AI新薬開発のMOLCUREが総額8億円の資金調達を実施。大手製薬との共同創薬事業を加速

医療/福祉

記事の要点

・株式会社MOLCUREが、ジャフコ グループ、STRIVE、SBIインベストメント、日本郵政キャピタル、GMOベンチャーパートナーズ、日本ケミファを引受先とする第三者割当増資により、総額8億円の資金調達を完了。

 

・MOLCUREが提供するバイオ医薬品分子設計技術は、AIとロボットを活用して自動的に大規模スクリーニングと分子設計を行うことで、既存の手法と比較して、医薬品候補分子の発見サイクルを10分の1以下に効率化することや、10倍以上多くの新薬候補を発見すること、従来の手法では探索が困難な優れた性質を持つ分子を設計することが可能。

 

・今後は、国内外の大手製薬企業との共同創薬パイプライン開発を推進するとともに、グローバルを主戦場とした事業展開をさらに加速させ、患者のQOL向上の実現に向けて事業展開を推進していく予定。

編集部コメント

AIを活用した新薬開発を行う株式会社MOLCUREが、ジャフコグループ、STRIVE、SBIインベストメント、日本郵政キャピタル、GMOベンチャーパートナーズ、日本ケミファを引受先とする第三者割当増資により、総額8億円の資金調達を完了した。

 

MOLCUREは、全ての病気に特効薬がある世界を実現を目指し、「人工知能・進化分子工学・実験自動化を統合したペプチド・抗体分子設計」による創薬プラットフォームを開発・提供するバイオベンチャー企業。

 

2013年の創業時からAIを用いた技術開発を行う、日本におけるAI創薬のリーディングカンパニーだ。

 

創薬領域は、AIを用いた革新的手法が米国をはじめとして急速に広がっているものの、いまだに有効な治療薬のない疾患は3万以上存在すると言われている。

 

このような疾患に対する新薬の開発は極めて重要であるが、製薬業界では創薬の難易度が年々高まっており、製薬企業が医薬品を市場に提供するまでに必要な期間は約10年、コストは約1,000億円という巨額なコストがかかるため(※)、開発効率が下がっているのが現状だ。

(※)引用:Nat Rev Drug Discov. 2010 Mar;9(3):203-14.

 

これに対してMOLCUREは、AIとロボットを活用し、自動的に大規模スクリーニングと分子設計を行うバイオ医薬品分子設計技術を提供している。

 

同社の技術は、既存の手法と比較して、医薬品候補分子の発見サイクルを10分の1以下に効率化ができる他、10倍以上多くの新薬候補を発見すること、従来の手法では探索が困難な優れた性質を持つ分子を設計することが可能となっている。

 

同社は現在、この技術を活用し、製薬企業とパートナーシップを組んで新薬開発を行っている。

 

また、2021年にTwist Bioscience(以下、Twist社)と実施した共同創薬パイプライン開発では、既存のバイオテクノロジー実験ドリブンな手法と比較して100倍以上の結合力を持つ分子を大量に設計し、創薬標的に対して効果を持つ分子を設計することにも成功し、AI創薬の具体事例として大きな成果を残している。

Twist Bioscience社は、合成生物学及びゲノミクス分野において急成長を続けているリーディングカンパニーで、2021年の世界で最も革新的な企業のひとつとしてFast Companyにも選出されている

 

 

Twist社のCEO兼共同設立者であるEmily Leproust博士は、この共同創薬パイプライン開発に対し、以下のようにコメントしている。

 

「MOLCURE社のAI技術は、当社独自の抗体探索・最適化の取り組みとテクノロジーにレバレッジ効果をもたらし、社内の抗体医薬品パイプラインを強化することを可能にします。彼らのAI技術と、当社の抗体医薬品ライブラリ及びNGSシーケンシングデータにより、さらなるリード抗体を探索することが可能です。」

 

このように、MOLCUREの圧倒的に多くの優れた医薬品分子を探索できる点や、AI×バイオ医薬品開発の質の高いノウハウが評価され、これまで米Twist Bioscience社、日本ケミファ社をはじめとする大手製薬企業、大手製薬バイオテック企業、累計7社10プロジェクトで利用されている。

 

同社は、今回の資金調達により、国内外の大手製薬会社との共同開発やグローバル展開を加速させ、患者のQOL向上の実現に向けて事業展開を推進していくという。

 

今後もMOLCUREにより、さらなる新薬候補の発⾒、医薬品分⼦の品質改善、創薬研究の効率化が実現され、アンメットメディカルニーズを満たす革新的な医薬品の創製に繋がることを期待したい。

LoveTechMedia編集部

「”愛”に寄りテクノロジー」という切り口で、社会課題を中心に、人々をエンパワメントするようなサービスやプロダクトを発信しています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは