メンタリストDaiGo氏が監修する異色の相性マッチングアプリ「with」《後編》

インタビュー

 メンタリストDaiGo氏が監修する、心理学と統計学を元にして相性・性格のマッチングから出会いを紡ぐマッチングアプリwith(ウィズ)。

 前編では、withの開発責任を担われている園田励(そのだ れい)氏に、サービスができるまでの経緯と現状の取り組みについて伺った。

 後編も引き続き、同氏にお話を伺いつつ、監修者であるDaiGo氏にもコメントをいただいたので、併せてご覧いただきたい。

》前編記事はこちら

ユーザーのメッセージを解析

 

--最近のお取り組みについて教えてください。

園田励(以下、園田氏):最近スタートした取り組みとしては、ユーザーに了承を取った上でのメッセージ解析に着手しました。

大きく分けて2つ、マッチング精度の向上と迷惑行為・不正利用の防止につなげていきたいと考えています。

 

--それぞれについて詳しく伺いたいのですが、メッセージの解析をすることでどのようにマッチングの精度が向上するのでしょうか?

園田氏:例えばメッセージ内の単語の種類などから性格や趣味嗜好を導き出すことができるようになります。これにより相性の良い人を紹介できるようにしたいと考えています。

 

--相手の検索結果一覧で、その人に合った方を上位に表示させるようにする、などでしょうか。

園田氏:そうですね、そういうアルゴリズムに応用することもありますし、「本日のオススメ」相手として表示することにも応用できます。

あと、これはまだまだ先の理想論ですが、メッセージ中に「今この話題を振ったら盛り上がるよ」みたいなところまで応用できたらいいな、と考えています。

 

--恋愛秘書みたいなイメージですね。次に、迷惑行為・不正利用の防止についてですが、こういった監視の領域にも応用されるということですね?

園田氏:はい。監視の精度はどんどん高めていきたいと考えていまして、ユーザー登録をするタイミングと、実際に利用するタイミングの両方で監視を強化していきたいですね。トーク内容の解析は後者の方で役に立ちます。

今でもセキュリティ対策には力を入れているのですが、ここをもう少し自動化することを目標にしています。

 

女性は「モテ写真」を選ぶのが得意ですね

 

--アプリの機能で「モテ写診断」という機能を発見したのですが、これはどういった機能なのでしょうか?

園田氏:これは、設定されている男性ユーザーのメイン写真が、女性にとって魅力的かを診断する機能です。

「顔のサイズ」「顔の明るさ」「目が見える度」の3点からメイン写真の評価を行い、それぞれのスコアの平均値を持って、写真の改善点を提示するようにしています。

 

--画像解析技術を使っているわけですね。

園田氏:はい。ただ、例えば「イケメン」かどうかって、人の好みもあるので、一言で表すのは難しいですよね。なのであくまで、上記3項目の状態をチェックし、統計的に「モテる」傾向にどれだけ近いか、ということでスコア診断しています。

 

--運営サイドから見られて、写真について何か男女の違いなどございますか?

園田氏:女性はそもそも、モテ写真を選ぶのが得意なんですよ。本当にみなさん、きれいでちゃんとした写真を登録されるんですよね。

一方男性は、暗いところで撮影していたり、お世辞にも綺麗でない格好をされていたりなど、課題が多い方がちょこちょこいらっしゃるなと感じています。

 

--写真の意識にも男女格差があるわけですね。ユーザーの男女比率はどうなっているのでしょうか?

園田氏:今はだいたい1:1位なのですが、かつて男性40%・女性60%という時もありました。これって結構すごくて、一般のマッチングアプリですとほとんどは男性の方が多いんです。それがwithについては逆転していましたね。

 

--何でこんなに女性ユーザー比率が多いんでしょうか?

園田氏:これはおそらくなのですが、withは女性同士の口コミが多いんだと思います。ユーザーアンケートを取った時も、withを知ったきっかけの第1位は広告、第2位が口コミだったんですよね。

それだけ、女性の方に支持されるアプリなのかなと思います。

 

with」という名前の由来

 

--withの今後に向けてのビジョンやお取り組みについて教えてください。

園田氏:すごく極端な話をしますと、マッチングアプリで一番最初にマッチングした人が、人生で最良のパートナーになる人だ、ということが実現できたらすごいことですよね。

究極はここに向けたサービス設計を進めていきたいと考えております。

そのために心理学や統計学を応用して、機能拡張や診断イベントを企画してゆきたいです。

 

--使っている方が気になることとして、どのイベントが最もマッチング率が良いのかなんて、あったりしますか?

園田氏:やはり、「BIG 5(ビッグ・ファイヴ)」を起点に考えられた「超性格分析」によるマッチングです。このイベント経由で相手を探している方はマッチング率も高いですね。

とはいえ、様々な診断イベントを多く受ければ受けるほど、自分のタイプ情報が豊富になっていくので、よりマッチングしやすくなると思いますよ。

 

--ありがとうございます。最後にLove Tech Media読者に向けて一言お願いします!

園田氏:withの名前の由来なのですが、「あなた」という意味でのwithの他に、「サービス自体があなたに寄り添う(with you)」という意味も含んでいます。

withとしては「マッチングして、はい終わり!」ではなく、恋人・パートナー探しがしっかりと成就していくまで寄り添っていく、という姿勢でいます。

ぜひ、withを通じて、理想のお相手と巡り合ってください!

 

DaiGo氏からのメッセージ

 

最後に、with監修者であるメンタリストDaiGo氏よりコメントをいただけたので、以下に掲載する。

 

--withの監修を引き受けられた理由を教えてください。どのような課題感や思いを持たれてマッチングアプリ監修に至ったかを伺いたいです。

DaiGo氏:今までのマッチングアプリは、科学的根拠があるものではありませんでした。しっかり根拠があり、出会った後も長く続く関係を科学するために監修をはじめました。

たくさん出会わせて、破局したら戻ってこいよっていうサービスにはしたくないと思っていました。

多くの方は、見た目や仕事・年収などで異性を判断すると思うのですが、実は、それは離婚率が高くなる夫婦の条件のトップ2なんです。

そういった経緯もあり、withでは性格分析やお相手の内面にフォーカスして、履歴書的な情報からマッチングを促進するのではなく、お相手の性格から本質的なマッチングを増やせるように設計しています。

 

--with監修を通じてマッチングのビッグデータができているかと思いますが、ユーザー様の動きについて当初から想定通りだったこと、逆に想定外だったこと、それぞれございましたら教えてください。

DaiGo氏:後発だったのに伸びてきたのは、ありがたいです。

しかし、これは想定内でした。科学的な根拠を元に設計していますからね。

想定外だったことは、女性の登録数が軒並み多いことです。女性が増え過ぎちゃってどうしよってなったのは想定外。女性を集めるのに苦労するのが普通ですよね。

男性より女性のほうが、性格が合う人を求める傾向があるからと言えますね。

 

編集後記

withはマッチングアプリ業界の中では比較的後発でのリリースなのですが、インタビューでも伺った通り、きちんと科学的な根拠に基づいたマッチング設計をされているので、その分マッチング後の相性もよく、結果として口コミで広がる形になっているんだと感じました。

 

現に今年2018年の5月に累計会員数が100万人を突破し、非常に順調な成長を遂げています。

 

今後も心理学×統計学のマッチングアプリという独自の切り口で、様々な仕掛けを期待しております!

園田さんを囲うwithチームの皆さま

『with』詳細についてはこちらをご覧ください

本記事のインタビュイー

園田励(そのだれい)

株式会社イグニス 恋愛・婚活マッチングサービス『with』Project Manager

withのProjectManager。企画やUI/UXが専業。withの立ち上げ当初から現在に至るまで長期にサービスに携わってきた。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは