“マッチング”文化から”デーティング”文化へ Omiaiの会社が仕掛ける『QooN』とは

インタビュー

 2012年より日本で本格的に展開を始めたマッチングサービス。”出会い系”という日本独特の文化がある中で、そのマイナスなイメージを着実に払拭していき、市場規模は2018年に374億円、2023年までには852億円にまで拡大するとの予測データがあるほど、市場は急速なスピードで成長している。

 一方、街中ではこんな声を聞く、「マッチングアプリでなかなかデートできないんですよね」。アプリを通じて気軽に相手とマッチングできるものの、人々は「実際に会うこと」に課題を感じていた。筆者もたくさんのマッチングサービスユーザーを見てきたが、マッチングしてお互いにメッセージをするところまでは進むものの、いざ対面でのデートとなると、なかなか実現しないようだ。

 そんな背景の中、”デーティングサービス”という新たな概念が誕生した。もっと気軽にデートを実現しようという仕組みのようだ。

 本記事では、株式会社ネットマーケティングが新たにリリースした『QooN』(クーン)というデーティングサービスについて、同社代表取締役・宮本邦久氏と、執行役員であり同アプリ開発統括である柿田明彦氏に、それぞれお話を伺った。同社は2012年、日本で最初にFacebookと連動したマッチングアプリ『Omiai』をリリースし、今日までマッチングサービス業界を牽引してきた。そんなマッチングサービスの老舗企業が、今年、新たな挑戦を始める。

 『QooN』開発の背景や狙いと今後の展望については宮本氏に、『QooN』の具体的な機能については柿田氏に、それぞれお話を伺うことにする。

 

今年は”デーティングサービス”元年です

--宮本さんの『QooN』開発におけるお立場について教えてください。

宮本邦久(以下、宮本氏):株式会社ネットマーケティングの代表として、QooNプロジェクトのプロデューサーをしております。

 

--そもそも『QooN』開発に至るまでの経緯について教えてください。

宮本氏:もともと弊社が始めた『Omiai』というサービスは、アメリカにおけるマッチングサービスの胎動を海外メディア等を通じて知り、向こうで展開されている様々なサービスを調査・勉強した上で、日本での開発に着手したという経緯があります。

マッチング先進国であるアメリカの動向は非常に重要で、今でも注視していますね。日本ではFacebookと連動したマッチングアプリは弊社の『Omiai』が初めてとなり、おかげさまで現在まで順調に成長して参りました。

そんな中、2015年に「世界で5,000万人のユーザーを集めた」というTinder社(※)のリリースを見て、正直に驚きました。そんなアプリがあるのか、と。それから同社含め海外のマッチングサービスの本質的な価値を調べて参りました。

その過程で、いわゆる婚活や恋活とはそもそも違う、”デーティング”という領域で展開されているサービスであることがわかりました。

※Tinder: Facebookを使って登録ができる、スマホの位置情報を利用したマッチングサービス。米国が本社

 

--そこで初めて”デーティング”という概念を捉えられるわけですね。

宮本氏:はい。デーティングとは日本で言えば、例えば英会話教室での出会いだったり飲み会での出会いだったり、いわゆる「恋愛」「結婚」などパートナーを探すのとは違う文脈での出会いのことを示します。

弊社が運営する『Omiai』は、婚活や恋活という目的で利用されているのですが、よりカジュアルな出会いを提供するために、新たなアプリを作ることにしました。

 

--それでは構想自体は2015年からあったということですね。このタイミングでのリリースとされたのは何故なんでしょう?

宮本氏:ユーザーの皆様がマッチングサービスというものに十分に慣れてきたタイミングを見計らっていまして、今こそが参入のタイミングと判断しました。2018年はデーティングサービス元年と捉えています。

 

--どのような人々が、デーティングサービスのターゲットとなるのでしょうか?

宮本氏:婚活や恋活のマッチングサービスを使っている方々はもちろんなのですが、どちらかというと、現在マッチングサービスを使っていない層に訴求していきたいです。

マッチングサービスって、まだまだ使っていない人の方が多いんですよ。アプリで恋人や結婚相手を探すことに、やはり抵抗がある方も多いんですね。そこまでして探しているわけではない、と。仕事もプライベートも充実していて、いい人がいればお付き合いしたり結婚したいけど、マッチングアプリで相手を探すほどでもない。そういった方々に、まずは「友達から始まる出会い」を提供したいと考えています。この辺りも、海外のデーティングサービス調査を通じた発見でした。

 

デートする飲食店を提案して新たな出会いにつなげる

それでは早速『QooN』の機能について、株式会社ネットマーケティング執行役員である柿田氏にお話を伺った。

 

--柿田さんの『QooN』開発におけるお立場について教えてください。

柿田明彦(以下、柿田氏):『QooN』では統括的な立場として事業責任者を務めており、プロデューサーである宮本と開発チームとで密に連携しながらプロジェクトを進めております。

 

--ありがとうございます。早速QooNの機能について教えてください。

柿田氏:『QooN』には3つのモードがあります。それぞれQooN(クーン)モード・Qdish(キューディッシュ)モード・Qtoday(キュートゥデイ)モードです。言葉だけだと判りにくいかもしれませんが、『QooN』というアプリの中に、それぞれQooNという機能と、Qdishという機能と、Qtodayという機能が入っていると考えてください。

 

--アプリ内でモードを切り替えるイメージですね。それぞれのモードの詳細を教えてください。

柿田氏:まずQooNモードについてですが、これはスマホの”スワイプ操作”(※)で相手を探していく機能になります。まずはデーティングアプリの操作に親しんでいただけるよう、ユーザーの方が操作しやすい画面にしています。また、我々がこれまで運営してきた『Omiai』で安心安全への取り組みを、QooNでもしっかりと踏襲して実施して参ります。24時間365日の監視や、身分証明証を使った年齢確認などです。

※スワイプ操作:スマートフォンの画面を指で横に滑らせる動きの総称

 

--安心安全に利用できるデーティングアプリということですね。

柿田氏:はい、セキュリティ対策については万全の体制で臨んでいます。ここが外国製アプリとの大きな違いとなります。

次にQdishモードですが、これは相手のプロフィールの他に「飲食店の提案」を通じて出会っていただくことを目的としています。このお店で一緒に会いませんか、という提案です。

 

--なるほど。お店はあらかじめ用意されているのですか?

柿田氏:いえ、こちらでお店を選別してはおらず、日本にある全ての飲食店を検索して選んでいただけるようにしています。極端な話、5つ星レストランを選ぶこともできれば、ファーストフード店を選ぶこともできます。

つまり、アプローチする側にとって、お店選びは腕の見せ所になります。なぜこのお店を選んだのか、なぜこのお店をあなたに提案したのか。あらかじめ運営側でお店を選別してしまうと、人それぞれが持つお店のストーリーを制限してしまい、相手への提案の幅が狭まってしまいます。アプリのヘビーユーザーの方であれば、「またこのお店なんだ」となってしまうかもしれません。

日本中の様々なお店を通じてのデートのお誘いは、見ていて楽しいと思いますよ。

 

--そうなると、マッチングする人がQooNモードと違ってくるかもしれませんね。

柿田氏:そうなんです。もしかしたらQooNでダメだったアプローチも、Qdishではマッチングする可能性もあるわけです。相手のプロフィールだけだとどうしてもそのプロフィールの印象だけが判断材料になりますが、飲食店も含めた判断となると、「このレストラン行ってみたかった」などの、新たな出会いのきっかけにつながると考えております。

 

--見ているだけで楽しそうですね。利用年齢層は若い方だけでなく、人生経験の多い方も楽しめますね。

柿田氏:まさに、若い方のカジュアルな出会いから、大人の男女のデートまで、幅広くご利用いただける場所になって欲しいと考えています。デーティングサービス自体は若い方が使っていることが多いのですが、僕たちとしては30代以上の方でも気軽に、そしてより楽しく出会える方法はないものかと考えた結果、このQdishの構想に至った経緯があります。

 

--なるほど。Qdishモードでトラブルが起きないための対策などは何かございますか?

柿田氏:お酒を飲めるのは20歳以上なので、先ほどお伝えしたセキュリティ対策の他に、Qdishモードでは20歳以上の方のみ使えます、という年齢制限をかけています。もちろんお酒を飲まないデートもたくさんあるかと思いますが、実際のデート内容まではこちらでコントロールできないため、入り口のところで年齢制限をかけるようにしています。

 

今日マッチングして今日出会えるQtoday

--最後にQtodayモードについて教えてください

柿田氏:Qtodayは、「今日会いたい」人同士をマッチングする機能です。

「出会いがない」という方々のお話を聞くと「時間がない」ことを理由にされる方が多いのですが、実は前々から予定する時間を調整するのは難しいものの、当日結果として時間が空いた、ということが結構多いことがわかりました。

例えば予定していた用事が突然なくなったり、デートの約束を突然すっぽかされたり。そういった空いた時間を有効活用して出会いに繋げていただけるのが、Qtodayになります。

 

--具体的にはどうやって「今日会いたい」ことを相手に伝えるのでしょうか?

柿田氏:まずは画面を開いて、今日会うにあたって「自分から会いに行きます」なのか、「私に会いに来てください」なのかを設定することができます。また、会う時間を「何時から何時まで」という形で設定できるので、自分が意図しない遅い時間までデートに付き合わされる、という事態への予防線にもしていただけると思います。「今日は○○時まででアプリでも設定していたので、これで失礼します」みたいな形ですね。

今日会いたいことへの意思表示エントリーは21:00まで、エントリーへの回答は21:30までとなっているので、極端に遅い時間での調整などはできないようにしています。トラブルの元ですからね。

 

--なるほど。21:30をすぎると、その日のエントリーは全部なくなって、また翌朝、新しいエントリーを受け付ける、みたいな形ですか?

柿田氏:はい。毎日エントリー情報はリフレッシュするので、設定していたけど実は今日時間が空いていない、ということはないようにしています。

 

--「私に会いに来て」と意思表示する場合、待ち合わせなどはどのように調整するのですか?

柿田氏:「私に会いに来てください」の場合は、必ず待ち合わせのレストランを設定するようにしています。例えば「20:00に恵比寿に来てください」って漠然と言われたら、正直怖いですよね。私、一体どこに行くんだろうって。でも特定のレストランでの待ち合わせであれば安心ですよね。ここはQdishと機能的には連携しています。

当日であっても、相手と場所と時間を特定した上で会うことができる、という観点で安心安全への配慮を機能として実現しています。

 

--例えばドタキャンでデートがなくなった方にとって、この機能はありがたいですね。

柿田氏:実際にドタキャンって非常に多いんですよ。それが今のマッチングサービスの現状と言えます。

しかもドタキャンって、一般的には17:00あたりが一番多いんですよ。前日ならまだしも当日なので、リカバリーが効かないんですよね。そんな時に、Qtodayを使っていただきたいと思います。

 

これからはスピードマッチングの時代です

QooNの主要機能をご紹介いただいた中で、改めて、今後のマッチング・デーティング市場について宮本氏にお話を伺った。

 

--これからはデーティングサービスの時代、とおっしゃっていましたが、具体的にどのようなニーズが出てくると思われますか?

宮本氏:まさにQtodayで実現するような、”スピードマッチング”が主流になってくると思います。これまでのデーティングサービスでは、相手を検索したりプロフィールカードをめくっていくこと自体を楽しんでいたり、いいねが増えることで自己承認欲求が満たされたりなど、実際に会うという以外での使われ方・楽しみ方がなされている、というデータがあります。ここからは、改めて「出会いに直結するマッチング」という観点で、このスピードマッチングが望まれてくると考えています。

 

--スピードマッチングという概念も新しいですね。

宮本氏:実は日本に昔からある、いわゆる”出会い系”のサービスは、スピードマッチングがメインの機能なんですよ。今も昔も、「今日会える人」を探すことが主要な目的として使われていました。でも出会い系の場合は、安心安全への対応が疎かなので、それこそ犯罪やパパ活などの温床になっていました。

QooNは、安全安心な運営体制の元で改めてホワイトな形で出したいという、チャレンジでもあります。

 

--そうなのですね!そうなると、もともと男性にはニーズがある機能なんですね。

宮本氏:そうですね。「今日会える文化」を、今度はQooNを通じて女性の方々にも浸透していってもらいたいな、と思っています。

QooNが日本で一番使われるデーティングアプリを目指して、頑張って参ります!

 

編集後記

今年の3月にオフィス移転をされた株式会社ネットマーケティング様。非常に洗練されたオシャレオフィスで、映画『マイ・インターン』(主演:ロバート・デ・ニーロ)のような雰囲気を感じさせます。

 

そんな中で実施された本取材では、男女の出会いについての新しい潮流を伺うことができました。マッチング→メッセージ→デートという流れから、マッチング→デートという、より「実際に会いたい」方々のニーズに優しい時代になりそうです。

 

リリースされたばかりのQooN。今後の展開に大いに注目しております!

 

ありがとうございました。

柿田さんを囲うQooNチームの皆さま

『QooN』詳細についてはこちらをご覧ください

本記事のインタビュイー

宮本邦久(みやもとくにひさ)

株式会社ネットマーケティング 代表取締役社長

1998年慶応義塾大学総合政策部(SFC)卒業後、日商岩井株式会社(現、双日株式会社)へ入社。

その後2000年、同社の旧情報産業本部が分社独立したベンチャーキャピタル(ITX株式会社)へ転籍。

海外ベンチャー企業への投資検討、同社投資先ベンチャー企業各社でのコンテンツ企画、事業提携を担当。

2003年、同社投資先のインターネット広告会社へ出向中、アフィリエイト広告事業の立ち上げ責任者に従事。

 退職後、2004年7月株式会社ネットマーケティング設立。現在に至る。

 

柿田明彦(かきだあきひこ)

株式会社ネットマーケティング 執行役員 メディア事業本部本部長

東京都立大学卒業後、3年間の自由人を経て、2001年に株式会社アドウェブに入社し、3年後の2004年に取締役として株式会社エスツーソフトの立ち上げに参画。

その後、2012年12月、株式会社ネットマーケティングに入社し、システム開発本部長、メディア事業本部長を歴任。メディア事業の新サービス「QooN」でもサービス責任者として全体の統括を行っている。

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは