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

遠隔操作型のロボット「OriHime」、ならびにALSなど難病患者を対象とした視線入力システム「OriHime eye」を開発・提供している株式会社オリィ研究所(東京都港区、共同創設者 代表取締役所長:吉藤健太朗、以下 オリィ研究所)は、音声合成プラットフォーム「コエステーション™」を提供する東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信、以下東芝デジタルソリューションズ)ならびにALSの支援団体でもある一般社団法人WITH ALS(東京都港区、代表理事:武藤将胤、以下 WITH ALS)と連携し、声を失うALS患者の”自分の声”を合成音声として残し、失声後も自分の声を使い続けられるサービスの開発を目指す「ALS SAVE VOICE PROJECT」を発足、2019年7月31日よりサービスを提供開始する。

ALS SAVE VOICE 概要

ALS SAVE VOICEとは、オリィ研究所・東芝デジタルソリューションズ・WITH ALSによるプロジェクト。
ALS患者が、視線を使った意思伝達装置「OriHime eye」と、音声合成プラットフォーム「コエステーション™」を使用し、自分の声で発話し続けられるサービスを開発している。
このプロジェクトは、社会問題と向き合い課題解決に取り組んでいる人に特化したクラウドファンディングプラットフォーム「GoodMorning」にて、2019年5月16日〜30日までの15日間、資金調達を実施。
目標金額の150万円に対し、348人の支援者から3,427,610円を調達し、実現に至った。

クラウドファンディングページ:
https://camp-fire.jp/projects/view/153781

 

プロジェクトの経緯

オリィ研究所では2013年からALS患者会らと共に、寝たきりになっても周囲とのコミュニケーションや活動を可能にする様々な方法を開発してきた。
2015年に寝たきり状態の患者に特化した視線入力の国際特許技術を開発し、2016年に「OriHime eye」として提供を開始。視線入力などで文字の入力や合成音声での読み上げが可能になっていたが、ALSなどの神経難病の症状が進み発話が困難になった多くの当事者や家族から「本人に似た声で話せないだろうか」「もう主人の声を忘れてしまった」「自分の声は自分の顔や身体の一部のようなもので、無くなる事はとても寂しい」といった声を寄せられていた。

本人の声を残す技術はこれまでに存在していたが、質の高い合成音声の生成には十数万円~数百万円ほどの費用が発生してしまう。ALS患者の大半は、病気が進行すると仕事を辞めざるを得なくなる人がほとんどのため、経済的な事情で声を残せる人が限られているのが現状だった。

そこで、このたびALSの支援団体でもあるWITH ALSが呼び掛け、意思伝達装置「OriHime eye」、”自分のコエ”を生成できる音声合成プラットフォーム「コエステーション™」を提供する東芝デジタルソリューションズとコラボレーションする形で、”本人の声を簡単に残せて、かつ患者さんに大きな費用がかかる事なく、利用できるサービスを届ける方法”を目指す「ALS SAVE VOICE」プロジェクトが発足。クラウドファンディングで資金を募り開発をすすめ、7月31日にサービスリリースを行う事が決まった。

サービスの特徴

・本人の声を、患者さんに大きな費用がかかることなく、簡単に残すことができる。
・発声機能を失った後もOriHime eyeと組み合わせる事で視線入力で文字を入力でき、自分の声で発話、コミュニケーションを取ることが可能。
・感情表現が可能な合成音声を生成できるため、ただ情報を伝達するだけではなく、これまでになかった感情を乗せた発話コミュニケーションが可能
(例:冗談を言う際は喜びの声で、怒った際は怒った声で、など)

※今回のプロジェクトでは、現在まだ発話ができ、自分の声を残せる方が対象者となります。既に進行が進んでしまった方の声を録音などから復元する事は、残念ながら現段階ではできません。しかし今後も方法を探ってまいりますので、技術発展にご期待ください。

※すでに声を失ってしまった方にも、高精度の合成音声を男性、女性それぞれ3種類から選択でき、感情を乗せた発話を提供します。

使い方

次の簡単な3ステップで、「OriHime eye」で自分の声を基にした合成音声でコミュニケーションが取れるようになる。

STEP1:「コエステーション™」で音声を作成
・まだ話せるうちに、iPhoneの無料アプリ「コエステーション™」により自分の声の特徴を学習させ、声の分身「コエ」を作成。

STEP2:「OriHime eye」と連携
・意思伝達システム「OriHime eye」を導入。(病気が進行し、話す事、手も動かす事が困難になった時点で購入補助制度が対象となる)

STEP3:自分の音声でコミュニケーション
・OriHime eyeの設定から「コエステーション TM 」と連携し、会話モードで発話したい文字を入力し、発声ボタンを押す。(この時、読み上げ時の感情を設定可能)

これにより、患者は自分の声を基にした合成音声を使って、周囲や遠隔の人とのコミュニケーションが可能となる。

OriHime eye概要

「OriHime eye」とは、ALSなど難病患者と周囲の人との意思伝達に使われている”透明文字盤”をデジタル化、ユーザーの視線を検出し、発話や手足を動かせない状態まで症状が進行した人でも簡単に文字入力、文字の読み上げ、PCの操作ができる意思伝達装置。初めて使う方でも感覚的、直観的に操作ができるのが特徴で、2017年には購入補助制度にも適応され、必要な患者は1割負担で購入できるようになっていた。

日本全国の難病患者の方々に導入され、高い評価を受けている。

https://orihime.orylab.com/eye/

このシステムの導入により、ALSなどの神経難病の症状が進み発話が困難になった人であっても本人の意思をヘルパーなしで発話、PC操作が可能となる。

分身ロボットOiHimeを組み合わせる事で、周囲を見回したり写真を撮影したり、遠隔操作で遠くの会議に出席するといった事も可能。

 

オリィ研究所について

遠隔操作型のロボット「OriHime」、ならびにALSなど意思疎通が困難な難病患者を対象とした視線入力システム「OriHime eye」を開発・提供している。

また、120cmの大きなOriHime、「OriHime-D」も開発しており、このロボットを使って外出困難者が接客をする実験「分身ロボットカフェ」では、視線入力でALS患者が接客を行える実証試験も行った。
(参考:http://www.news24.jp/articles/2018/12/07/07411142.html

「ALS SAVE VOICE」プロジェクトにより、ゆくゆくは、ALSなどが進行した患者がこうした場で自分のもうひとつの身体を操り、自分の元々の声で接客し、様々な職業で自分らしく生きていける、孤独にならない未来の実現を目指している。

【関連項目】
・「ALS SAVE VOICE」プロジェクト
話せなくなるALS患者の”自分の声”を救うサービスを届けたい
https://camp-fire.jp/projects/view/153781

・コエステーションについて
https://coestation.jp/

・WITH ALSについて
https://withals.com/

・東芝デジタルソリューションズ株式会社からの本件プレスリリース
https://www.toshiba-sol.co.jp/news/detail/20190731.htm

・WITH ALSからの本件プレスリリース
https://withals.com/post/?id=395&fbclid=IwAR2_Bc5ap-720e4i81iTH3BS92fNRCxpESI4H3wnHT22sOi9sEm0jl5tbV4

 

株式会社オリィ研究所
https://orylab.com/

LoveTechMedia編集部

241,686 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは