アトピー見える化アプリ「アトピヨ」に非公開機能が実装、自分だけの記録用投稿が可能に

家族生活

LoveTech Media編集部コメント

アトピー患者が患部の画像を共有して治療経過を見える化するアプリ「アトピヨ」。

 

Love Tech Mediaでも以前、開発者のRyotaro Ako氏にインタビューさせていただいた。

 

アトピー患者専用インスタグラムとも言われる本アプリにおいて、新たに「非公開機能」が正式に実装された。

 

非公開機能とはその名の通り、投稿した画像を自分だけに見えるように設定できるプライバシー機能である。

 

これまでは画像を公開でしか投稿できなかったため、顔など個人が特定できる箇所の画像を投稿する場合は、写真の撮り方を工夫するなど、ユーザーサイドの運用に負担が発生していた。

 

今回の非公開機能実装により、他ユーザーに見せたい画像は公開で投稿し、自分の記録用だけに保存したい画像は非公開で投稿できるようになった。

 

投稿時に「非公開」を押し「記録する」を押すだけという、簡単な仕様である。

 

元アトピー患者の方が開発するアプリだからこそ、患者に寄り添った機能が日々実装されている印象だ。

 

アトピー症状に悩んでいる方は、ぜひアトピヨを使ってみていただきたい。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

アトピヨ(所在地:千葉県市川市、代表:Ryotaro Ako)は、アトピーを持つ方々を対象とした匿名の画像共有型アプリ「アトピヨ」に「非公開機能」を2019年2月13日(水)より追加致しました。これにより、顔などデリケートな画像は自分だけの記録にする事が可能になります。
https://www.atopiyo.com

非公開機能追加の背景

2018年7月のApp Storeリリース後、多くのアトピーの方にお使いいただいておりますが、顔の症状記録に使いたいが人には見せたくない、自分だけの治療記録用に使いたいという声を多くいただいておりました。

そこで、投稿時または投稿後に画像の非公開を選択できる機能を追加いたしました。これにより「アトピヨ」内で、治療のプライベート記録とアトピーの方同士での励まし合いとの両立が可能となりました。

非公開機能の使い方

投稿時に「非公開」を押し、「記録する」を押すだけです。
投稿後の画像も鍵マークを押すことで、公開と非公開を切り替えることが出来ます。

アトピヨとは

アトピヨは、文字ではなく「画像」を投稿することで、アトピー特有の皮膚症状(状態)を匿名で共有できる日本初のアプリです。画像は部位ごとに時系列表示され、①長期治療経過の見える化、②悩みや症状の共有ができます。アトピーを発症し悩んでいる方々の早期回復のサポートになることを目指しています。

2018年7月にApp Storeリリース後3週間で1000ダウンロードを突破し、2019年2月現在3900ダウンロード・2100枚の投稿画像があります。平均評価 4.6(5段階評価)とユーザーからも高い支持をいただいております。

開発者プロフィール

Ryotaro Ako
元アトピー。3児のパパ。エンジニア。公認会計士。
アトピー(幼少期に完治)、喘息、鼻炎という3つのアレルギー疾患の経験から、患者会でボランティア活動に従事。薬剤師である妻の見解、プログラマーの指導・監修を受け、自ら本アプリを開発。
・慶應義塾大学医学部主催「第3回健康医療ベンチャー大賞」3位入賞&Plamed賞
・TechAcademy Contest 2018 Summer 最優秀賞

アプリ詳細

アプリ名:アトピー見える化アプリ-アトピヨ
配信日:2018年7月25日
カテゴリ・年齢制限:メディカル・17歳以上
最新バージョン:1.2.3
対応機種:iOS11.0以上
利用料金:無料 ※アプリ内広告なし
開発元:Ryotaro Ako
App StoreURL:https://goo.gl/xRJeyX

【お問い合わせ先】
企画・開発:Ryotaro Ako
所在地:千葉県市川市
TEL:090−4845−5789
EMAIL:support@atopiyo.com
URL:https://www.atopiyo.com

 

Love Tech Mediaに感想・コメントを送る

 

LoveTechMediaは、【恋愛/結婚】【妊娠/出産】【育児】【家族生活】【福祉】【社会課題】の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマをテクノロジーで補完する「人とサービス」の情報(Intelligence)をお届けする、というコンセプトで運営しています。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは