AI(愛)とテクノロジーで介護業界に寄り添うウェルモ《後編》

インタビュー

 ITを通じて介護業界の情報透明化と働き手の負荷低減に着手する株式会社ウェルモ。

 前編では同社代表取締役CEOである鹿野佑介氏にインタビューした。後編も引き続き同氏へのインタビューを続ける。

 後編では、実際のサービスを始められたきっかけや、今後の展望について語っていただいた。

》前編記事はこちら

8ヶ月かけて約400法人の介護事業所を巡る

--ケアマネジャーさんが作成するケアプランの作成支援をする「ケアプランアシスタント」という人工知能がとても面白いですね。

鹿野佑介(以下、鹿野氏):ありがとうございます。

最初からこのケアプランアシスタントはやりたいことだったんですが、これを先にやっても、ただの机上の空論になってしまうなと思いました。

介護は結局、誰がやるかなんですよ。誰と出会えるのかが大事なんです。なので、最初に介護にまつわる地域資源の可視化から始めました。

 

--なるほど。そもそもはどのようなスタートだったのですか?

鹿野氏:最初は、それこそ介護事業所をひたすら巡ってボランティアとインタビューを続けていきました。北は仙台から南は福岡まで、8ヶ月かけて約400法人を巡ることで、とにかく現場を学んでいきました。

それで気づいたんですね、あぁ、これはヤバイなって。仕事の仕方が30年くらい遅れていて、未だに電話・紙・ファックスという状況でした。人件費比率が高い業界でコミュニケーションコストのかかる紙ベースのやりとりをしていたら、率直に介護保険が持たないなって思いました。

介護事業所って、行かれたことありますか?

 

--いえ、ないです。

鹿野氏:見た感じ、普通の一軒家なんですよ。しかもホームページがないところも多い。紙のチラシでしか知る方法がなく、介護事業所を一つ探すのにめちゃくちゃ苦労するという現実がありました。

そういうところに一軒一軒自転車で訪問して、ヒアリングしながら情報を可視化していきました。

 

コンビニの数倍ある介護事業所の数

(福岡県庁にて小川洋福岡県知事を表敬訪問される鹿野氏)

--福岡を拠点にされた理由はなんだったんですか?

鹿野氏:これは全国を巡って実感したことなのですが、地域によって介護や新しいことに対する姿勢が全然違うんですね。北に行くほど閉鎖的になる印象があり、南に行くほど新しい取り組みにウェルカムな雰囲気がありました。

特に福岡に入った時に、ものすごく熱い方が多くて、僕の持っている課題感を自治体の方にお伝えしたところ、ぜひやりましょう!ということになって、福岡市を拠点に活動することになりました。要は人とのご縁があった、ということです。地縁も何もないところにも関わらず、大変有り難かったですね。

 

--現在は、ミルモタブレット(ケアマネジャー用タブレットシステム)は福岡で展開、ミルモネット(介護の地域資源情報検索WEBサイト)は東京で展開準備をされていらっしゃいますね。今後さらに展開を予定されているところはございますか?

鹿野氏:将来的には全47都道府県で導入するつもりで進めています。直近では、ぜひやりたい!というお話をいただいたところに、詳細を伺って導入を進めるようにしていますね。現状は北の方と関西の方でそれぞれ準備を進めているところです。

 

--比較的都心が優先的ですか?

鹿野氏:介護事業所が多すぎてわけがわからないって、基本的に都心の課題なんです。ご存知かもしれませんが、介護事業所って、コンビニの数よりも多いんですよ。コンビニの数倍の数があるのに情報がどこにもないから、選べないんです。だから必然的に、都心の方が課題感として高くなりますね。

 

45.9%のケアマネさんが自分の能力や資質に不安あり

--次にケアプランアシスタントについて教えてください。これはどういう仕組みのシステムなのでしょうか?

鹿野氏:ケアマネジャーさんが作成するケアプランの作成支援をするAIエンジンです。

2017年4月から国立情報学研究所 市瀬龍太郎准教授との共同研究を開始して、さらには東京大学 橋田浩一教授、統計数理研究所 持橋大地准教授を技術顧問に迎えて、研究開発を推進していきました。

今ようやく研究開発フェーズから、エンジンの質を上げて製品化に向けたフェーズに入っています。

 

--ケアマネジャーさんは、ケアプラン作成に苦労されているのですか?

鹿野氏:ケアプランって、結構難しいですよ。

これが実際のケアプランなのですが、どうですか?難しくないですか?

 

--はじめて見たのですが、これを一人で作るとなると、相当大変ですね。

鹿野氏:ロジカルシンキング力が相当必要なんですよ。しかも、医療から日常生活まで、必要な知識の範囲が幅広いんですよね。

日々相談者が増えて行く中で、これだけの課題分析をさせるのって、相当無理があると思います。しかもケアマネジャーさん一人当たり、平均して25人前後の被介護者を担当しているという。法律上は35人までみれるのですが、そこまで手が回っていないです。

もう業務的にパンパンなんです。

さらに、ケアマネジャーさんに向けてアンケート調査をした結果があるのですが、これが衝撃的なんですよ。

自分の能力や資質に不安があると思っているという方が45.9%にも上ったのと、ケアマネジャーを続けられないと思うことがあるという方も46.2%に上ったんです。

これ、すごく衝撃なデータですよね。

<調査結果引用元>
平成28年厚生労働省居宅介護事業所及び介護支援専門員の業務等の実態に関する調査研究事業
平成25年三菱総研 居宅介護支援事業所及び介護支援専門員業務の実態に関する調査

 

--これは、被介護者からしたら不安な数字ですね。

鹿野氏:これ、逆のデータもあって、担当しているケアマネジャーさんを信頼しているかどうか、という被介護者へのアンケートについては、なんと80%を超えているんですよ。

つまり、8割以上の被介護者はケアマネジャーさんのことを信頼している反面、半分のケアマネジャーさんは不安に思っているという。このギャップが僕としては非常に問題だなと感じていて、少しでもケアマネジャーさんの負担を減らす必要があると考え、ケアプランアシスタントの研究開発を早急に進めています。

 

ハイブリッド構成の人工知能

--ケアマネジャーさんは、どのようにケアプランアシスタントを使われる想定ですか?

鹿野氏:ケアマネジャーさんが被介護者との面談で収集したその方に関する情報を、ケアプランアシスタントの「アセスメント」という入力画面で情報を入れていくんです。そうすると人工知能がそれを解釈し、ケアプランの仮案を作成します。こういう課題と目標・介護内容がありますよ、みたいな項目がずらずらっと出てきます。

ケアマネジャーさんはそれを見て、任意に修正することができるようにしています。文章を書き換えた上でまた人工知能に分析をさせると、また想定される課題と目標・介護内容が出てくる。これを繰り返して行くことで、精度の高いケアプランを作成いただける、という仕組みにしています。

人工知能と対話することでケアプランを作り上げていくイメージです。

 

--そうすると、知識のデータの他に言葉の理解が必要という、エンジンとしては非常に難しい分野を研究開発されていますね。

鹿野氏:すごく難しいですが、ちゃんと動いています(笑)

僕たちのケアプランアシスタントは、「経験」と「知識」の2つに分けて、それぞれ別の動かし方をしています。

まず「経験」については、過去のケアプランデータを機械学習させて、統計処理してモデルを作っていくということをやっています。過去のケアマネジャーさんの経験を人工知能が学んでいる、ということです。

でも先ほどお伝えした通り、半分の方々は、自分のケアプランに不安を持っているんですね。要は、データ自体が間違っている可能性があるんです。データとして間違っている可能性があるので、このままではダメですね。使えない人工知能ができてしまう。僕たちは現場を通じた課題感を知っているので、このままでは机上の空論だとわかっています。

そこでもう一つ、正しい「知識」をエンジンの中に入れる、ということも行なっています。データとしては、ガイドラインや教科書などです。

ケアマネジャーさんって、看護師や理学療法士、介護福祉士など、色々なバックボーンの方がいらっしゃるんですね。これらを全部学んでいる人はいなくて、それぞれの所有資格によって知識量に相当のバラツキがあるんです。なので、自分の持っていない知識の部分をサポートする人工知能が必要なんです。

先ほどお話した、ガイドラインや教科書などの知識を横断的に学習させ、骨としての「経験」に肉としての「知識」つける形で、より現実に即したケアプランの作成を実現しています。

他にはない、ハイブリッドな人工知能となっています。

 

精神性、心の豊かさ、暖かさ、有難み

--介護現場の課題が非常に具体的にわかりました。今後の目標を教えてください。

鹿野氏:とにかく初心は変わっていなくて、介護の構造改革を実現させる、ということですね。このまま放置したら確実に介護保険は崩壊するので、そうなる前に、弊社としてできることに全力で取り組んで行くだけです。

 

--ありがとうございます。最後に一言お願いします。

鹿野氏:いま、日本の良さってものがどんどん失われていってると思うんです。

介護の現場に行くと、当然高齢の方とよく話すんですが、90歳の方なんかは「世のため人のため」という精神が非常に多く感じられるんですね。それが80歳、70歳と年齢が下がって行くごとに、少しずつそうで無くなって行く。

戦後の資本主義の構造の中で、思いやりだとか感受性、精神性が失われていって、人々は「何を信じたらいいかわからない状態」になってしまっていると思います。

こんな時代だからこそ、改めて当事者意識と愛を持って、社会に良い変革をもたらす取り組みを進めていけたらと考えていますし、そういう方がどんどん増えていってほしいと願っています。

精神性、心の豊かさ、暖かさ、有難み。これらが僕たちの大事にしたい部分です。

 

編集後記

今回のインタビューでは、介護業界の危機的な状況と、それに向けての一筋の希望をみることができました。

 

現場を知っているからこそ、必要なものを開発し、必要な人にアプローチして、どんどん巻き込めていけているのだと感じます。

 

鹿野さんがおっしゃっている「精神性、心の豊かさ、暖かさ、有難み」。これらはまさに、Love Techとしてフォーカスしたい概念です。

 

今後もLove Tech Mediaとして、ウェルモ社の取り組みを追っていきます。

 

株式会社ウェルモホームページはこちら

 

本記事のインタビュイー

鹿野佑介(かの ゆうすけ)

株式会社ウェルモ 代表取締役CEO

大阪府豊中市出身。立命館アジア太平洋大学卒。ワークスアプリケーションズ、東証一部上場企業人事部にて大企業向け人的資源管理のITコンサルタント。仙台から福岡まで、介護現場のボランティアで感じた問題意識から日本の超高齢化社会を支援すべく2013年に当社を設立。経済産業省 つながるデータで築く未来、総務省 地域ICT利活用普及促進セミナー、データアカデミー等多数講師を務める。

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは