化粧品成分を簡単チェックできるアプリ「COSMEペディア」がリリース!

家族生活

LoveTech Media編集部コメント

妊娠中や出産後、また授乳中の方からの『安心で安全なコスメを探すためのツールが欲しい』という声がきっかけで、スマートフォンで化粧品の成分が簡単に調べられる無料アプリ「COSMEペディア」が開発・リリースされた。

 

日常的に化粧品を購入する際、本来は製品成分をきちんと把握した上で購入したいところだが、事前に調べて購入することは手間がかかるので、結果として店員に勧められたものをそのまま使用しているという女性がほとんどではないだろうか。

 

COSMEペディアでは製品のバーコードを読み取るだけで、表示されている化粧品の成分を調べることができる。

 

オーガニック成分が緑、ケミカル成分が赤、また水のようなニュートラル成分がグレーで表示され、その成分が製品の中にどのくらいの割合で含まれているのかも一目でわかるようになっているとのこと。

近年の化粧品業界ではオーガニックコスメや、無添加コスメなどを謳い文句に多くの製品が発売されているが、本当に自分の肌に合ったコスメを探すことは容易ではない。原因のわからない肌トラブルなどは、実はそのコスメに含まれている成分が肌に合わないのかもしれない。

 

本アプリのリリースをきっかけに、ご自身の使っている化粧品の成分を今一度チェックされてはいかがでしょう。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

スマートフォンのアプリケーション開発を行う株式会社ソフトベンチャー(本社:大分県別府市、代表取締役CEO:濱田拓也)は、スマートフォンで化粧品の成分が簡単に調べられる無料アプリ「COSMEペディア」をリリースいたしました。このアプリは安心安全な化粧品選びをする際の強い味方となり、美容生活をサポートします。

バーコードを読み取るだけで、すぐに成分を分析

日常的に化粧品を購入する際、その製品の成分まで調べて購入することは手間がかかります。化粧品は使い慣れたもの、もしくは店員に勧められたものを使用しているという女性がほとんどではないでしょうか。

この画期的な成分チェックアプリ「COSMEペディア」は、製品のバーコードを読み取るだけで、表示されている化粧品の成分を調べることができます。オーガニック成分が緑、ケミカル成分が赤、また水のようなニュートラル成分がグレーで表示され、その成分が製品の中にどのくらいの割合で含まれているのかも一目でわかります。またそれぞれの成分についての詳しい説明もつけられており、一度調べたものは、アプリ内に「履歴」として記録されます。

また、アプリ内に成分情報が登録されていない製品についても、『メーカー名』『商品名』『成分』などの製品情報をカメラで撮影して送信すると、数日中に成分情報の結果を受け取ることができます。

より安全な化粧品の普及を

開発の背景には、妊娠中や出産後、また授乳中の方からの『安心で安全なコスメを探すためのツールが欲しい』というお声から開発に至りました。近年の化粧品業界においてオーガニックコスメや、無添加コスメなどを謳い文句に多くの製品が発売される中、本当に自分の肌に合ったコスメを探すことは容易ではありません。原因のわからない肌トラブルなどは、実はそのコスメに含まれている成分が肌に合わないのかもしれません。

「COSMEペディア」は、コスメの成分を簡単に知ることができるため、より自分の肌に合ったコスメを見つけることで、大きな美容効果を得られることが期待できます。また、自分の「お気に入りの成分」や「気になる成分」を事前に登録することで、該当する成分が配合されている場合にはバイブ機能でお知らせするなど、これからのコスメ選びが楽しく、そして便利になる最適なアプリです。

App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/cosmepedia/id1271660275?mt=8&ign-mpt=uo%3D2
Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=softventure.g1st.cosmepedia
アプリ紹介ページ
http://www.soft-venture.jp/cosmepedia/

■会社概要
商号     :株式会社ソフトベンチャー
代表者 :代表取締役CEO 濱田拓也
所在地      :大分県別府市小倉5-3
事業内容 : スマートフォンアプリの開発、ホームページ制作
ホームページ : http://www.soft-venture.jp/

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは