• HOME
  • コンテンツ
  • 家族生活
  • 忙しい時も自動で遊んでくれる未来型ペットのおもちゃ「WICKED BONE」がクラウドファンディングスタート!

忙しい時も自動で遊んでくれる未来型ペットのおもちゃ「WICKED BONE」がクラウドファンディングスタート!

家族生活

LoveTech Media編集部コメント

スマートフォンでコントロールが可能な未来型のペットのおもちゃ「WICKED BONE(ウィキッドボーン)」のクラウドファンディングがスタートした。

 

ペットが飼い主に構われない心の不安やストレスは、コミュニケーション不足・運動不足・刺激不足で引き起こされ健康問題にもつながる。

 

そして欲求不満や運動不足は、ペットが家具を噛んだり、音に神経質になり吠えたり、興奮・攻撃性の原因になる場合がある。

 

しかし現代人は忙しく、ペットを構う時間をなかなか確保できない方は多い。

 

WICKED BONEはそんな課題を楽しく解決する一助となるプロダクトだ。

 

テクノロジーとインタラクティブを融合したIoT製品で、スマートフォンとBluetooth接続して使用する。スマートフォンで自由自在にウィキッドボーンをコントロールすることができ、また忙しくて手が話せない時でもWICKED BONEがペットと遊んでくれる。

以下のクラウドファンディングMakuakeサイトで先行予約販売を開始しているので、興味のある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょう。

https://www.makuake.com/project/wicked-bone/

 

以下、リリース内容となります。

スマートフォン周辺機器やIoT製品を手掛けるQrosübo – クロスボ(本社:北海道札幌市)はペットのワンちゃんや猫ちゃんと飼い主さんのコミュニケーションツールとして開発されたIoT型のペットのおもちゃWICKED BONEをクラウドファンディングMakuakeで先行予約販売を開始します。

ウィキッドボーンはテクノロジーとインタラクティブを融合したIoT製品で、ペットのワンちゃんや猫ちゃんと飼い主さんのコミュニケーションツールとして開発された、スマートフォンでコントロールが可能な未来型のペットのおもちゃです。

Makuake プロジェクトページ

スマホで簡単操作!ペットの遊び相手になる未来のおもちゃ WICKED BONE

https://www.makuake.com/project/wicked-bone/

テクノロジーとインタラクティブを融合したIoT製品で、お使いのスマートフォンとBluetooth接続して使用します。骨の形をしたペットの遊び相手をしてくれる、テクノロジー満載のIoTデバイスです。スマートで楽しい未来型のペットのおもちゃです。

飼い主さんと一緒の時の遊び道具として、また飼い主さんが手が離せない時の遊び相手としてウィキッドボーンは製品化されました。お使いのスマートフォンで自由自在にウィキッドボーンをコントロールすることで、ペットと遊ぶことができます。

ハローキティとのコラボレーションについて

今回のプロジェクトでは『カワイイ』の代名詞、ハローキティとウィキッドボーンのコラボレーションが実現しました。世界中から愛される日本を代表するキャラクター“HELLO KITTY・ハローキティ”。 SNS映えを楽しんだり、多くの女性に好感が持てるデザインを提供したいという思いから、今回のコラボが実現しました。

製品仕様

通信方式:Bluetooth 4.0 (20mまで操作可能。)

質量:約300g

外形寸法:151.5×64×64mm

電源:リチウムイオンバッテリー

連続使用時間:ドライブモード40分、インタラクティブモード4時間

充電時間:約1時間(バッテリー残量および充電環境によって異なります。)

付属品等:ウィキッドボーン本体、マイクロUSB充電ケーブル、タイヤ(白)、取扱説明書、製品保証書

対応予定OS:iOS 12以降、Android 9.0以降

Makuake プロジェクトページ

スマホで簡単操作!ペットの遊び相手になる未来のおもちゃ WICKED BONE

https://www.makuake.com/project/wicked-bone/

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは