マッチングアプリのCoupLink、不正ユーザー早期発見のためのAIシステムを導入

恋愛/結婚

LoveTech Media編集部コメント

AIが世の中のあらゆるサービスに浸透するようになって久しいが、恋活・婚活マッチングアプリ領域での活用も当然ながら例外ではない。

 

machicon JAPAN(マチコンジャパン)等を提供するリンクバルが開発・運営するマッチングアプリ「CoupLink」が、この度、不正ユーザー早期発見体制構築のためにAIシステムを導入した。

 

これまでは目視で確認していた不正ユーザーであるが、今回のAI導入により、カップリングの過去データを元に不正ユーザーデータの特徴を用いた学習モデルから、不正ユーザーと判断したユーザーデータを抽出してくれるようになる。

 

本来のマッチングアプリの利用目的である“恋人探し”や“結婚相手探し”を、より安心安全にできる環境に向けた体制構築を進めている。

 

Couplinkは今年に入り、早いスピードで様々な機能を実装している。

 

現在恋活および婚活中の方は、ぜひリアルイベントと連動したCouplinkも使ってみると、また違った層のお相手と出会えるかもしれない。

 

以下、リリース内容となります。

リリース概要

 株式会社リンクバル(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉弘和正、証券コード:6046、以下「リンクバル」)が運営するマッチングアプリ「CoupLink」(以下「カップリンク」、公式URL:https://couplink.jp/)は、2019年4月からAIを導入いたしました。AI導入により、不正ユーザーを早期発見し、迅速な処置を行う体制を構築いたしました。

導入の背景:真剣に出会いを求めるお客様に安心安全な出会いを提供するため

 近年、利用者が増え続けているマッチングアプリ。国内のオンラインマッチングサービスの市場規模は、今後も伸び続けると予測されており、オンラインでの出会いが一般的になる世の中へと向かっております。
 一方で、オンラインでの出会いを利用したトラブルや犯罪がニュースで報じられ、マッチングアプリに対して不安に感じる方も多数いらっしゃいます。実際に、カップリンク会員にアンケートを取ったところ、「サクラ・業者排除の対策」を求める、多くの声をいただきました。

 カップリンクは、これまでもお客様からの違反報告や運営者の目視による不正ユーザーの発見、検出を行ってまいりました。本来のマッチングアプリの利用目的である“恋人探し”、“結婚相手探し”を、より安心安全にできる環境を整えるべく、このたびAIを導入し、不正ユーザーを早期発見し、迅速な処置を行う体制を構築いたしました。

 今後もリンクバルは、カップリンクを通して、真剣に出会いを求めるお客様に安心安全な出会いを提供できるよう、テクノロジーを駆使し、サービスの開発、強化を進めてまいります。

株式会社リンクバルとは

https://linkbal.co.jp/

 リンクバルは「世界をつなぐ。」というミッションのもと、ワンストップ型の『コト消費のプラットフォーマー』を目指し、イベントECサイト「machicon JAPAN」を運営しております。設立3年4ヶ月という短期上場を経て、現在、テクノロジーの強化とともに、成長を続けているイベントECサイト事業のさらなる拡大を進めております。今後も世界をつなぐべく、新規サービスの開発にも積極的に挑戦し、幸せな社会の実現に向け邁進してまいります。

【提供サービス】
・machicon JAPAN(https://machicon.jp/
 machicon JAPAN(マチコンジャパン)は、日本全国で行われる年間18万件以上のイベントを掲載しております。独身男女の出会いの場だけではなく、さまざまな体験や学び、あらゆる魅力的な「コト」をラインナップし、ワンストップ型の『コト消費のプラットフォーム』を目指しています。

・CoupLink(https://couplink.jp/
 CoupLink(カップリンク)は、オンラインで恋活・婚活ができるマッチングアプリです。

・KOIGAKU(https://koigaku.machicon.jp/
 KOIGAKU(コイガク)は 、恋に悩む大人の女性の恋愛を応援する「恋を学ぶ」情報サイトです。

・Pairy(https://pairy.com/
 Pairy(ペアリー)は、カップル専用アプリです。恋人達の思い出をもっと素敵にするために考え、世代問わず楽しく仲を深めることができる機能が豊富です。

LoveTechMedia編集部

173,696 views

恋愛/結婚・妊娠/出産・育児・家族生活・医療/福祉・社会課題の6分野を「人の”愛”に寄り添うテーマ」と定義し、これらのテーマにおけるテクノロジープロダクトや...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

LoveTechMedia

テクノロジーに触れないことによる”愛”損失を最小限に留める。
LoveTechMediaとは