人さまに食事をごちそうできる『ごちめし』リリース、食のペイフォワードをスマホで実現

家族/仕事

記事の要点

・どんなに遠方からでも、人さまにお食事をごちそうできる(通称「ごちる」ことができる)新サービス「ごちめし」がリリース(AppStoreおよびGoogle Play Store)。

 

・「ごちる」方法は、特定の友人や知人などリアルなつながりが見える先に送る「ご指名ごち」、その店に訪れた方なら誰でも食事を楽しメル「オープンごち」の2つ。好きなお店のごちりたいメニューを選び、ごちり方を選択のうえ、メッセージを送るだけで完了する。

 

・サービス提供料は「ごちりたい人から」のみもらい、参加店舗およびごちられたい人の金銭的負担はない。利用する手間も最低限なモデルとすることで、店舗や一般ユーザーの皆様のサービス利用の敷居を下げている。

LoveTechポイント

食事を通じたペイフォワードの仕組みを構築しようとされている点が、LoveTechだと感じます。

この仕組みを通じて“ごち”られたら、通常の来店以上の好印象とファン化が見込めると感じます。

編集部コメント

見知らぬ人に“ごちる”。

そんな文化が数年後にスタンダードになるかもしれない。

 

“ごちる”とは、人さまにお食事をごちそうする行為。

 

「食」を通じた新しいコミュニケーションや価値観を提案するGigi株式会社による新サービス『ごちめし』をプラットフォームにして、新たに提案される“行為”文化である。

 

『ごちめし』とは、人から人へ「ありがとう」「がんばってね」「応援しているよ」などの様々な想いを、スマートかつスピーディーに「ごちる」という形に変えて届けることができるスマホアプリ。

 

友人や同僚、両親への「ごち」はもちろん、飲食店への応援・こども食堂への支援など、様々なシチュエーションで活用することが想定されているサービスだ。

 

「ごちめし」の起源は、北海道帯広の定食屋「結(ゆい)」で考案された、来店客が“多めに”代金を支払う形で寄付することで、たまった分だけその料理を無料で提供するシステムだという。

 

そのシステムに感銘を受けたことから、恩送りの世界観をデジタルで世界中に届けようと、スマートフォンアプリ「ごちめし」が開発された。

 

まさに、ご飯特化型のペイフォワードである。

 

「ごちる」方法は、特定の友人や知人などリアルなつながりが見える先に送る「ご指名ごち」と、その店に訪れた人なら誰でも食事を楽しめる「オープンごち」の2つとなっており、好きなお店のごちりたいメニューを選び、ごちり方を選択の上、メッセージを送るだけで完了する。

 

「ご指名ごち」を受けた人は、アプリメニューの「自分宛てごち」から、オーダー画面を店員さんにタップしてもらうだけ。

 

また「オープンごち」を利用する際は、お店にあるQRコードを読み込み、希望のメニューを選択してオーダー画面を店員さんにタップしてもらうという流れだ。

 

ごちってくれた人に、アプリを通じて感謝のメッセージも送ることもできる。

 

以下が説明動画となっているので、ぜひご覧いただきたい。

 

 

運営費用(サービス提供料)は「ごちりたい人から」のみ貰う形となっており、参加店舗およびごちられたい人の金銭的負担は一切ない。

 

利用する手間も最低限でシンプルなモデルとすることで、店舗や一般ユーザーのサービス利用ハードルを下げているわけだ。

 

「このお店はぜひ多くの人に食べてもらいたい」

「素敵なお店なので、ぜひ応援したい」

 

そんな思いに応えるサービスとして、まずは身近な方に「ご指名ごち」をしてみてはいかがでしょう。

 

以下、リリース内容となります。

LoveTechMedia編集部

363,811 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは